0.0 1 UCDi ウクディ パドリング スクール
【2日】初心者OK♪効果的にカヌーのスキルを上げよう!★ドリンクプレゼント

長野県斑尾・飯山・信濃町・黒姫 カヌー・カヤック その他
対象年齢
10歳〜
所要時間
約2日〜
予約人数
19,000(税込)〜
2日間でトータル講習!

初日は野尻湖でカヌーの楽しさを体験しながら基礎技術を学びます。2日目には川下りツアーを楽しんでいただきます。確かな経験と技術力のあるガイドが、静水から川下りまで、トータルに講習を行いますので、とても効果的に学ぶことができます。

内容的にも料金的にもお得なパッケージプランです。カヌーの魅力を体感することができる2日間です。

アクセス

集合場所 ウクディカヌーハウス 〒389-1303長野県上水内郡信濃町野尻268-1 地図を見る
集合時間 開始時間までにお越しください。
開催場所 野尻湖、犀川
開始時間 9:30
アクセス方法
  • お車でお越しの方

    ■上信越自動車道「信濃町IC」より、国道18号経由約4km
    ・東京・練馬から約3時間、東京・高井戸から約4時間
    ・名古屋から約4時間
    ・大阪から約6時間
    ・新潟から約2時間

  • 交通機関をご利用の方

    北しなの線「黒姫駅」からタクシーで約10分

駐車場 駐車場あり 無料 予約不要

その他の集合場所一覧

信濃町内(黒姫高原、斑尾高原・タングラムエリア)宿泊先 信濃町内(黒姫高原、斑尾高原・タングラムエリア)宿泊先 送迎時間:予約完了後から体験当日までに、メッセージや電話で店舗より集合場所に関するお知らせがあります。
黒姫駅 黒姫駅 送迎時間:予約完了後から体験当日までに、メッセージや電話で店舗より集合場所に関するお知らせがあります。

アクティビティ詳細

料金について

プラン料金 19,000円(税込)〜
料金に含まれるもの 傷害保険、消費税 ※宿泊や食事などの滞在費用は含まれていません。
プランの流れ ■1日目 野尻湖・静水
9:30 集合、受付
10:00 午前・講習開始
12:00 講習終了、昼食
13:30 午後・講習開始
15:30 講習終了、川下り準備&打合せ
16:30 1日目解散

■2日目 犀川・川下り
8:15 カヌーハウス集合 もしくは
10:00 犀川スタート地点集合。川下り準備後、川下り出発!
昼食は途中の河原で。川下りゴール!片付け。
14:45頃 ゴール地点にて解散
15:30頃 JR長野駅
16:15頃 カヌーハウス帰着

※上記はモデルコースとなります。
天候や川の状況により2日目の川下りが「千曲川・豊田区間」もしくは、「万水川」に変更になる場合があります。
支払い方法の説明 予約確定後、指定口座に参加費全額もしくは予約金2,000円をお振込みください。
ご予約確定後にお振込先をご案内いたします。

※当日、ご入金の控えをお持ち下さい。
※参加費全額をご入金でない方は、残額をご精算させていただきます。
キャンセルに関して
予約お取り消しの場合は、お1人につき下記のキャンセル料がかかりますのでご注意下さい。
返金手数料は参加者のご負担となります。

講習開始7日前~当日:2,000円
天候などによる中止について 天候や参加者の状態、コンディション不良などによって、安全確保が危ぶまれると判断した場合、内容を変更もしくは中止することがあります。
中止の場合は該当する参加費を払い戻します。(雨天=中止ではありません)

体験時間について

所要時間(集合〜解散) 約2日〜

開催条件について

天候不良による中止 天候不良により中止する場合があります。
なお中止の際の現地までの交通費等の費用は補償できません。
自然条件によるプラン内容の変更 主催会社の判断によりプランの内容が変更になる場合があります。

予約締め切りについて

予約締め切り 2日前の20:00まで

参加資格について

対象年齢 10歳〜
体験レベル目安 未経験向け
健康状態 健康状態による参加の制限はございませんがご心配な症状などがございましたら、申込み時に備考欄にご記載ください。主催者より回答いたします。

準備していただくもの(服装や持ちものなど)

基本 水着, 保険証, 日焼け止め, 着替え, セーター・フリース等, 短パン, 飲み物, 防水バッグ, マリンシューズ, タオル, 昼食

安全に対する取り組み

安全に対するこだわり ■スタッフ
・所定の資格を取得したスタッフ(日本セーフティカヌーイング協会・JSCA公認インストラクター)が担当し、参加者個人個人の体力やペースなどを常に考慮
・いちイントラが担当する人数は、一般講習・静水で7名程度まで、川下りで5名程度まで(適宜アシスタント同行)
・担当するイントラは、ウクディが考えるセーフティジャッジメントを共有

■チーム
・事前にスタッフミーティングを持ち、参加者情報・プログラム内容・フィールド状況、安全基準等、情報・認識の共通化とログブックの作成
・運航規定の設置と共通認識
・救急&レスキュー用具の常備と携行
・チームとしてセーフティジャッジメントを共有

■フィールド
・技量に応じたフィールドの設定
・新しいフィールドの開拓(機会ある事に各地を調査)

■カヌー用具
・技量、体格、設定フィールドに応じた適切なギア選択のためにカヌーギアの調査&研究

■研修
・スタッフ及びチームとして、上記の事(カヌー技術力・指導力・セーフティジャッジメント等)を高めるために、機会有るごとに研修実施、参加
・ウクディ独自で研修プログラムを企画・実施、関連する方々への呼びかけ
・カヌー協会関連の研修に積極的参加

周辺で人気の店舗