アソビューの特徴

関東のラフティング

関東のラフティングを40店舗から検索・比較。初心者でも安心して楽しめる関東のラフティングが最安値で見つかります。みんなの体験・思い出やお得な割引情報など、関東でラフティングを探すならアソビュー!

最短で 9/19(今日)のお出かけへ!

本日のいちおしプラン

関東のラフティングの店舗一覧

関東のラフティング体験ガイド

関東地方で開催されているラフティング体験を厳選して10プランご紹介。また関東のラフティングツアー会社36店舗を、料金の安い順・ランキング順・口コミ情報などで比較し、ネットで簡単に予約できます。そのほか関東で開催されているラフティングツアーのベストシーズン情報や子供の参加年齢、料金相場など、関東のラフティング体験に役立つ情報をまとめました。

■関東でおすすめのラフティングスポット
関東で人気のラフティングスポットは、日本三大激流の一つといわれる群馬・水上(みなかみ)の「利根川」をはじめ、東京・奥多摩の「多摩川」、栃木・日光の「鬼怒川」、埼玉の「長瀞」。それぞれ川によって楽しみ方や見られる景色など、特徴も異なります。東京都心部から2〜3時間で行けるスポットが多く、電車でいけるところも多いなど、アクセスが比較的簡単で、東京から日帰りで体験できるのも魅力。ラフティングのあとは、周辺の温泉に立ち寄り、くつろぐのもいいでしょう。ここでは関東で人気のラフティングスポット情報をご紹介します。

1|群馬・水上(利根川)
関東随一のラフティングスポットが、群馬県水上町(みなかみ)で開催されている利根川ラフティング。水上は冬になると積雪が5mを超えることもある豪雪地帯。そんな水上は春になると谷川岳の雪解け水が一斉に利根川に流れ込み、激流を生み出します。そのため春から夏にかけての水上ではスリル満点のホワイトウォーターラフティングが体験可能。日本三大激流の一つと言われる、国内トップクラスの激流を是非体験してみてください。また夏になると春とはうってかわって、おだやかな流れのラフティングが楽しめます。この時期は小さな子供でも参加でき、流れの緩やかな場所では天然のプールで水遊びをしたり、川に飛び込んだりといった遊び方ができるので、家族でラフティングツアーに参加するなら夏から秋にかけてがおすすめです。ほかにも水上エリアではキャニオニングツアーやバンジージャンプ、バーベキューとラフティングがセットになったプランなども開催されているので、1日アウトドアレジャーを満喫したい方はそういったツアーを利用するといいでしょう。利根川の近くには「水上温泉」もあり、日帰り入浴付きのツアーもあるので、ラフティングで冷えた体をすぐに温められるのも嬉しいポイントです。水上(みなかみ)エリアへのアクセスは、電車を利用する場合上越新幹線「東京」駅から「上毛高原」駅まで約70分。車を利用する場合、「東京練馬IC」から「水上IC」まで約1時間40分とアクセスもしやすく、日帰りも十分に可能です。電車を利用する場合、上毛高原駅まで無料で送迎してくれるツアーもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

2|東京・奥多摩(多摩川)
東京から日帰りでラフティングツアーを楽しむなら、奥多摩エリアの多摩川ラフティングがおすすめ。多摩川も春先になると御岳の雪解け水が流れこむことから、ホワイトウォーターラフティングが楽しめます。また多摩川ラフティングは夏になると流れが落ち着き、小さい子供でも参加できるようになるので、ファミリーラフティングを楽しむなら夏の奥多摩がオススメです。奥多摩ではラフティングのほかにも、カヌー、キャニオニング、マウンテンバイクなどのアクティビティが開催されており、ラフティングと合わせて楽しむのもオススメ。半日ラフティングを楽しんだ後に大自然の中でバーベキューを楽しめるツアーも開催されているので、大人数で参加してBBQを楽しむといった過ごし方も人気です。奥多摩エリアへのアクセスは、東京都内(新宿駅)からJR中央線・青梅線を利用し約1時間30分。車を利用する場合は、中央道「八王子IC」から約50分、圏央道「青梅IC」から約40分となっており、日帰りでのアクセスがとてもしやすいのも魅力の一つです。

