アソビューの特徴

関東のいちご狩り

関東のいちご狩りを119店舗から検索・比較。初心者でも安心して楽しめる関東のいちご狩りが最安値で見つかります。みんなの体験・思い出やお得な割引情報など、関東でいちご狩りを探すならアソビュー!

最短で 5/25(今日)のお出かけへ!

関東のいちご狩りの店舗一覧

関東でイチゴ狩りを体験しよう!

■いちご狩りのできる時期(シーズン)
関東でいちご狩りができる時期は、基本的には12月から5月のゴールデンウイークごろまでといわれています。5月下旬や6月までやっている施設もありますが、いちごがなくなり次第終了する施設が多いので、4月以降にイチゴ狩りを検討している方は、事前確認をした方がいいでしょう。

■いちご狩りにかかる料金は
いちご狩りの料金は、体験時間により異なりますが、大人一人あたり平均2,000円以内に収まるところが多いです。また、シーズンの終わりにかけて料金が安くなっていく施設もあります。

■いちご狩りの服装や持ち物は
特別必要な持ち物はありませんが、しゃがんだり、立ったりしていちごを採るので、女性の方はスカートよりズボンを用意したほうがよいでしょう。また、ビニールハウス内は、日中温度が高くなるので、長袖Tシャツにジャンバーやコートを上に着るような温度調整をしやすい服装で参加しましょう。

■いちごの品種
とちおとめ:関東でのシェア一1位に選ばれている品種。酸味控えめの人気の品種です。
あまおう:大粒で甘みのある食感が特徴。
スカイベリー:2014年に生まれた新しい品種。糖度が高く、酸味が控えめな味わいです。
女峰:甘酸っぱい味わいが特徴。
章姫:長円錐形の形をしていて、酸味控えめのあっさりとした味が特徴。
紅ほっぺ:甘さと酸っぱさのコクが深い味わい。見た目は鮮やかな紅色をしています。
やよいひめ:群馬生まれの品種。円錐形で大粒の形をしています。

■関東のおすすめいちご狩りスポット
ここでは関東のいちご狩りスポットを厳選して紹介。収穫時期や品種はその年によって変わることもあるので事前HPや電話でご確認ください。

■越谷いちごタウン(埼玉県越谷市)
越谷 いちご タウンでは、紅ほっぺ、章姫、かおり野をはじめとした品種を味わえます。イチゴ狩りのできる期間は1月上旬から5月下旬まで。

■津久井浜観光農園(神奈川県横須賀市)
三浦半島にある津久井浜観光農園では、14もの農家が集まっているいちご農園です。当日の状態によいところをみて、イチゴ狩りができるハウスが選ばれるので、食べられる品種も異なります。開催期間は1月上旬から5月下旬まで。

■美園いちごランド(埼玉県さいたま市)
美園いちごランドでは、章姫、紅ほっぺ、レイベリーなどの3種類のいちごが楽しめます。
特に美園いちごランドオリジナルの品種レイベリーは、甘くて大粒のいちごで、絶品です。衛生的なベンチ栽培と施設内はバリアフリー設計されているので、安全・安心していちご狩りが楽しめます。いちご狩りができる期間は1月初旬から6月中旬まで。

■いちごはうす嘉山農園(神奈川県横須賀市)
有機質肥料を使って育てられた、コクのあるとちおとめと紅ほっぺを味わえます。いちご狩りの開催期間は1月から6月上旬まで。

■館山いちご狩りセンター(千葉県館山市)
紅ほっぺや、章姫を中心とした品種を味わえます。いちご狩りの開催期間は、1月上旬から5月上旬まで。

■いちごはうす西脇(神奈川県横須賀市)
いちごはうす西脇では、1月上旬から5月下旬までの期間でいちご狩りが楽しめます。品種としては紅ほっぺ、よつぼし、おいCベリーが味わえます。

■鎌倉観光いちご園(神奈川県鎌倉市)
鎌倉観光いちご農園は、高設栽培がされており、立ったままいちご狩りが楽しめます。
紅ほっぺや紅静の品種が食べられ、期間は12月中旬から5月上旬まで。

■いちごの里(栃木県小山市)
いちごの里では、12月中旬から5月上旬までの期間いちご狩りが楽しめます。スカイベリー、とちおとめ、とちひめの品種をそろえており、それぞれの品種を楽しむプランから、3品種同時に味わえる「いちご狩りDX」プラン、夕方にいちご狩りができる「ナイトいちご狩り」などのプランもあります。

■ストロベリーハウス(神奈川県海老名市)
ストロベリーハウスでは、あきひめをはじめ、紅ほっぺ、やよい姫、おいCベリーなどが味わえます。高設栽培なので、小さい子供から車いすの方までいちご狩りが楽しめます。いちご狩りの期間は1月の上旬から6月まで。