旭山動物園 営業時間やアクセスも!ペンギンの散歩も写真と共に紹介!

あそびのジャンル
タグ

北海道旭川市にある旭山動物園は、「伝えるのは、命」をテーマに、動物たちが自然のままに暮らす姿が間近で見られる、国内有数の人気を誇る動物園です。今回はそんな旭山動物園を取材してきました。実際に訪れてみて体験した感動とともに、大人から子どもまでが本気で楽しめる見どころをご紹介します!

旭山動物園へ、いざ入園!

やって来ました、旭山動物園!

平日の開園前にもかかわらず、動物園の前にはすでに入場待ちの列が。お子様連れのファミリー層だけではなく、女性同士でいらっしゃっている方や、おひとり様も多くいらっしゃいました。

さっそく、旭山動物園で必ずおさえておきたい人気施設を中心に、まわってみたいと思います。

水中のペンギンは速い!「ペンギン館」

世界には18種類のペンギンがいるそうですが、ここ旭山動物園には、キングペンギン、ジェンツーペンギン、イワトビペンギン、フンボルトペンギンの4種類がいます。

ペンギン館の中へ入ってみると、まるで海の中にいるような感覚にさせてくれる、水槽のトンネルにたどり着きます。

ここでは泳ぎ回っている、地上とは少し違った表情のペンギンを見ることができます。地上ではのんびり、まったり、ぴょこぴょことしているペンギンですが、泳ぐとすごく早いんです!こんなに速く泳ぐことが出来るのは、ペンギンがロケット状の体型をしているためだそう。

泳いでいる姿もとてもかわいらしいペンギンたち。頭上にまでペンギンが泳いでいる姿が見られるのも、旭山動物園の魅力です。

人気イベント、ペンギンの散歩は冬期間限定!

12月下旬頃から3月中旬ごろまでの冬期間限定で行われる、旭山動物園の1番人気イベントが、ペンギンの散歩です。こちらのイベントでは、旭山動物園に暮らすペンギン達が園内の散歩コースを歩きながら、お客さんのそばに行ったり、集団で移動したりと、可愛らしい姿を見せてくれます。

散歩への参加はペンギン達の自主参加制になっているため、散歩姿が見られるのはキングペンギンとジェンツーペンギンの2種類です。この2種は狩り本能が備わっているため、散歩に出るのだとか。

ペンギンの散歩が冬期間限定なのは、雪が溶けてしまうとアスファルトの道がペンギンの足に負担をかけてしまうため。ペンギンの散歩は、ペンギンの狩り本能や生態を見てもらうために行われているので、動物に無理はさせないというのが旭山動物園の方針になっています。

よちよちと歩く可愛いペンギンの姿を間近で楽しむなら、冬にお出かけするのがおすすめです。

泳ぎまわるアザラシを様々な角度から観察!「あざらし館」

「あざらし館」では、筒状の水槽をアザラシが通り抜けていく様子を360度どんな視点からでも見ることができます。

ペンギンの水中での姿が堪能できる「ペンギン館」もその一つですが、旭山動物園は、展示に「行動展示」という方法を取りいれています。動物たちの特徴、能力、習性をなるべく自然に近い状態で展示しているため、動物たちの生き生きとした表情を、さまざまな角度から見ることができます。檻や柵の使用を最小限にしているので、動物との距離が近いことも大きな魅力です。本当にアザラシが真横を通る感覚なので、気持ち良さそうに泳ぐ姿に感動しました。

ちなみに、アザラシの耳は頭横についている小さな穴なのですが、出っ張りがなくツルっとしているのは泳ぐ際に水の抵抗をなくすためなんだそうです。このような生態に対する知識も、後述するもぐもぐタイムの時に飼育員さんがお話してくれます。

アザラシの展示近くには、アザラシの餌にもなるミズダコが展示されているのですが、世界のタコ収穫量の3分の2は日本で食べられている、という説明に驚きました。

また旭山動物園の園内には、タコの形をしたタコの水道がいくつもあります。。旭山動物園の広報部の方に、なぜ動物園にタコなのか、ましてや、なんで鉢巻きしているのかを伺ってみましたが、何故タコなのかは謎ということでした。

エサの目線でホッキョクグマを見る「ほっきょくぐま館」

「ほっきょくぐま館」には、実はある仕掛けがあります。外からだけでなく、水中の様子も見ることができるのですが、その水槽の水の高さがアザラシの目線に設定されているのです! 

自然界では流氷などの下にいるアザラシを捕食しているホッキョクグマ。つまり私達は、エサの目線を感じることができるのです。皆さんも旭山動物園に行かれたら、ぜひアザラシの気持ちになってホッキョクグマの迫力を感じて下さい。

カバが空飛ぶ「かば館」

職員の方に、「個人的に一番気に入っているオススメの動物はなんですか?」と質問したところ、「カバですね。」とお答え頂きました。

職「カバが飛ぶんですよ。飛んでいるんです、カバが。」
私「カバが...飛ぶ...。」

これを聞いて、カバが気になって仕方がなかった筆者。いよいよ「かば館」へやってきました。

ここから見ると一見普通のカバですが、やがてカバは何やら水に潜りはじめます。

そこでかば館の下へ行ってみると……

飛んでる!カバが飛んでいました!

