「やってみたい!」にちょっと近づく、日本初・屋内スカイダイビングに挑戦。

タグ
屋内スカイダイビング

2017年07月27日

 

「やってみたいに!」にちょっと近づこう

鳥よりも空高く、大空を自由に滑空し、パラシュートでふわりと着地。

そんな非日常が楽しめるスカイダイビング。

テレビなどで見て、「一度は挑戦したいな」なんて思っている人も多いのではないでしょうか?

それと同時に「やってみたい」でその気持終わってしまっていませんか?

いざ挑戦するとなると、スカイダイビングってやっぱり怖いものですよね。

そんな人におすすめなのが、越谷レイクタウンに新しくオープンした施設「FlyStation Japan」です。

スカイダイビングがしたいのに施設??なんて疑問に思う人もいるかもしれませんが、実はFlyStation Japanは、日本初の屋内スカイダイビング施設なんです。

国内初の最新施設で「空を飛ぶ」夢が叶う!

「屋内スカイダイビング」と聞いても、ピンと来ない人も多いと思います。

なので、今回は公式の動画をご用意しました。まずは、下記の動画を御覧ください!!

そう、屋内スカイダイビングとは、屋内に用意された約20mのチューブ(ウインドトンネル)の中に強烈な上昇気流を発生させ、その風力で空を飛ぶエキサイティングなアクティビティなんです。たくさん飛んで慣れてくれば、映像のインストラクターのように、縦横無尽に飛び回ることもできちゃいます。

さっそく屋内スカイダイビングに挑戦してみた

こんなの今まで見たことない!初めて見る光景にテンションUP⇧

ということで、今回はアソビュー!のスタッフが、実際にこの屋内スカイダイビングに挑戦してきました。

 

やってきたのは、越谷レイクタウン駅から徒歩約10分程の場所にある、「FlyStation Japan」さん。

駅から少し歩きますが、のんびりとした空気の流れる越谷の街を歩くのも楽しいですよ。

施設内に入ると、さっそく2フロアを貫く大きなウインドトンネルが出現!お客さんがいないタイミングなどは、インストラクターの方が自由に飛び回り、アクロバティックな飛行を見せてくれます。施設内は見学OKなので、体験しなくてもこの雰囲気を味わえるのは嬉しいです。

2階にはガラス張りのフロアがあり、ちょっと変わった写真を撮ったりすることもできます。女性はスカートじゃなくパンツで遊びに行ったほうが、いろんな写真が撮れて面白いかもしれません。

必要な装備は全部無料貸出!手ぶらでOK!

受付を済ませ、自分たちのグループの番になったら、カウンターで装備を借りて着替えます。

レンタルできる装備は、フライトスーツ、ヘルメット、髪を風圧から守るヘアバンド、使い捨ての耳栓、風から目を守るゴーグルなどなど。

サンダルで来てしまった方はスニーカーも貸して貰えるので、基本的には手ぶらで気軽に遊びに来て大丈夫です。

服装を気にすることがないので、おしゃれして遊びにこれるのも地味に嬉しいポイントです。

フライトスーツに着替えたら記念撮影とレクチャーを

まるで宇宙飛行士?!SNS映え抜群の非日常な光景を楽しむ

みんなフライトスーツに着替えたら、なんだかちょっと非日常感が高まってきます。

自分たちのグループの順番を待ってる間に、記念写真をパシャリ。SNSに投稿すれば、「え、なにこれ?!」となること間違い無し。飛行前からもう楽しい。それがFlyStation Japanです。

飛行前のレクチャーでコツをつかもう

スカイダイビングは初めてだからうまく飛べるか心配…という方、大丈夫です。初めての方(ほとんどの方がそうだと思いますが)も、飛行前にしっかりと飛び方のレクチャーが入るので、ちゃんと飛行楽しめますよ。

コツは手をパーにして、腕を目の前の方に軽く曲げて、足をピンと伸ばすこと。

あと、視線をしっかり前に向けるのもコツです。視線をずらしたり、手を握ったりすると、それだけで風の流れが変わるので、うまく飛べなくなってしまうかも?!飛ぶ際は教わった内容をしっかり意識して飛んでみましょう!

いざ!ウインドトンネルの中へ!

いよいよ自分たちの番がまわってきました。

トンネルの入り口は二重扉になっていて、なんだかSFチック。ドキドキが増していきます。

中に入ったら、一人1分ずつフライトに挑戦。一回目はバランスを取りながら空中に浮く練習をします。

インストラクターさんが身体をしっかり支えてくれるから、余裕を持って飛ぶことができました。

そして2回目!FlyStationの本領発揮です!ウインドトンネルの中に入ると、インストラクターさんがしっかりと身体を支えてくれます。そして、ドキドキしていると…

「わーーーーーーっ!」。一気に上空までひとっ飛び!眼下に今まで見守っていたみんなの姿が見えて、「空を飛んでる」というのを実感できます。

余裕が出てきたらみんなに手をふってみたりも。今まで感じたことのない浮遊感に興奮冷めやりません。

フライト後はみんなで乾杯!

フライトが終わって、私服に着替えたら、2階にあるラウンジスペースでのんびりとドリンクを。

ひとっ飛びした後の一杯は最高です。興奮冷めやらぬ感想に花を咲かせます。

ウインドトンネルを上から見下ろすこともできるので、他の人のフライトの様子を見学するのも面白いですよ。

たくさん叫んで、たくさん笑って、埼玉県・越谷レイクタウンに、大満足の非日常体験がありました。

人数が多ければ多いほど盛り上がるので、みなさんもこの週末は室内で空を飛んでみてはいかがでしょうか?

前の記事へ 次の記事へ