3|栃木・日光(鬼怒川)
東京をはじめ、関東圏のさまざまなエリアから日帰りでアクセス可能な鬼怒川のラフティングツアー。鬼怒川ラフティングは、鬼怒川渓谷を舞台に周辺の自然を眺めながら天然のジェットコースターが楽しめます。ツアー中には大きな岩場などから川に向かってダイブできたり、流れの緩やかな場所を天然のプールにして泳いだりと、さまざまな水遊びも満喫可能。四季折々の表情を見せる鬼怒川渓谷の自然美を全身で堪能できます。また鬼怒川渓谷の近くには鬼怒川温泉があり、ラフティングツアーの後に温泉でゆっくりと温まれるのも魅力。少し足を伸ばせば那須高原もあり、パラグライダーやバギー体験などが楽しめるほか、「那須どうぶつ王国」や「那須りんどう湖レイクビュー」、「那須サファリパーク」などで動物とふれあうこともできます。鬼怒川エリアへのアクセスは、東武「浅草駅」から東武鉄道急行スペーシアを利用して「鬼怒川温泉」駅まで約2時間と十分日帰りできる近さ。車を利用する場合、首都高もしくは外環自動車道から東北自動車道、日光宇都宮道路を経由して約2時間50分となります。

4|埼玉・長瀞(荒川)
長瀞でラフテイングツアーが開催されているのは、荒川の源流近くの秩父・長瀞エリア。長瀞では、3月下旬から4月上旬の時期に雪解け水により水量が増えることで、水飛沫を上げながら激流のなかを進むスリル満点の川下りを楽しめます。周辺には、「長瀞渓谷の石畳」や「埼玉県立自然の博物館」、「宝登山神社」などの観光スポットも多く、ツアーの前後で観光名所めぐりを満喫するのもオススメです。また長瀞(荒川)の周辺では、カヌーやSUP(サップ)、乗馬体験などのアウトドアレジャーも開催されているので、ラフティングとあわせて楽しむこともできます。近くには温泉施設やキャンプ場もあるため、ラフティングを楽しんだあと、温泉に入ってリラックスしたりキャンプ場でゆったりとした時間を過ごす事ができます。長瀞へは、電車であれば東京都心からJR線と秩父鉄道を乗り継いで、約2時間でアクセス可能。車を利用する場合、「東京練馬IC」から関越自動車道「花園IC」経由で約1時間です。どちらを使っても日帰りが十分可能ですので、近場でラフティングを体験してみたい方にオススメです。

■関東にあるラフティング体験の体験料金相場
関東のラフティング体験の料金相場は、半日プランであれば5,500〜8,000円前後、1日プランであれば8,000円〜15,000円前後。温泉入浴券やランチなど、プランによって付属するオプションが異なるので、申し込む前に確認しましょう。また他のアウトドアアクティビティを組み合わせたツアーも人気で、スリル満点のラフティングを満喫したあとに、キャニオニングやダッキー、ハイドロスピードなど全く別のアクティビティも楽しめるというぜいたくな内容です。キャニオニング・シャワークライミングとの組合せは10,000〜17,000円、ダッキーとの組合せは10,000円前後、ハイドロスピードのプランは15,000円前後が相場となっています。

■関東にあるラフティング体験の対象年齢
関東で開催されているラフティングツアーの対象年齢は中学生以上が基本。ただし水量の落ち着いた7〜8月の時期では、小学生以上から参加できるツアーも用意されていますので、ファミリーで楽しみたい方は小さい子供から参加できるラフティングツアーを探してみるといいでしょう。