ハクバ マウンテンハーバーがオープン!白馬岩岳の新しい魅力とは!?

あそびのジャンル
タグ

2018年10月、白馬岩岳(長野県)の山頂(1289m)に絶景テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(ハクバ マウンテンハーバー)」がオープンしました。晴れた日に見られる美しい白馬の山々こそが最大の魅力ですが、曇りの日だからこそ体験できる「雲の海の中にたたずむHARBOR(港)でのひと時」もなかなか趣き深いもの。ニューヨーク発の老舗ベーカリー「THE CITY BAKERY」の焼き立てパンとコーヒーを味わいながら、いつ来ても、いつまでいても飽きることのない”白馬時間“を過ごしませんか?

HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(ハクバ マウンテンハーバー)がオープン!

空から見たハクバ マウンテンハーバー。奥にはリフト乗り場が見えます。

 ハクバ マウンテンハーバーは、白馬岩岳の標高1289mの山頂に完成したカフェ&テラス。こちらからは白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)を正面に見据えることができます。


眼前に広がる、北アルプスの大絶景!

雲の流れで山が現れたり、隠れたり。自然の動きは見ていて飽きません。

 白馬岩岳(正式名称・岩蕈山/いわたけやま)は、知る人ぞ知る”絶景マウンテン”。山頂から見渡せる360°のパノラマビューはどの季節に訪れても素晴らしいですが、特に秋にはとても珍しい「北アルプス三段紅葉」と出会えます。

三段紅葉とは、「山頂の冠雪」と「山の中腹の紅葉」、そして「麓の樹木の緑」が一度に楽しめるもので、標高差2200mを一望できる白馬岩岳からだからこそ見られる絶景です。(イメージ図)

THE CITY BAKERY(シティ ベーカリー)のパンを絶景と一緒に堪能!

パンの他、コーヒー、紅茶、アルコールも販売しています。

 こちらのテラスで絶景とともに楽しみたいのは、「THE CITY BAKERY」の美味しいパン。看板商品である「プレッツェルクロワッサン」や、白馬の素材を使った「白馬豚のクロワッサンサンド」(白馬店限定)は、「これを食べるためだけにでも訪れたい!」と思うほど。ハクバ マウンテンハーバーで、パンと温かいコーヒーをいただきながら過ごすひと時は、日常から解き放たれる貴重な時間になってくれるでしょう。

テラスでいただくもよし、ベーカリーの隣にあるイートインスペースでいただくもよし。
THE CITY BAKERYの店内にて。笑顔の素敵なスタッフさんたちでした。


HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(ハクバ マウンテンハーバー)の営業時間、アクセスなど

インスタ映えする写真も撮れますよ!

 

「オールシーズン・リゾート」に進化した白馬岩岳エリア

グリーンシーズンの白馬も魅力がたっぷりです。

 長野県北西部に位置する白馬岩岳エリア。新潟県にほど近い場所に位置していますが、北陸新幹線が開通したことによって東京から約2.5時間でアクセスできるようになりました。

 白馬といえば、多くの人が「スキー、スノーボード」を思い浮かべるでしょう。事実、白馬を訪れる約230万人の観光客の約半数が冬期にスキーやスノーボード目的で来場しています。

 しかし「ここの良さは冬だけじゃない!」というのが、土地の人々の想いでした。「春の新緑」、「北アルプスの三段紅葉」などなど、どの季節でも美しい表情を見せてくれるのは前述の通りです。

山のリゾートは、ヨーロッパでは人気ポピュラーですが、日本ではまだまだ少ない貴重な場所。

 元々持っている「素材の良さ」を生かした“山のリゾート”に――。リゾートとは「長く過ごせる場所」であり、「ひとつではなく幅広い楽しみ方ができる場所」であり、「洗練された場所」。この三つを同時に叶えるために、いろいろな仕掛けを次々と生み出しています。ハクバ マウンテンハーバーはその目玉、というワケです。

 

白馬岩岳マウンテンリゾートの楽しみ方

初心者でもOK!「MTBパーク」

山麓(ゴンドラ乗り場の隣)で受付をします。

 かつて「MTBの聖地」と呼ばれていた白馬岩岳ですが、MTBパークは10年以上休止していました。しかし「聖地復活」に向けて今期、コースを2本新設。ワールドカップのコース造成にも携わるオーストラリアのトレイルビルダーを招致し、初心者(初級者)でも楽しめるコースになりました。

MTBをゴンドラに乗せて山頂まで運びます。では、行ってきます!

 ということで、MTB初心者のわたくしハラが、「白馬岩岳MTBパーク」を体験!マウンテンバイクには乗ったことはあるけれど、ダウンヒル(山を一気に駆け降りる)のは初めてです。
 全長約7㎞の下り坂。コースは緩やかなつづら折りになっていたり、バンクやウェーブが設けられていたりと、スピードが出すぎないようにする配慮がなされた設計ですが、それでもやっぱりかなりのスピードが出ます!ブレーキで速度調整を試みるものの、ちょっと操作を間違えると後輪が滑る、前輪がロックするなどヒヤヒヤの連続です。

スピードを出しすぎると遠心力で飛ばされそうになります。

 1本降りてきただけでかなりの疲労!でも楽しい!! アドレナリンがどっぱどぱに出るし、もっともっとスキルを向上させたい、自分専用の道具でやったらもっと楽しいだろうなぁ。多くの人がハマるのが、よくわかります。(次はスクールに入って、基本技術をちゃんと学ぼうっと)

 

下から見ると、もはや崖ですね……、コレ。

公式ホームページはこちら

 

【長野・白馬・MTB】ダウンヒル&クロスカントリーを体験!お試しパック

 

 

わんちゃんと一緒に過ごせる「山頂広場」

わんちゃんと一緒に旅行できるのもうれしいです。

 白馬岩岳山頂には「ゴンドラリフト ノア」で行きますが、こちらのゴンドラにはわんちゃんも乗ることができます。

広々としたドッグランもあります。

 
 山頂エリアはドッグフレンドリーな施設がいろいろ。ドッグランもありますし、ハクバ マウンテンハーバーもわんちゃんも入場OKです(テラスのみ)。

 


森遊びが楽しめる「ねずこの森」

高低差は100m以下と小さいので、山歩きに慣れていない人でも安心です。

 木漏れ日と涼風が心地良い、ねずこの森。山頂にある森なので真夏でも涼しく、快適な森遊び、森歩きを楽しめます。

さまざまな種類の草木たちを眺めながら、ゆっくり歩いていきます。

 ねずこの森の奥には大自然の生命が作り出した巨木が点在しています。一つの木に宿るさまざまな命を眺めていると、自然の神秘や力強さを感じられます。

歳を取った木に根を張る若い木。古木の黒ずみと力強い緑の葉が対照的で美しいコントラストを作り出しています。

 ねずこの森はぐるっと一周できるようになっていて、所要時間は約90分(ガイドなしで歩いた場合)。1日2回開催のウォーキングガイドツアーに参加すれば、ねずこの森を知り尽くした現地スタッフの解説を聞きながら森のセラピーウォーキングを楽しめます。

足より大きなホオノキ(モクレン)の葉。

 

いろいろな景色と出会える「バギークルーズ」

ゲストの反応を見ながら、運転をやさしくしたり、激しくしたり。ドライバーさんはなかなかのエンターテイナーです。

 短時間で効率よく、いろいろな景色と出会えるバギークルーズも人気。子供やお年寄りなど、長距離&長時間を歩くのに不安がある人には特におすすめです。

 15分ぐらいで山頂エリアをぐるっと巡ります。どこを訪れるかは季節によって異なりますが、記念写真を撮ったり、バギーから降りてちょっと歩いたりもできます。

 

ハクバ マウンテンハーバーのイベントも要チェック!

紅葉の森林浴&ネイチャーヨガ

 山の上でのびのびヨガを体験できる、先着30名限定のイベントです。紅葉の森と五感を刺激する非日常なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

天空Jazzライブ

 Jazzバンド「オラトリオ」のライブを開催。非日常空間をより一層引き立てる音楽とともに、ゆったりとした時間をどうぞ。

 

フルムーンナイトゴンドラ特別運行

 満月の光に照らされた北アルプスの山々を眺めながら、特別な夜の時間を。東京交響楽団首席オーボエ奏者の荒木奏美さんによる演奏で特別な夜になること間違いなしです。

 

BANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL IN JJAPAN

 クライミング、登山、アウトドア、山岳文化などの映画を楽しむことができる世界有数の山岳フェス。

 

HAKUBA MOUNTAIN HARBOR×日本伝統舞台藝術

 伝統芸能の雅楽と舞を、ハクバ マウンテンハーバーの非日常空間にて。

※イベント情報は公式ホームページにて


おまけ

 いつの間にか、洗練された「山のリゾート」に変貌を遂げていた白馬。今回紹介した白馬岩岳マウンテンリゾートの他にも、八方尾根や栂池高原などさまざまあり、いろいろなニーズに応えてくれます。
 白馬岩岳マウンテンリゾートから10分ほどで行ける栂池には夏にオープンしたばかりの「白馬つがいけ ワォ!」もあるので、せっかく白馬を訪れたのなら、ぜひとも両方お楽しみください!

ハクバ マウンテンハーバーの目印はこちらです。
「岩岳ゴンドラリフト ノア」の乗り場(山麓駅)。1階の受付でチケットを購入し、外の階段で2階の乗り場へ。

 

白馬つがいけ ワォ!クレイジーでセーフティなフランス流アスレチックの表と裏を全部見せます!

前の記事へ 次の記事へ