岩手県久慈・北三陸の魅力を満喫!観光におすすめの自然・パワースポット・グルメなど厳選15選

あそびのジャンル
タグ

久慈市を中心とした北三陸を旅行するのにおすすめの観光スポットを、自然、グルメ、パワースポットなどテーマ別に14か所ご紹介します。洋野町、久慈市、野田村、普代村の三陸沿岸を合わせた地域を「北三陸」と呼びます。特に久慈市はNHKの朝ドラ「あまちゃん」の舞台になり、主人公が発する「じぇじぇじぇ」というワードとともに全国的に有名になりました。魅力がいっぱいの北三陸、これからの季節はおすすめのシーズンです!

大自然に圧倒される!日常を忘れるスポット4選

久慈渓流

久慈渓流は久慈市から葛巻町に向かう方面にある、自然豊かな渓流です。春は新緑、秋は紅葉が美しく、地元の人々の釣りスポットとしても人気です。名勝「鏡石」のそばには岩手の名水20選にも選ばれた「不老泉」があり、多くの人が水を求めて訪れます。この泉の水を飲むと持病が治り、不老長寿になるという言い伝えがあります。

川沿いの道をのんびりと歩きながら、自然の中でおもいっきり深呼吸してリフレッシュしてみませんか。

つりがね洞

久慈海岸を代表する奇岩、つりがね洞は、かつて洞窟の天井部分から釣り鐘の形をした岩がぶら下がっていたことからこう呼ばれています。夫婦であの世に行くときは、この地で落ち合って鐘を鳴らしてから極楽浄土に入る、という伝説も伝わっています。明治29年の津波で釣り鐘の形をした岩は壊れてしまい、現在では大きな洞穴のみが残っています。
毎年6月頃には、この穴を通して水平線から上る朝日を見られます。その姿は神々しく、心あらわれる光景です。

小袖海女センター

現在でも久慈には海女として活動する女性たちがいて、本州で最も北で活動する海女ということで「北限の海女」と呼ばれています。「かつぎ」と呼ばれる技法で、磯のウニやアワビを素潜りで採る職人技です。小袖海女センターは彼女たちの活動拠点になっています。水温が上がる7月から9月にかけて、このセンター前の海岸でウニを採る海女たちの実演を見られます。

みちのく潮風トレイルコース

「みちのく潮風トレイル」とは環境省が選定したもので、三陸の海、山などの自然を感じながら歩けるコースになっています。青森県八戸市から福島県相馬市までの海岸沿いをつなぐ約700kmのトレイルコースです。そのうち久慈市区間は海岸線を歩く約26.4kmのコースのほか、まちなかを歩く「寄り道」コースがあります。

沿岸を歩くコースでは、天然の岩場を利用した珍しい海水プールや、海女の実演を見られる小袖海岸など、美しい海を見ながら歩きます。

 ここで開運!北三陸パワースポット3選

開運十二支巡り(久慈市)

久慈市中心部は、全国でもめずらしい十二支巡りができるパワースポットになっています。十二支巡りとは、各々の守り本尊から守護とご利益をもらい、厄除けをするというもので、古くから全国各地で行われていました。自分の干支の守り本尊だけでなく、他の本尊様にもしっかりとお参りしましょう。

久慈秋まつりのスタート地点であり、牛(丑)をまつってある大神宮からスタート。続いて恋愛の神様・文殊宮(もんじゅきゅう)へ。ここは「卯」をまつります。その後、縁結びなどにご利益のある「子」をまつる巽山稲荷神社(たつみやまいなりじんじゃ)、大日如来社、不動明王などをめぐって、十二支すべての干支をコンプリート。ルートの途中で山に登る箇所があり、久慈のまちを見渡せる素晴らしい眺望を満喫できます。

久慈琥珀博物館(久慈市)

久慈市は琥珀の産地として知られています。世界の琥珀の中でも最も古い時代、約8,500万年前の琥珀が産出します。久慈琥珀博物館は日本唯一の琥珀専門博物館で、久慈地方で発見された貴重な虫入り琥珀をはじめ、勾玉などの古代の加工品などを展示しています。
展示のほか、白亜紀の地層から琥珀の採掘ができる「琥珀採掘体験教室」の開催、坑道の見学、琥珀アクセサリー作りの体験も楽しめます。

古代からのパワーを感じられる琥珀、その神秘に触れてみては。

カリヨンの鐘(普代村)

カリヨンの鐘は普代村の国民宿舎くろさき荘からすぐの場所にあります。高さ150~200メートルの断崖が海に落ち込んでいる断崖からは、太平洋を見渡せます。「鳴らすと幸せを呼びこむ」と言われていて、連日カップルが訪れる人気スポットです。鐘の足元には2つの足型があるのもなんともユニークです。

観光の拠点!名産品販売スポット2選

道の駅くじ「やませ土風館」(久慈市)

