厚労省「新型コロナ対策」に基づく、遊び場・おでかけ先まとめ

あそびのジャンル
タグ

 昨今、新型コロナウイルス感染症の影響により、学校の休校や外出自粛により、休日を自宅で過ごす人が増えています。しかし、特にお子さんのいる家庭では、長期化すればするほどずっと家の中で過ごすという事も難しくなってきます。実際、先日の安倍総理の会見において「健康管理やストレス解消のためには、人が密集しない環境下で外に出て、適度に運動することも重要」との見解が発表されました。

 そうは言うものの、「それってどこなの?」「どうやって過ごせば安全と言えるの?」と困ってしまった人も少なくないかもしれません。現に、アソビュー!にも「人混みを避けて遊べる場所を教えて欲しい」といった声が寄せられています。そこでこの記事では、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症専門家会議」によってまとめられた、『新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)発生のリスクが高い日常生活における場面についての考え方』」の3つの条件に基づいた、おでかけスポットや体験・遊びをまとめてご紹介します。

※外出自粛要請が出ている地域にお住まいの方におかれましては、自治体の要請に基づいたご判断をお願いしております。またそれ以外の地域にお住いの方におかれましても、おかけの際には3密を意識した十分な予防対策をお願いいたします。

専門家会議のおでかけに関する3つの見解

 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」によってまとめられた、『新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)発生のリスクが高い日常生活における場面についての考え方』によると、新型コロナウイルス感染症対策における『3つの条件』とは……

①密室空間であり換気が悪い
②手の届く距離に多くの人がいる
③近距離での会話や発声がある

の3つの条件が重なった場所で、より多くの人が感染したと言われています。

そこで、アソビューでは上記3つの条件を避けた下記3つの基準を定め、“今できる遊び”を地域ごとに選出しました。

①屋外での活動
②人との接触が少ない活動
③手を伸ばして相手に届かない程度の距離をとって会話をする

アソビュー!として行なっている感染症対策の基本方針

 アソビュー!としましては、こんな時だからこそ遊びを通じてみなさんに楽しい時間を過ごしていただきたいと考えています。しかし、感染症の予防や拡散防止はしっかりとおこなわなければならないのが現実です。そこで、アソビュー!では、ゲストや体験提供事業者のみなさんに、発熱、咳、倦怠感、咽頭痛などの痛みが見られる場合は、遊びや体験催行をご遠慮いただくよう注意喚起いたしております。また、おでかけや体験実施の際には、感染症の予防および拡散防止のために、マスクの着用や咳エチケットを心がけ、手洗いやアルコール消毒などの対策をお願いしております。おでかけの際には、十分にお気をつけください。

選出における、『3つの条件』の再定義

1.密室空間であり換気が悪い→開放空間であり換気状況が良い
2.手の届く距離に多くの人がいる→人口密度が低く、距離を取れる広さがある場所
3.近距離の会話や発生がある→人との接触が少ない

さらにアソビュー独自で以下の条件も加え、抽出
4.営業中の体験施設(3月16日時点で、休館・休園している施設は除く)
5.アソビュー ! おすすめスコア(*)を基準
 *おすすめスコアとは、直近90日の催行率・申し込み実績・平均対応時間・プラン写真枚数・累計口コミ投稿数などで独自に計算。

今できる!感染症対策に基づく地域別おでかけ先まとめ

 

前の記事へ 次の記事へ