アソビューの特徴

沖縄県のシュノーケリング

沖縄県のシュノーケリングを429店舗から検索・比較。初心者でも安心して楽しめる沖縄県のシュノーケリングが最安値で見つかります。みんなの体験・思い出やお得な割引情報など、沖縄県でシュノーケリングを探すならアソビュー!

最短で 5/21(今日)のお出かけへ!

本日のいちおしプラン

沖縄県のシュノーケリングの店舗一覧

沖縄のシュノーケリングについて|持ち物や人気スポット

■沖縄のシュノーケリングについて
温暖な気候の沖縄では、一年を通してシュノーケリングを楽しめます。透明度が高い海やサンゴ礁が美しく、国内外から多くの観光客が訪れます。シュノーケリングはダイビングの耳抜きのような特別な技術は必要ないので、気軽に挑戦できるのも嬉しいポイント。対象年齢も幅広く、2歳から参加できるお店もあるため、子供から大人まで幅広く楽しめます。

■シュノーケリングに必要なもちものは?
シュノーケリングには「シュノーケル」と呼ばれる、水中をのぞきながら呼吸ができるマスクを着用します。また、ライフジャケットを着用するので、泳げない人でも体がプカプカ浮いて安心。フィンと呼ばれる足ひれを装着すれば、軽い力でスイスイ泳げます。
これらの道具はすべて無料でレンタル可能です。当日はタオルや水着など、海水浴に行く時のもちものをご持参ください。

■沖縄でシュノーケリングを体験できるスポット
四方を海に囲まれた沖縄には、シュノーケリングができるスポットが盛りだくさん。中でも人気のスポットをいくつかご紹介します。

■青の洞窟
恩納村にある「青の洞窟」は、全国的にも有名な観光スポット。太陽の光が海底で反射し、洞窟内が青く輝くことから、その呼び名がつけられました。琉球石灰岩が隆起してできた洞窟を光と影のコントラストが彩ります。シュノーケリングやダイビングなど、多くのツアーが催行されています。

■慶良間諸島
抜群の透明度と鮮やかな青色が「ケラマブルー」とも呼ばれている「慶良間諸島」の海。本島から近く、船で気軽にアクセスできます。数10m先までも見通せる海中には、さまざまな種類のサンゴやいきものが。ウミガメとの遭遇率も高く、海の美しさをじっくり堪能するならぜひ訪れたいスポットです。

■瀬底島
本島から瀬底大橋を渡り到着する「瀬底島」。周囲が8kmほどの島内には自然が色濃く残り、気軽に離島気分を満喫できます。中でも人気なのは白い砂浜が続く瀬底ビーチ。海水浴場としても人気ですが、シュノーケリングのポイントでもあります。綺麗に整備されており監視員もいるので、小さな子供でも安心して利用できるのも嬉しいところ。サンセットの名所でもあるので、夕暮れ時にはお見逃しなく。

■伊計島
「伊計島」は、沖縄本島中部のうるま市にある離島です。本島のうるま市から車で約25分、伊計大橋を渡り到着します。海水浴場としても人気の伊計ビーチや大泊ビーチなど、特に透明度が高いビーチが多いのが「伊計島」の特徴。シュノーケリングのツアーも充実しているので、気軽に利用できます。広い砂浜のビーチには、予約制でキャンプやBBQができるスポットも。リゾート気分を丸ごと味わえるスポットです。