お土産のチェックはここで間違いなし!「やませ土風館」は、地域の名産品が購入できる物産館「土の館」と、観光交流センター「風の館」からなっている道の駅です。「土の館」には産直の新鮮な野菜のほか、久慈の名産である琥珀、地酒、新鮮な魚介類などの販売を行っています。

「風の館」1階の地場食材レストラン「山海里」では、三陸の新鮮な海の幸を使った「漁師なげこみ丼」や「海女丼」、久慈の郷土料理「久慈まめぶ汁」を味わえます。また、久慈秋まつりの山車が展示されており、高さ約11m、幅約7mの手作りの山車は迫力満点です。

道の駅のだ「観光物産館ぱあぷる」(野田村)

久慈市の南、野田村にある観光物産館ぱあぷるは、陸中野田駅に併設された道の駅・物産館です。野田村の素材を使った農家レストラン「レストランぱあぷる」では、地元地域の主婦が創意工夫したメニューを味わえます。
野田村の特産は山葡萄と、三陸の海水を伝統の製法で煮詰めてつくる「のだ塩」。特にのだ塩は、ミネラル豊富でまろやかな味わいが特徴です。

テイクアウトコーナーでは「のだ塩ソフトクリーム」がおすすめ。ここのソフトクリームが食べたいとわざわざ遠くからやってくる人もいるほどの人気商品です。夏は行列ができることも。絶対に外せない一品です。

女子におすすめ!美肌強化スポット

新山根温泉べっぴんの湯(久慈市)

道の駅くじから車で約25分、山間の温泉「新山根温泉べっぴんの湯」は、pH10.8を誇る東北一の強アルカリ温泉です。とろみのあるお湯には美肌効果があり、温泉に入った瞬間から肌がつるつる・すべすべになっているのを感じるはず。大浴場、小浴場、露天風呂とさまざまなタイプの浴槽があり、思い思いにのんびりお湯に浸かれます。

併設の食堂では、短角牛や岩魚を使用したこだわりのメニューを味わえます。宿泊、日帰りどちらも可能です。

あまちゃんファン必見!途中下車して行きたいスポット

三陸鉄道北リアス線「堀内駅」(普代村)

駅名は「ほりうち」ではなく「ほりない」駅と読みます。「あまちゃん」では「袖ヶ浜駅」としてたびたびドラマ内にも登場しました。トンネルに向かって叫んで、ドラマの主人公になりきってみてはいかがでしょうか。堀内駅で降りたら、少し歩いて「レストハウスうしお」へ向かってみましょう。海が一望できる眺めがひろがり、三陸らしい景色を堪能できます。
 

絶対食べたい!新鮮な北三陸グルメ4選

ほや(洋野町)

青森県と接する洋野町の名産、天然ほや。宇宙服のような潜水服に身を包んで漁を行う「南部潜り」という伝統の技を使い、一年を通して天然のほやを食べることができます。肉厚で甘いほやは、一度食べたらやみつきになる美味しさです!旬は6月から8月です。

うに(北三陸全域)

三陸海岸は豊かな命をはぐぐみます。うにもそのうちのひとつ。新鮮なうには少し甘く、海の恵みを感じられます。旬は5月から7月で、この間のうには特に実が詰まってぷりぷりしています。現地でとれたてのうにを味わってみてください。

久慈まめぶ汁(久慈市)

北三陸の郷土料理、久慈まめぶ汁。煮干しと昆布のだし汁に、野菜やしめじ、焼き豆腐を入れ、醤油で味をつけ、くるみと黒砂糖入りの小麦団子「まめぶ」と一緒に煮込んだ料理です。汁はしょっぱく、団子は甘い不思議な料理。B-1グランプリにも「久慈まめぶ部屋」が出展しています。

昆布商品(普代村)

普代村の名産、昆布商品。中でも昆布を細長く切って乾燥させた「すき昆布」はおみやげにもぴったりの品です。人参や山菜を加えてめんつゆで煮こむだけで、手軽にヘルシーなおかずが完成します。他にも昆布餡入りのどら焼きやクッキーなど、昆布を利用したお菓子なども開発され、徐々に人気を集めています。

北三陸へのアクセス

ここでは北三陸の観光の拠点、久慈市へのアクセスをご紹介します。

■鉄道・バスの場合
1.盛岡駅から東北新幹線で八戸駅まで。八戸駅からJR八戸線に乗り換え、1時間47分で久慈駅に到着。
2.盛岡駅から東北新幹線で二戸駅まで。二戸駅からJRバス「スワロー号」に乗り換え、1時間10分で久慈駅に到着。
3.盛岡駅からJRバス、または岩手県北バスで久慈駅に到着。所要時間は2時間2分~2時間42分。

■車の場合
東北自動車道盛岡IC経由、八戸自動車道で九戸IC下車。九戸ICから一般道で久慈まで40分。

提供:岩手県

前の記事へ 次の記事へ