人生で初めて見る光景に、なんだか笑ってしまいましたが、とても気持ち良さそうにぴょんぴょん飛んでいく、カバの愛くるしい一面を見ることができます。通常カバは、濁った泥水のようところを好むので、このような透明な水で泳いでいる姿はなかなか見られません。

ちなみに、この水中に浮かんでいる草は全部、カバのフン。水のろ過がとても大変なんだそうです。この飛ぶカバの姿、旭山動物園なら横からも真下からも見ることができます。

動物たちのもっともイキイキした姿が見られる! 「もぐもぐタイム」

旭山動物園では、時間帯によって「もぐもぐタイム」というイベントが行われています。飼育員さんが動物にエサを与えながら生態や行動の特徴などを詳しく説明してくれるというもので、エサを食べている動物の姿を見ながら面白く学ぶことができるのでオススメです。筆者はこの日、ペンギンとアザラシのもぐもぐタイムを見ることができました。飼育員さんの餌に食らいつく動物たちの生き生きとした様子が印象的でした。

毎日スケジュールに変更があるようなので、入園したらまず当日のイベントスケジュールをチェックしておきましょう。

動物たちとふれあえる「こども牧場」

「こども牧場」では、ウサギやモルモットなどの小動物とふれあうことが出来ます。

また2006年に新設された「第2こども牧場」では、大人しくて可愛いポニーや、羊、ヤギなどとふれあうことができるのでオススメです。

こども牧場にいる動物たち

おなかが空いたらココ!動物園中央食堂

きりん舎、もうじゅう館、シマフクロウの舎、オオカミの森などなど、まだまだたくさんの見どころがある旭山動物園ですが、この辺りでいったん休憩。

お腹が空いたら園内の食堂でほっとひと息、ごはんにしましょう。今回筆者が行ったのはあざらし館横にある動物園中央食堂です。どれを食べるか迷った末、旭山限定の半熟卵と鶏ザンギカレーライスを注文しました。カレールウと半熟卵、北海道名物の唐揚げである鶏ザンギがマッチして、とても美味しかったです!

旭山動物園の食堂には、北海道や旭川にちなんだメニューや、可愛いアザラシパンケーキなどもありました。

園内には他にも数カ所食事ができる場所があるので、歩いてまわってみてもよさそうですね♪

園内パンプレットのダウンロードはこちら
 

もっと詳しくしりたい!と思ったら資料館へ

旭山動物園の園内には、動物たちについて「もっと知りたい!」という方のために、資料館・図書館があります。

1Fは動物資料展示館になっていて、沢山の様々な種類の動物達の剥製や、模型、骨などが展示されていました。

2階にある動物図書館には、動物に関するたくさんの資料や本があり、より深い知識をここで知ることが出来そうです。

旭山動物園は、おみやげも充実!「旭山 ZOO SHOP」

旭山動物園には、オリジナルの可愛いぬいぐるみやグッズ、お土産の商品がたくさんあります。せっかくなので、旭山動物園のおみやげを買える売店のひとつ「旭山 ZOO SHOP」で、お土産のオススメや売れ筋の商品を教えて頂きました!

ちなみに、この売店のラベルにはオレンジ色と緑色の2種類があり、オレンジ色のラベルが旭山動物園のオリジナルの商品なのだそうです。 ぜひ旭山動物園でしかゲットできない商品をチェックしてみてください。

お菓子部門 1位 『き花』

お菓子の一番人気は北海道銘菓『き花』。旭山動物園限定パッケージで、可愛い動物たちの姿があしらわれています。

グッズ部門 同率1位 旭山ポーラくんキーホルダー&クリップボールペン

グッズ部門の人気商品は、旭山動物園のシロクマをモチーフにしたキャラクター「旭山ポーラくん 」のキーホルダーと、あざらしのイラストがあしらわれたクリップボールペン。

クリップボールペンは、あざらしの可愛いイラストに惹かれて、筆者もつい購入。使う度に癒されます。

グッズ部門 3位 ウォーターインリップ

スティックの絵柄はペンギンとしろくまの二種類。こちらもかわいいのですが、もうひとつ気になるのは「北海道スーパーモイストキープ」。北海道の厳しい寒さや乾燥から守ってくれる高モイスト感なのでしょうか。

「旭山動物園くらぶ正門 SHOP」店長おすすめ

正門近くでおみやげが買える「旭山動物園くらぶ正門 SHOP」にも立ち寄ってみました。こちらでも色々なお土産、グッズを購入することができるのですが、店長さんのイチオシはティッシュペーパーの「鼻セレブ」! 動物たちにつぶらな視線で見つめられると、どうしても気になってしまいます。

山動物園職員さんのイチオシグッズ

園内各所にある、カプセルZOO旭山動物園公式フィギュアは、職員さんの目から見てもフィギュアの作りがとても細かく、リアルに再現できているそうです。こちらも大人気の商品。全3シリーズありました。

アクセス情報

公共交通機関を利用する場合

札幌駅から行く場合(電車、路線バス利用)

札幌駅から行く場合(高速バス利用)

旭川空港から行く場合(路線バス利用)

車を利用する場合

高速道路から

まとめ

今回、筆者が旭山動物園に訪れたのは冬季期間中の4月という、一年の中で最も中途半端な時期でしたが、それでも充分に楽しむことができました。動物達にも気温や気候に合わせて季節ごと、毛の生え変わりなどの変化があり、一年を通してそれぞれの時期の魅力を見ることができます。

もっとも多くの展示動物を見ることができるのは8月(お盆)の時期。でも職員の方が一番オススメしたい時期は冬場の時期だとか。旭山動物園は、北の国の動物園だけあって、動物達は寒ければ寒いほどテンションが上がるそうです。寒い日はマイナス20度にまで下がる日もあるそうなので、防寒対策をばっちりして、また冬に訪れてみたいと思います。

写真提供&取材協力:旭山動物園

前の記事へ 次の記事へ