「笑う時間」を後回しにしていませんか?

あそびのジャンル
手びねり・型取り
陶芸体験・陶芸教室 その他
タグ

突然ですが、皆さんはどれぐらいの頻度で思い切り笑っていますか? わたしは最近、ちょっと仕事に追われていて、気づいたら2月が嵐のように過ぎてしまっておりました(涙)。そんなことを思っていたある日、仲の良い後輩から、めちゃめちゃリア充感満載な写真が送られてきまして。本日は、この連絡がきっかけで気づいた大切なコトを、お話していきたいと思います。

***

「イェーーイッ! この間、『むさし野深大寺窯』というところで陶芸体験してきたんだ~♡ さっちゃんの働いてるアソビューで見つけたよ!」

これが世にいう、リア充ってやつです。

はい。さっちゃんこと、北川さおりです。

メッセージをくれたこの子(左)はわたしの後輩で、とても仲良くしている人物のひとり。
いつも仕事で忙しそうにしていたのに、こんなリア充な一面があったとは! 知らなかった。その辺のことを(ほのかなジェラシーをひた隠しにしつつ)聞いてみると…。

「月イチで必ずお稽古ごとをする!と決めているんだよね」

彼女のいうお稽古ごととは文字通りの意味はもちろん、今までやったことのない新しいことをやることも含めた「楽しく自分を磨く時間」とのこと。それを月に一回やる! と決めている理由は、「忙しくて、ついついそういう時間を後回しにしちゃうんだよね。何が何でも月に一回やるって決めていれば、それを目標に頑張れるし、遊ぶ時間も忘れないから」。

(能天気なだけの)リア充だと一瞬思ってゴメンナサイ!

こんなに意識が高かったとは!

後輩ながらに学びが多すぎる!

これまで「忙しい」を理由にいろいろなことに言い訳をしてきた自分が恥ずかしい!!

後輩のお友達はちょっと手先が不器用とのこと。

「陶芸体験は初めてで作る過程が全部おもしろかったけど、一緒に行った不器用な友達が一生懸命やっているのを見ながら笑うのが一番楽しかった!  色とか形とか、できあがりを想像して作るのが、めっちゃワクワクしたよ!!」

「お稽古」を口実に過ごす、女友達とのかけがえのない時間。

会社の愚痴や相談ごと(99%は恋バナだけど)など、気を使わないでバカみたいなこといい合って、笑い合う時間。

ついつい後回しにしてしまいがちな「笑える時間」を、月に一度、絶対につくること。

かわいいものが大好きな後輩は、やっぱりピンク色。

そんな素敵な時間について、わざわざ報告してきてくれたかわいい後輩。なんていい子なんだ…(ホロリ)と感動していると…。

「ちなみに次は彼とも行く予定! 」

見事に刺激されまくった私は、陶芸体験を探して予約ボタンをポチリ。
さっそく今週は鎌倉にて、彼女に負けないぐらい素敵なうつわと、素敵な時間をつくってきます!


つづく
 

ちなみに後輩が遊んだ陶芸教室はコチラ

前の記事へ 次の記事へ