口コミ(143) 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館 平成館
【前売券】特別展「法然と極楽浄土」(東京国立博物館 平成館)

東京都上野・浅草・両国 美術館

チケット利用可能期間

土日祝
  • 【月】利用不可
  • 【火】09:30~当日17:00(最終入場当日16:30)
  • 【水】09:30~当日17:00(最終入場当日16:30)
  • 【木】09:30~当日17:00(最終入場当日16:30)
  • 【金】09:30~当日17:00(最終入場当日16:30)
  • 【土日祝】09:30~当日17:00(最終入場当日16:30)
※営業時間は日によって異なる場合がございます。ご利用の際は事前に営業時間・定休日等をご自身でご確認の上おでかけください。
特別展「法然と極楽浄土」(東京国立博物館 平成館)

法然、聖光(しょうこう)に続く浄土宗第三祖・良忠(りょうちゅう)が鎌倉時代中期に興した鎌倉光明寺や、室町時代に浄土宗中興の祖・聖冏(しょうげい)が浄土宗の教義をまとめた常福寺(茨城県)など、中世にさかのぼる重要寺院が所在しています。また、聖冏の弟子聖聡(しょうそう)が関東浄土宗の拠点とした増上寺は、のちに徳川将軍家の篤い帰依きえを受けてその菩提寺として大いに興隆しました。東京会場では全国のゆかりの名宝とともに、浄土宗850年の歴史で度々重要な舞台となった関東の浄土宗寺院の宝物にも重点をおいてご紹介します。

【本展の見どころ】

鎌倉仏教の一大宗派である浄土宗の美術と歴史を、鎌倉時代から江戸時代まで通覧する史上初の展覧会です。 開宗850年の大きな節目を契機に、浄土宗各派の協力を得て至宝が集まる決定的な展覧会です。 重要文化財「選択本願念仏集(せんちゃくほんがんねんぶつしゅう)」「七箇条制誡(しちかじょうせいかい)」など宗祖・法然にちなむ貴重な資料をはじめとする、国宝・重要文化財を多数含む文化財が一堂に集結します。 国宝「綴織當麻曼陀羅(つづれおりたいままんだら)」「阿弥陀二十五菩薩来迎図(あみだにじゅうごぼさつらいごうず)(早来迎)」をはじめとする浄土教美術の名品や、「仏涅槃像(ぶつねはんぞう)」などスケールの大きな優品など、浄土宗ゆかりの多彩な文化財をご覧いただけます。 戦争、天災、疫病などと向き合い、人々の救済を目指した法然やその継承者たちの姿は、現代の転換期を生きる私たちに生きるヒントを与えてくれることでしょう。

アクセス

所在地 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館 平成館 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9 地図を見る
車でお越しの方 首都高速上野線 上野出口より5分。
公共交通機関ご利用の場合 (JR線)上野駅・鶯谷駅より徒歩10分 (東京メトロ銀座線・日比谷線)上野駅より徒歩15分 (東京メトロ千代田線)根津駅より徒歩15分 (京成線)京成上野駅より徒歩15分