新宿御苑|心と体をほぐす、都会のオアシス。

あそびのジャンル
タグ

 

敷地は58.3ヘクタールで、東京ドーム12個分!

 新宿御苑は、新宿駅から徒歩10分という大都会の中心にありながら、広さ58.3ヘクタール、全周約3.5kmもの敷地いっぱいに自然が広がっています。タイプの異なる複数の庭園や多彩な樹木・花々など見どころが多く、春はお花見、秋は紅葉狩り、そして家族、友達とのピクニックやカップルの公園デート、ときにはひとりでランチや読書を楽しむなど、いろいろな使い方ができます。

 また、誕生の背景や農業・園芸振興に関わる歴史など、知れば知るほど新宿御苑には興味深い発見があります。遠出ができないちょっとした空き時間は、こんな近場の癒しスポットにおでかけしませんか?

 ただし、酒類の持ち込み・遊具類の使用は禁止。魅力あふれる公共のスペースは、みんなでルールを守って大切にしていきたいですね。

 

新宿御苑のイベント情報

 


野菜市場

11月3日(金・祝)~11月5日(日)

 新宿御苑ゆかりの内藤とうがらしや内藤カボチャなど、伝統の江戸東京野菜や旬の東京産野菜や果物が並びます。
時間  9:00~16:00 少雨決行(荒天中止)
会場  新宿御苑インフォメーションセンター前広場(新宿門横)

 

大人向け写真教室 「晩秋の新宿御苑を撮影しよう!」

12月12日(火)9:30~15:00(要予約・高校生以上)※詳細はこちら

 都会のオアシス新宿御苑をフィールドに活躍するプロカメラマンが、四季折々の御苑の魅力と撮影のテクニックをアドバイス。晩秋の庭園風景撮影、エコ・クッキングランチ、新宿御苑フォトコンテスト入賞作品講評会などが行われます。(参加費は1,300円 / ランチ代、保険代込み)

 

親子写真教室 「冬の御苑撮影と野鳥グッズを手作りしよう!」

12月17日(日)9:30~15:00 (要予約・小学1年生以上) ※詳細はこちら

 都会のオアシス新宿御苑をフィールドに活躍するプロカメラマンが、四季折々の御苑の魅力と撮影のテクニックをアドバイス。好きな鳥の模型に色を塗ろう、エコ・クッキングランチを食べよう、園内で生きものや植物を観察しよう、野鳥模型と自然を一緒に撮影しよう、希望者はプロカメラマンが作品を添削!(参加費は1,500円 / ランチ代、材料費、保険代込み)
 

 

開園時間

 9:00~16:00(閉門16:30) ※夏季開園時間延長日(※1)9:00~17:00(閉門17:30)

 

温室

 9:30~15:30(16:00閉館) ※夏季開園時間延長日(※1)9:30~16:30(17:00閉館)

 (※1)平成29(2017)年の夏季開園時間延長日:7月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)・8月5日(土)・6(日)・11日(金・祝)・12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日(日)・26日(土)・27日(日)

 

食堂(レストランゆりのき・カフェはなのき)

 9:00~16:00(LO)

 

茶室   

 10:00~16:00 ※都合により休む場合あり

 

インフォメーションセンター(アートギャラリー)

 9:00~16:30

 

休園日

 毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌平日)、年末年始(12/29〜1/3) ※3月25日から4月24日、11月1日から15日は月曜日も休まず開園

 

入園料

 大人(高校生以上)200円、小中学生50円、幼児無料 

 ※30名以上団体割引あり(大人150円 小中学生25円)

 ※身体障害者手帳、療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1名の入園は無料(手帳を提示)。

 

アクセス

 新宿御苑には、「新宿門」「大木戸門」「千駄ヶ谷門」という3つの入り口があります。

 

電車でのアクセス

 JR新宿駅南口から徒歩約10分。国道20号線沿いを東へと進むと「新宿門」が見えてきます。

 東京メトロおよび都営新宿線新宿三丁目駅を利用する場合は、C1出口が便利。新宿通りを東へ進み、新宿二丁目東交差点を南へ曲がり、徒歩約4分で「新宿門」に到着します。

 東京メトロ新宿御苑駅は、1番出口の目の前がもう新宿御苑です。「新宿門」と「大木戸門」の中間にあたるので、御苑の外壁に沿ってどちらに進んでも、徒歩約5分で御苑に入れます。

 千駄ヶ谷門は、JR千駄ヶ谷駅から御苑に沿った細い道を4分ほど歩くと到着します。

車でのアクセス

 新宿方面より甲州街道を四谷方面に進み、御苑トンネルの側道を直進、突き当たり右手側に「大木戸駐車場」があります。

 

駐車場利用時間

 新宿御苑開園日の8:00~19:00 ※出庫は20:00まで。20:00~翌8:00は出庫不可

 

料金

 普通車:3時間まで500円、以後30分毎100円
 大型車:3時間まで2000円、以後30分毎400円

 

新宿御苑の楽しみ方

庭園をお散歩

 新宿御苑の庭園は、イギリス風景式庭園フランス式整形庭園、伝統的な日本庭園が組み合わせられた、“日本の風景式庭園の名作”と言われています。手入れの行き届いた美しい庭園を、まずは散策してみましょう!

 

イギリス風景式庭園

巨木の木陰に入れば夏でも涼しい!

 イギリス風景式庭園は、広大な芝生にユリノキなどの巨木がそびえる、のびやかな景観が特徴です。真っ青な芝生を前にしたら、大人だって足を投げ出して座ったり、寝転がったりしたくなりますね。木陰にビニールシートを敷けば、ピクニックも楽しめます。緑に映える青い空を見ていると、ここが新宿であることを忘れてしまいそうですが、木々の間からのぞく高層ビル街の姿は、やはり都会のオアシスならではです。

 

フランス式整形庭園

気品に満ちたフランス式整形庭園には、高貴な花・バラが似合う

 左右対称に美しく整形されたフランス式整形庭園は、フランス宮廷文化を思わせる華やかな造りが魅力です。中央に110種・約500本もの花々が咲き誇るバラ花壇があり、その左右にはヨーロッパの雰囲気あふれるロマンチックなプラタナス並木。長さ約200メートル・160本のプラタナスが4列にデザインされた並木道はまさに圧巻。四季を通じて、お散歩やデートにぴったりな憩いの空間になっています。

 

日本庭園

伝統的な日本庭園と新宿高層ビル群のギャップも御苑の見どころのひとつ

 昭和初期に改装された日本庭園は、上の池から「旧御涼亭」にかけての池に沿った池泉回遊式の造りです。梅や桜、楓の紅葉、冬にはオシドリなどが、色鮮やかに四季を感じさせてくれる情緒いっぱいの庭園です。

 池のほとりに建つ「旧御凉亭」は、昭和天皇のご成婚記念として建てられた歴史建造物で、高台となっているこの建物からの眺めは、新宿御苑で一番美しいともいわれているそうです。

 

玉藻池

100年以上前からの風情や趣を今に伝える玉藻池

 イギリス風景式庭園とフランス式整形庭園の間にある玉藻池は、江戸時代に徳川家康の家臣として活躍した内藤家の屋敷跡の面影が漂う庭園です。現在の大木戸休憩所に御殿があり、玉川上水の余水を利用して池、谷、築山をしつらえた当時の「玉川園」の一部が、玉藻池として残っているそうです。

 ほとりに大きな松の木が立ち、水面を優雅に鴨が泳ぐ風景には、昔ながらの趣が感じられますね。

(次ページは、歴史的建造物や自然鑑賞についてです)

 

皇室ゆかりの歴史的建造物を見学

 新宿御苑のなかには、イギリス風景式庭園の旧洋館御休所、日本庭園の旧御凉亭など、皇室の歴史を継ぐ貴重な建物があります。風情あふれる希少な建造物を巡って、明治・大正・昭和の歴史に思いを馳せてみませんか?

 

旧洋館御休所

スティックスタイルはファサードのデザインが特徴的

 旧洋館御休所は、明治29(1896)年に建てられた天皇や皇族の休憩所。19世紀後半にアメリカで流行したスティックスタイルを基調とした希少な洋風木造建築で、園内で戦災の被害を免れた数少ない建物です。

 平成6(1994)年まで新宿御苑管理事務所として使用され、平成13(2001)年に重要文化財(建築)に指定されました。毎月第2・第4土曜日の10時~15時に特別公開されています。※月により変更があるので、詳細は03-3350-0151(新宿御苑サービスセンター)で確認してください。

 

旧御凉亭(台湾閣)

池と反対側に入り口があり、中からは日本式庭園の絶景が望めます!

 さきほども登場した旧御凉亭は、日本庭園の池の畔にあり、水辺の景色や涼を楽しむための建物。昭和天皇のご成婚記念に、台湾在住の日本人が贈ったもので、中国南方地方の閩南建築様式を取り入れた希少な本格的中国風建築です。

 平成16(2004)年に東京都歴史建造物の指定を受けています。

 

旧新宿門門衛所・旧大木戸門衛所

旧新宿門門衛所、旧大木戸門門衛所は、ともに昭和2(1927)年に建てられた門衛所です。

旧新宿門門衛所
旧大木戸門門衛所

 いずれも宮内省匠寮の設計で、初期の鉄筋コンクリート造であることから、歴史的価値が評価されている建造物です。

 門衛の詰所であると同時に、休憩・宿直用の施設だったようですが、現在は使われていません。

 

茶室・楽羽亭

木々に囲まれ、ひっそりと佇む美しい茶室

 明治時代に皇室の休憩所として建てられた楽羽亭ですが、昭和20(1945)年に戦災で焼失。現在の建物は昭和62(1987)年再建の二代目です。木の香る純日本的な建物で、落ち着きのある優美な茶室で、茶会や句会などでの貸し出しに対応しています。

 10時~16時まで、呈茶(抹茶和菓子のセット)を700円でいただくことができます。

 

茶室・翔天亭

新宿御苑の自然、空気と一体化するような空間

 明治39(1906)年、新宿御苑が造営された時に建てられた翔天亭も、昭和20(1945)年に戦災で焼失。その後、昭和29(1954)年に再建され、平成3(1991)年に建て替えられました。豊かな緑を一望しつつ茶事をたしなむことができます。こちらの茶室も貸し出し可能です。

 このように戦災を免れた由緒ある建物たちが語りかけてくる歴史に耳を傾けると、ノスタルジックな気分を味わえますね!

 

親子へのおすすめは自然鑑賞

 明治期に日本の近代農業や園芸の振興を担った「内藤新宿試験場」「新宿植物御苑」の流れを汲む新宿御苑。今も絶滅危惧植物の保全に取り組むなど研究機関としての役割を果たしています。その豊かな自然環境は、生物観察や自由研究にもぴったりです。

外国産の樹木や珍しい花々を探しに行こう!

 新宿御苑では珍しい樹や植物もたくさん見ることができます。園内には約1万本の木が茂り、なかでもヒマラヤシーダー、ユリノキ、プラタナス、ラクウショウなどは、国内で初めて植栽された外国産樹木だそう。樹齢100年を超えている樹も珍しくないんですね!

 

大温室

 

大木戸門からほど近いところに建つ大温室。都内屈指の規模と展示クオリティ

 平成24年(2012)11月にリニューアルオープンした大温室は、面積約 2,750 平方メートル、高さ約 15m の温室内に、約 500 種類の植物が栽培されています。

都会生活のなかでは見かけない植物がたくさん!

ジャングルや池沼、山地、乾燥地、また国内の亜熱帯地域・小笠原諸島や南西諸島などの植物を、環境テーマごとに鑑賞することがで

きます。
 

かわいらしいサボテンや毒々しいほど鮮やかな南方植物、美味しそうなフルーツも…

 サボテン類のキンシャチ、食虫植物のウツボカズラやパパイア……、南国の花や果実のなる木がいろいろ見られます。

 もともと新宿御苑の温室は日本の本格的な洋ラン栽培発祥の地としても知られ、「レリヤ・シンジュク」など“シンジュク”の名を冠した品種を多く生み出してきました。

 大温室には、歴史あるランや日本の絶滅危惧植物の展示もあり、足を踏み入れたらつい時間が過ぎるのを忘れてしまいそうです。

 

自然観察フィールド「母と子の森」

「母と子の森」は広さ東京ドーム約1個分! 動植物と出合い、自然と触れ合おう!

 「母と子の森」は、都会の子どもたちが自然とのふれあいを楽しめるようにと造られた「母と子の森」は、約4ヘクタールもある自然ふれあいゾーンです。1周約430mのコース内には、生き物が生息しやすい環境が整えられており、普段の生活では見られない虫や動植物に会うことができます。

 

新宿御苑母と子の森自然教室

「母と子の森」では、親子で参加する自然教室も無料開催しています。平成29(2017)年度の開催日とテーマは下記の通りです。

・4月29日(土・祝)「春の森たんけん/生きもの展示」(終了)

・6月4日(日)「初夏の森たんけん」(終了)

・7月30日(日)「夏の生きものさがし」(終了)

・9月24日(日)「秋の生きものさがし」

・10月22日(日)「木の実とあそぼう」

・12月3日(日)「落ち葉とあそぼう」

・平成30(2018)年3月4日(日)「春をさがそう」

開催時間や定員、申し込み方法や期間は、ホームページにて確認してください。

(次ページはお花見情報&ベーシックインフォメーション)

 

桜の名所でお花見を

 新宿御苑といえば、都内随一の桜の名所。園内には約65種1100本の桜が植栽されており、2月のカンザクラから、4月下旬のカスミザクラまで、長期間にわたってお花見が楽しめます。

多種多様な桜が順番に咲き、お花見シーズン中何回足を運んでも違う表情が見られます

 とくにソメイヨシノが見頃を迎える3月25日から4月24日は、「春の特別開園」として毎日休まず開園するのもうれしいですね。

 春以外の季節にも、さまざまな花の見頃が順番にやってきます。

ツツジのシーズンは園内がビビッドに。多彩な株が色とりどりの花をつける
アジサイが咲く頃は、雨の日もまた情緒があっておもしろいかも…

 桜の後、春から夏にかけてツツジ、バラ、サツキ、アジサイ、クチナシなどが花開きます。

黄色く色づくプラタナス並木もよいが、日本庭園の池沿いに立つ楓の紅葉は圧巻

 秋は紅葉と真っ赤なヒガンバナ、香りのよいキンモクセイなど、そして冬にはスイセンやフクジュソウ、春の足音を知らせる梅や椿などが咲いていきます。

由緒正しい菊花壇に日本的な伝統美が漂う。菊花壇展は、春のお花見同様、御苑に注目が集まる行事のひとつだ

 毎年11月には、皇室ゆかりの「新宿御苑 菊花壇展」を開催。開催期間中(11月1日~15日)は、「秋の特別開園」として毎日休まず開園します。

 訪れる季節によってまったく違う表情を見せてくれるのも、新宿御苑の魅力のひとつですね!

ランチを食べるなら…、おすすめ3選

 新宿御苑の園内には、散策の合間に一息ついたり、食事を楽しんだりできるふたつの飲食施設、「レストランゆりのき」「カフェはなのき」があります。

レストランゆりのきの内観。席数はおよそ120席で、予約は不可

 店内では、江戸時代に栽培が始まり、新宿一帯で栽培された「内藤とうがらし」や「内藤かぼちゃ」など、新宿御苑ゆかりの食材や江戸東京野菜を使用したオリジナルメニューがいただけます。

 

シカ肉カレー

香りよく、辛さは控えめのシカ肉カレーは幅広い世代に人気

 北海道のジビエであるエゾシカのカレーに、レタスやトマト、オリーブなど、御苑ゆかりの西洋野菜を添えて。シカ肉の味付けには、江戸東京野菜・内藤とうがらしが使われています。

 

江戸東京野菜のスイーツセット

江戸東京野菜を使った手作りスイーツは、甘すぎず、素材の美味しさを噛みしめられる

 滝野川ゴボウのガトーショコラ、内藤かぼちゃのパウンドケーキ、伝統小松菜のパウンドケーキ、長ネギと内藤唐辛子のケーキをワンプレートに盛り合わせ。かわいらしくて華やか、もちろん美味しいスイーツです。

 

内藤とうがらしドッグ

散策の合間に小腹が空いたら、この内藤とうがらしドッグがおすすめです!

 内藤とうがらしソーセージとシカ肉ソースのホットドッグです。テイクアウトにして、園内のベンチでいただくこともできます。

 

新宿御苑で癒された後は…

 新宿御苑は、もともと徳川家康が譜代の家臣・内藤清成に与えた江戸屋敷の一部です。明治5(1872)年、この土地に近代農業の発展のための「内藤新宿試験場」が設置され、欧米式の作物栽培法や牧畜の研究が行われるようになりました。明治12(1879)年になると、「新宿植物御苑」に名が変わり、皇室の御料地・農園として運営されるように。この頃の施設や栽培植物を引き継ぎ、明治39(1906)年、新宿御苑が誕生しました。現在、皇室関係の歴史的建造物が園内で見られるのは、そのためです。 

 新宿御苑は、大正6年から観桜会(戦後は「桜を見る会」)、昭和4年から観菊会の会場として定着。戦中は空襲によって、旧御凉亭と御休所以外の園内の建物がほぼ全焼という打撃を受けましたが、戦後は国民公園としての運営されることに。平成18(2006)年、「新宿御苑」として100周年を迎え、今に至ります。

 かつては、大名の屋敷、その後皇族の庭園だった新宿御苑には、今も高貴なエネルギーがあふれているのかもしれません。そんな新宿御苑でココロとカラダを癒した後は、近くにあるアソビュー!でワクワクを充電する。そんな週末の過ごし方もいいかもしれません。

 

 

前の記事へ 次の記事へ