東京 動物園8選!都内近郊の無料&人気動物園まとめ

あそびのジャンル
タグ

羽村市動物公園

羽村市動物公園は、東京都羽村市にある動物園です。日本で初めての町営動物園という歴史を持っています。規模は都内のほかの動物園とくらべると決して大規模ではないものの、小さな動物園だからこそのアットホームな雰囲気が溢れています。ひよこやモルモットとふれあえる「どきどきハンズオン」やミニブタやヤギにエサをあげることができる「ふれあいコーナー」など、デートや親子での遊びにぴったりなコーナーがもりだくさん。園内には、レッサーパンダやキリン、シマウマ、ミーアキャット、キツネザルなど、かわいい人気者たちが暮らしています。

◆羽村市動物公園に暮らす動物たちを紹介!

羽村市動物公園にはあまり大型の動物は飼育されていませんが、小さくてかわいい動物たちがたくさんいます。

  • <ほ乳類>
    アミメキリン、アメリカビーバー、フサオマキザル、インドタテガミヤマアラシ、ウサギ、オグロプレーリードッグ、ロバ、ラマ、グラントシマウマ、コモンリスザル、サーバル、シセンレッサーパンダ、ワオキツネザル、シベリアオオヤマネコ、シマハイエナ、シロオリックス、ヤギ、ミニブタ、ニホンザルなど
     
  • <鳥類>
    アオバズク、アカコンゴウインコ、ミドリコンゴウインコ、インドクジャク、エミュー、オオハクチョウ、オオハナインコ、カラフトフクロウ、アンデスコンドル、ジュズカケトバ、ダチョウ、フラミンゴ、ルリコンゴウインコ、モモイロペリカンなど
     
  • <爬虫類>
    ケヅメリクガメ、ビルマニシキヘビ

◆ふれあいイベントがいっぱい!かわいい動物たちとあそぼう!

羽村市動物公園では、毎日さまざまな動物とふれあえるイベントが開催されています。ここでは毎日開催されているイベントについてご紹介していきます。

  1. どきどきハンズオン
    「どきどきハンズオン」では、ヒヨコやモルモットなどの小さくてもふもふな動物たちとふれあうことができます。毎日開催しており、時間は10時から11時30分までと、13時30分から15時までの2回です。
     
  2. ヤギとブタのエサやり
    園内のなかよし広場では、ヤギやミニブタにエサをあげることができるイベント「ヤギとブタのエサやり」が開催されています。子どもたちに人気のヤギやブタがエサをもぐもぐと食べる姿を間近で観察しましょう!毎日開催しており、時間は11時からと14時からの2回です。また、参加費が1回200円かかります。
     
  3. エサやりツアー
    ブタやヤギへのエサやり以外にも、さまざまなエサをあげることができるのが「エサやりツアー」です。水鳥やニホンザル、ペンギン、ヤギ、ブタ、キリンにエサをあげながら園内をまわります。開催は毎日、時間は平日が13時30分からで休日が10時30分からと13時30分からの2回開催です。参加料金が500円かかります。参加希望の方は、サービスセンターで受付カードを購入しましょう。
     
  4. ペンギンランチ
    よちよち歩きのかわいいペンギンたちにエサをあげましょう。開催場所はペンギン舎で、時間は1時30分からと14時30分からの2回。参加費は1回200円です。

上記でご紹介した以外にも、「サルのおやつ」や「ミズドリとカメとサカナのエサ」が毎日開催されています。また、毎日開催ではないものの、「ニッポンザルガイド」、「トナカイガイド」、「コンドルのエサやり」、「ハイエナのエサやり」、「キリンのエサやり」など、間近で動物たちとふれあえるイベントがもりだくさんです。

前の記事へ 次の記事へ

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS