根津美術館 アクセスやランチ情報も!静寂な庭園の魅力を徹底取材

あそびのジャンル
タグ

根津美術館は東京・港区にある私立美術館です。多くの国宝や重要文化財などを収蔵し、美しい建物や庭園でも知られています。表参道からも近く、休日にふらりと訪れるのにもおすすめのスポットです。今回はアート初心者でも楽しめる根津美術館の魅力について、asoview!編集部が取材をもとにお伝えします!

根津美術館とは

港区南青山にある根津美術館は、初代館長・根津嘉一郎の日本や東アジアの古美術コレクションを保存し、展示するために第二次大戦以前の1941年(昭和16年)に現在と同じ場所に設立されました。ちなみに、この場所には以前、根津嘉一郎の邸宅がありました。館内には、国宝7件・重要文化財87件・重要美術品94件を含む古美術品が約7,400件も収蔵されています。その収蔵品は絵画、書蹟、彫刻、陶磁、漆工、染織、考古など多岐にわたり、特に有名なのが尾形光琳作、国宝「燕子花図屏風」。これは毎年カキツバタが咲く頃、4月中旬から5月中旬ごろまで展示されます。

2006年から規模拡大の為に一時閉館し、2009年には隈研吾によって新装オープンされました。展示面積の増設はもちろん、およそ17000平方メートルの日本庭園も再整備され一層美しくなっています。

根津嘉一郎とは

根津嘉一郎は、日本国内の多くの鉄道敷設や再建事業に関わり「鉄道王」と呼ばれた実業家でした。明治~大正にかけて日本の古美術品が海外へ流出することに危機感を覚え、私財を惜しみなく投入して日本・東洋の古美術品を買い集めたのだそうです。

根津美術館の営業時間、休館日・所要時間、混雑情報

営業時間と休館日

営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日・展示替え期間・年末年始
※月曜日が祝日の場合、翌火曜日

所要時間と混雑情報

土日・祝日・GWをはじめとした大型連休は、混雑することもあります。開館20分前ほどから、数十名並ぶこともあるので混雑が予想されるときは早めに来館することをおすすめします。

ちなみに、所要時間は約1時間です。途中カフェでランチしたり、庭園を堪能したりする場合はもう少し時間が必要かもしれません!

根津美術館の入館料・割引情報

根津美術館の入館料は、「特別展」「コレクション展」によって若干ことなります。館内の支払いは、現金はもちろんのことカードの利用も可能です。

利用可能なカードは、「VISA・JCB・MASTER・AMEX」と多様です。

特別展の入館料

  • 一般:1300円 (1100円)
  • 学生(高校生以上):1000円 (800円)
  • 小・中学生以下:無料

企画展の入館料

  • 一般:1100円 (900円)
  • 学生(高校生以上):800円 (600円)
  • 小・中学生以下:無料
    ※上記、( )に書かれている価格は20名以上の団体料金です。
    ※受付で障害者手帳を提示すると、本人と同伴者1名まで団体料金で入館できます。

割引情報と「根津倶楽部」情報

根津美術館には、クーポンや前売り券などの割引チケットはありません。ただし、「根津倶楽部」に入会するといつでも根津美術館に入り放題の年間パスポートが手に入ります。入園し放題の他にも、「館内ショップでの買い物が10%オフ」「展示会の招待券プレゼント」など会員ならではの特典がもりだくさん!ぜひ、根津美術館に何度も訪れたい方は入会してみてください。

  • 入会金:3000円 (入会時のみ支払い)
  • 年会費:8000円
  • 申し込み方法:館内の受付で手続きできます。
  • 有効期限(新入会の場合):申込日より1年間 (入会日のぞくする月の翌年応当月の末日まで有効)
  • 有効期限(更新の場合):前有効期限満了日の翌日から1年間
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS