【読みもの】まるで舞空術!「空を飛ぶ」という夢が叶う場所

あそびのジャンル
インドアスカイダイビング
タグ

皆さんは「インドア・スカイダイビング」をご存じですか? メルマガでも何度かご紹介をしているので、上の写真を見て「あ、なんか知ってる!」という人も多いのではないでしょうか。かくいう私も、情報としては頭に入っていたので知った気になっていましたが、先日「FlyStation Japan」で見た光景は、顎が外れそうになるほどの衝撃でした。

私たちが訪れたのは先の3月24日土曜日。アソビューが主催するオフ会イベント「アソビューデイ」でゲストの方々と一緒に遊びに行ってきた時のことです。

アソビューデイに参加してくれたゲストと一緒に。手前に寝転んでいるゴキゲンな方は、インストラクターさんです。

「FlyStation Japan」の中に入ってすぐ、「あれ、外国の方々が多い…?」と気がつきました。そういえばこの日は、こちらで行われる「インドア・スカイダイビング国際大会」のちょうど1週間前。こんな前から日本に入って練習するなんて、結構な気合の入りようです。

ちなみに日本でインドア・スカイダイビングができるのはここだけですが、実は海外では新スポーツとして注目されはじめていて、すでに2万人ほどの競技人口がいるのだとか。競技カテゴリーは1人で演技を行うものから、2人や4人でテクニックや同調性を競うものまでさまざまです。

「ウインドトンネル」と呼ばれる筒の中に選手(と思われる人)が入っていきます。最高時速360㎞といわれる強風を下から受けた選手の体は次の瞬間……。

なんだこりゃーー!

スゴすぎるーー!!

自由自在に空(屋内だけど)を舞う姿は、子供のころに憧れていた「舞空術」そのものです。ドラゴンボールの孫悟空ばりに飛びまわっているのはサイヤ人ではなく地球人。地球人なのに悟空気分を味わえるなんて……!

インドア・スカイダイビングのことを、「スカイダイビングを気軽に屋内で体験~♪」ぐらいに認識していたけれど(事実、この世界への“入り口”としてはそれで正解なのですが)、体験の先に広がる世界は想像の100倍ぐらいアスリートというか、こんなにもきちんとスポーツしてるなんて思ってもみませんでした。

ひとしきり選手の美技を目に焼き付けた後は、私たちが体験する番。イメージトレーニングはバッチリだったものの、当然彼らのようにはいきませんでした(笑)。

「新しいスポーツでまだまだ競技人口が少ないから、今からでも頑張れば彼らのようになって世界大会にも出れるかもしれませんよ!」と先生。

うむむ……、魅力的。

舞空術、身につけたい。

修行をしに通おうかな。

>>FlyStation Japan(フライステーションジャパン)のページへ

マイヘルメット、ほしい……。
前の記事へ 次の記事へ