東郷神社 勝利の神が祀られる勝運パワースポットの魅力を徹底解説!

あそびのジャンル
タグ

神宮前の地に創建した経緯

東郷神社があるこの地は、元鳥取藩主・池田侯爵が住むお屋敷がありました。東郷平八郎が生前に住んでいた千代田区麹町や、お墓のある多磨霊園付近も候補地として上がりましたが、明治時代を共に生き抜いた明治天皇が祀られる明治神宮の近くが良いだろう、ということで池田侯爵の屋敷跡地であるこの場所が選ばれたそうです。

東郷神社ならでは!参拝と合わせてみてほしいスポット5選

1.海軍省から譲り受けた、一風変わった狛犬

表参道を抜けて本殿に向かうまでに出くわす、一風変わった狛犬。これは、海軍省が建物を移転する際に東郷神社に謙譲したものなのだそうです。海にゆかりのある東郷神社だからこそ移された、珍しい狛犬です。

2.海と深いつながりがある神社ならではの霊社・海の宮

海と深いつながりがある東郷神社の境内には、海軍や海事、水産関係物または崇敬者を合祀奉斎している霊社・海の宮があります。

3.境内のいたるところにあるZ旗

入口だけではなく、境内のいたるところにZ旗が掲げられています。Z旗のほかに、国際信号旗には40種ほどの種類があります。
Z旗は、単独では「引き船がほしい」漁場では「私は投網中である」という意味表す信号として使われています。

東郷平八郎が「三笠」に座乗し、日本海海戦に臨んだ際に「後がない、絶対に勝つ」という意味でアルファベットの最後の文字、Zを掲げたという逸話が残っています。これはイギリス艦隊のネルソン提督がトラファルガー海戦に臨んだ際に行ったことにちなんだと言われています。

Z旗は単なる信号機という意味を超え、勝利のシンボルとして東郷神社のモチーフとなりました。旗だけでなく、Z旗の色を取ってデザインしたのぼりやお守りなどが境内のいたるところにあります。

Z旗がモチーフのご利益グッズもたくさんあります。

4.季節の花が咲き乱れる庭園

以前、池田侯爵の屋敷であったため、東郷神社には季節の花々が咲き誇る庭園が残っています。ひと休みできる東屋もあるので参拝後にのんびりと一息ついてみてはいかがでしょうか。

湧水の池にいる亀が可愛く、癒されます。

5.由緒正しき神前結婚式が行える東郷記念館

東郷神社に併設されている東郷記念館では、結婚式や披露宴を行うことができます。春には桃色の梅が美しく咲く、きれいな景観が人気です。

東郷平八郎は、とても愛妻家で妻・テツと晩年仲が良かったことから、夫婦和合を願ってこの場所で大切な日を迎えたい、という方が多いそうです。

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS