白浜フラワーパークのおすすめポイント5選

あそびのジャンル
タグ

白浜フラワーパークは、ヤシの木やプール、海岸など、まるでリゾート地のような雰囲気を醸し出すキャンプ場が人気を集めています。家族連れ、カップル、友人・大人同士など、誰と訪れても楽しめるレジャー施設が満載です。そんな白浜フラワーパークで、特に注目したいレジャー施設やサービスを紹介します。訪れる際の参考になるよう、利用料金やアクセス方法、割引サービスでお得に利用することは可能なのか、駐車場の有無などについても解説しています。

白浜フラワーパークとは

白浜フラワーパークは、その名の通り庭園を中心としたレジャースポットです。海沿いに位置するため、海を眺めながら花摘み体験も楽しめます。庭園を一望できる足湯もあり、のんびりとした時間を過ごせるため、さまざまな年代の人が足を運ぶ、人気のスポットなのです。また、プールや海、キャンプ、バーベキューといった施設も充実しており、アクティブに楽しみたい人からも高評価を得ています。南国リゾートのような雰囲気を演出した、開放感のある眺めが特徴です。
"白浜フラワーパークは、自然を満喫するためのレジャー施設が多数入っています。1日では遊びきれないほどのレジャー施設の中から、特におすすめしたい5つのポイントを見ていきましょう。

アクティビティやイベントが楽しめる

白浜フラワーパークのキャンプ場エリア内にはドーム型の施設があり、中にジャングルが作られています。ドーム施設へ1歩足を踏み入れると本当のジャングルに来たかのような感覚を味わえるほど、たくさんの植物が植えられていることも特徴です。人気のアクティビティは、高さ5mの場所に作られたジップラインで滑るもので、ターザン気分を味わえます。ジャングルは本場同様に温度を保っているため温かく、1年を通して植物が育つ環境を整備しているのです。温かいジャングルは、冬にキャンプ場を訪れた際に身体を温める場所として使用してもよいでしょう。また、夏の一定期間はジャングルの中にお化け屋敷が作られます。ほかにも、クラブのような雰囲気に変身してDJイベントが行われることもあるなど、アクティビティやイベントで飽きさせない工夫をしていることがポイントです。

屋内外のプールが楽しめる

夏場のキャンプは、日差しの強さや暑さがデメリットだと感じる人も少なくないでしょう。しかし、白浜フラワーパークでは、キャンプ場にプールが作られており、水遊びで涼しさを感じながら夏のキャンプを楽しめます。屋外プールは海を眺めながら入れるなど、白浜フラワーの立地ならではの絶景もポイントです。プール周辺にはヤシの木が植えられており、さながらリゾートプールにいるような雰囲気を味わえます。ドーム型のジャングルの中には、夏場限定で屋内プールが解放されることが特徴です。屋内プールは子ども向けの仕様となっており、浅い作りのため家族連れで楽しめます。ミニサイズのウォータースライダーもあるため、子どもも飽きずに過ごせるでしょう。施設からは岩場が続き、時間帯によっては岩場も海に沈むため、水遊びもできます。手軽に水遊びができるため、夏の暑い時期でも過ごしやすいことが魅力です。

おいしい食事を楽しめる

屋外プールの横には、バーベキュー施設があり、施設からは海を一望できることも魅力です。家族で訪れれば、子どもをプールで遊ばせながら、大人はバーベキューを満喫するという楽しみかたもできます。また、バーベキューセットを持っていない人でも利用できるようにと、コンロや炭火焼のレンタルも行っているため、手ぶらで訪れることも可能です。白浜フラワーパーク内にはバーベキュー用の食材を販売しているお店もあるため、自分たちのスタイルに合わせて予約をしましょう。

さらに、10人以上の大人数で旅行をする際などは、貸し切りプランを利用する方法も有効です。10人ほどの規模での食事や、1,000人を超える大きなイベントも行えるため、予算に応じて相談できます。結婚式の披露宴会場、映画や雑誌の撮影が行われることもあるのです。貸切プランでは、スタッフの補助を受けることも可能ですが、音楽を流すなど目的ごとに対応の可否を相談しましょう。団体向けの食事メニューとして、海鮮浜焼き、海鮮丼、天ぷら定食など限定メニューを選択することも可能です。

キャンプ場に泊まって楽しめる

キャンプが流行していることを受け、白浜フラワーパークではそれぞれのスタイルに合った5つのプランから選べるようになっています。最も一般的な宿泊プランが、キャンプ場エリアの中心に設置されたオートキャンプサイトです。キャンプ初心者でもチャレンジできるよう、しっかりとスペースは整備されており、万が一上手に作れなかったとしてもスタッフが手伝ってくれます。オートキャンプは広いサイトで、白浜フラワーパーク内のどの施設へも足を運びやすいことが魅力です。

海沿いに新しく整備された区画は、白浜フラワーパークの前に広がる海へ行きやすいことがポイントです。さらに、海沿いサイトからは水平線を眺められたり、芝生仕様のため砂ぼこりが気にならなかったりというメリットもあります。1日1組だけが利用できるプライベートビーチサイトでは、オーシャンビューを満喫でき、周囲の利用者を気にせず存分にキャンプを楽しめます。大人数での利用はもちろん、カップルや夫婦で静かにキャンプするケースもあり、さまざまな要望に対応してくれるため人気を集めているのです。

白浜フラワーパークのコテージは、一般的なものとトレーラータイプの2種類があります。トレーラーのカラーやトレーラー内のデザインもカラフルでかわいく、特に女性の利用者に人気です。テラスに出ると海を一望できることもあり、大人のグループにも最適でしょう。常設の4人用ティピサイトはグランピングスタイルで、キャンプ初心者や女性同士、カップルなどから人気を集めています。内装は柔らかな光が入り落ち着きがある雰囲気で、盛りあがるよりもゆったり過ごしたい人に向いているタイプです。

ティピテント内は木目調の家具やブラウンを基調としたクッションなどが置かれており、癒しの空間が広がっています。ティピテントは、インディアンの住居テントであり、デザインが美しいことからキャンプで使用する人が増えているタイプです。就寝具やバーベキューセットも一式用意されているため、大きな荷物は持たずに足を運べます。ティピサイトは非常に人気があり、特に夏休みやゴールデンウイークはすぐに予約が埋まってしまうため、早めにスケジュールを組む方法が有効です。

さらに、キャンプ場での夜の楽しみの1つは、キャンプファイヤーではないでしょうか。キャンプファイヤー気分を味わうことは可能ですが、キャンプサイトで直火を使用することは禁止のため、コンロを使用するなど安全に配慮する必要があります。キャンプ場エリアにはトイレや洗い場、温水シャワーが設けられており、宿泊時も不自由なく過ごせるでしょう。しかし、キャンプ場から徒歩3分程の場所にあるホテルでは温泉の日帰り入浴も可能です。入浴は天然温泉で、宿泊は白浜フラワーパークのテントでといった楽しみかたも人気を集めています。

フォトスポットで写真撮影を楽しめる

キャンプやバーベキューを楽しめるキャンプ場エリアは、フォトジェニックなポイントがたくさん存在する点が注目を集めています。特に、流行のティピテントは見た目も内装もおしゃれで、昼も夜も美しく幻想的な写真を撮影できるでしょう。2種類のコテージも内装にこだわりがあり、コテージの窓から見える海を撮影するなどさまざまな角度から魅力的な写真を撮影できます。また、季節の花が鮮やかに咲きほこる庭園では、団体限定で花摘み体験ができたり、気に入った花を購入できたりというほか、フォトスポットとしても人気があります。庭園の中にヤシの木も植えられていることで、リゾートの雰囲気も演出していることが特徴です。庭園と一緒に海も入れて撮影できるのは、白浜フラワーパークならではでしょう。

さらに、白浜フラワーパークの前にあるシェルビーチでは、かわいらしい形をした貝殻を拾うことが可能です。貝殻と海の撮影をしたり、好きな形の貝殻を拾っておみやげにしたりというだけではなく、ワークショップで貝殻を使ったオリジナル写真立てを作れます。白浜フラワーパークで撮影した写真を、ハンドメイドの写真立てに入れて飾れることが魅力です。白浜フラワーパークは、昼だけではなく夜も美しい写真を撮影できます。周囲には高いビルや目立ったネオンもない海沿いにあるため、夜には満天の星空が広がり、まるでプラネタリウムのようです。「肉眼で眺める」「写真に収める」など、都心では見ることのできない星空を満喫しましょう。

白浜フラワーパークの料金

入園料

  • 大人:300円
  • 小人:200円

プール

  • ・大人:1,000円
  • ・小人(3歳~小学生):700円

キャンプ利用割引

  • ・大人:600円
  • ・小人:400円

お手軽コンロバーベキュー(食材付き):入園料+1,700円

  • 海鮮食材:入園料+2,000円
  • 手ぶらで炭火バーベキュー(食材なし):入園料+700円

プール入園料金

  • 大人:1,000円
  • 小人:700円

プール利用なし(付き添い、バーベキューのみ)

  • 大人:300円
  • 小人:200円

オートキャンプ

プール入園割引(キャンプ利用割引)

  • 大人:600円
  • 小人:400円
  • オートキャンプレギュラーシーズン:入園料+3,000円
  • オートキャンプハイシーズン:入園料+4,000円
  • オートキャンプトップシーズン:入園料+5,000円

ティピキャンプ

プール入園割引(キャンプ利用割引)

  • 大人:600円
  • 小人:400円
  • オートキャンプレギュラーシーズン:入園料+15,000円
  • オートキャンプハイシーズン:入園料+17,000円
  • オートキャンプトップシーズン:入園料+20,000円
    ※それぞれ1棟4人まで、5人以上は1人につき+3,000円

コテージ

プール入園割引(キャンプ利用割引)

  • 大人:600円
  • 小人:400円
  • オートキャンプレギュラーシーズン:入園料+20,000円
  • オートキャンプハイシーズン:入園料+25,000円
  • オートキャンプトップシーズン:入園料+30,000円
    ※それぞれ1棟4人まで、5人以上は1人につき+4,000円

貸し切りキャンプ

  • レギュラーシーズン:20,000円
  • ハイシーズン:25,000円
  • トップシーズン:30,000円
    ※10人まで、11人以上は1人につき+1,500円

海沿い新区画

プール入園割引(キャンプ利用割引)

  • 大人:600円
  • 小人:400円
  • オートキャンプレギュラーシーズン:入園料+4,000円
  • オートキャンプハイシーズン:入園料+5,000円
  • オートキャンプトップシーズン:入園料+6,000円


手ぶら区画

プール入園割引(キャンプ利用割引)

  • 大人600円
  • 小人400円
  • オートキャンプレギュラーシーズン:入園料+10,000円
  • オートキャンプハイシーズン:入園料+12,000円
  • オートキャンプトップシーズン:入園料+15,000円
    ※それぞれ4人まで

バーベキュー機材レンタル

手ぶらプラン(4人用テント、寝袋、銀マット、BBQ機材一式、机、椅子、簡易タープ、ランタン、クーラーボックスセット):8,000円

  • 4人用テントレンタル:4,500円

バーベキュー機材一式レンタル(BBQコンロ、炭3kg、炭トング、着火剤、ライター、食用トング、包丁、まな板、ピーラー、割り箸、紙皿、ボール、ザル、焼き肉タレ、塩こしょう、油セット):2,500円

  • 机、椅子レンタル(4人用):500円
  • 簡易ターブレンタル:1,000円
  • LEDランタンレンタル:300円
  • 焚火台レンタル:1,000円
  • ビールサーバーレンタル:10,000円
  • 氷付きクーラーボックスレンタル:500円

白浜フラワーパークで使える割引クーポン

JAFの会員証所者限定クーポン

チケット売り場で会員証を提示すると、5名まで割引が適応されます。

  • 大人:通常大人300円→240円 
  • 小人:200円→160円 

白浜フラワーパークの営業時間

通常営業時間

  • 9:00~16:30

夏(プール)営業7(月1日~9月24日)

  • 9:00~16:30

プール、日帰りバーべキュー

  • 9:00~17:00

キャンプ、ティピ宿泊

  • チェックイン11:00
  • チェックアウト翌10:00

定休日

  • なし

白浜フラワーパークへのアクセス方法

公共交通機関を利用する場合

  • JR内房線「館山駅」、白浜行きバス「白浜フラワーパーク前」下車すぐ
  • 東京駅八重洲口より「白浜フラワーパーク」までの直通バスあり

車を利用する場合

  • 首都高湾岸線からアクアラインで館山自動車道、下り館山方面から「富浦IC」、国道16から国道127館山方面、館山市内経由国道410から白浜方面へ約25分
  • 京葉道路から館山自動車道、下り館山方面「富浦IC」から国道127、館山方面館山市内経由国道410、白浜方面へ約25分

白浜フラワーパークの駐車場
白浜フラワーパークには、専用の駐車場が完備されています。駐車場は1カ所しかないため、注意しましょう。
名称:白浜フラワーパーク
住所:千葉県南房総市白浜町根本1454-37
営業時間:24時間
駐車台数:乗用車100台、バス10台
料金:無料(割引なし)

  • 1
前の記事へ 次の記事へ

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS