【2021年】名古屋 アフタヌーンティー13選!高級ホテルやカフェで季節のスイーツを

あそびのジャンル
タグ

 名古屋でおすすめのアフタヌーンティーを13選ご紹介します。名古屋エリアのストリングス名古屋「ニューヨークラウンジ」、栄エリアの名古屋東急ホテル「アトリウムラウンジグリンデルワルド」、伏見・丸の内エリアのヒルトン名古屋「インプレイス3-3」などエリアごとにおすすめのスポットをまとめました。名古屋を一望できるロケーションのホテルやおしゃれなカフェなど様々なシチュエーションでアフタヌーンティーを堪能できたり、季節によってテーマが変わったりするところも魅力。名古屋でアフタヌーンティーを楽しむ時の参考にしてみてください。

名古屋エリアのアフタヌーンティー

ストリングス名古屋 ニューヨークラウンジ

出典:一休.comレストラン

 ストリングス名古屋のソファラウンジ1階「ニューヨークラウンジ」ではアフタヌーンティーを楽しめます。開放のある吹き抜け、豪華なシャンデリア、そして窓の外にパティオが広がる空間で寛ぐことが出来ます。

出典:一休.comレストラン

 名古屋で絶大な人気を誇る、コース仕立てのアフタヌーンティーは季節によってコンセプトが変わると人気。過去には白雪姫、ローマの休日、不思議の国のアリスがテーマのアフタヌーンティーが開催されていました。プレミアムシートプランもあるため、特別な日に利用するのもおすすめ。ドレスコードはスマートカジュアルなので注意しましょう。

名古屋マリオットアソシアホテル  スカイラウンジ「ジーニアス」

出典:一休.comレストラン

 JR名古屋駅直結かつ名古屋駅の真上にある「名古屋マリオットアソシアホテル」。その最上階である52階に位置するのがスカイラウンジ「ジーニス」です。

出典:一休.comレストラン

 アフタヌーンティーはウニのフランを使用しているほか、白川茶や上之保柚子など素材にこだわり抜いた一品が楽しめます。無料の「HAPPY BIRTHDAY」プレートが提供されるほか、アニバーサリープランとして5,100円で乾杯用スパークリングワイン2名様分+ブーケの花を用意してもらうことも可能。特別な日におすすめです。


名古屋プリンスホテルスカイタワー 「Sky Dining 天空」

出典:一休.comレストラン

 名古屋を代表するスポット「グローバルゲート」に位置する「名古屋プリンススカイタワー」。アフタヌーンティーが楽しめる地上140mから名古屋市街の街並みを見下ろせる31階「Sky Dining 天空」。天井高4m20cmの開放的な空間となっています。季節によってメニューが異なりますが、セイボリーもデザートも満足度が高く、ドリンクもおかわり自由。恋人でも家族でも友人でも特別な日にぴったりの空間となっています。

名古屋ゲートタワーホテル    the gate house

出典:一休.comレストラン

 名古屋駅直結、利便性に富んでいる「名古屋ゲートタワーホテル」。アフタヌーンティーが提供されているのは、15階にある東京の青山人気フレンチ「L'AS(ラス)」監修のレストラン「THE GATE HOUSE」。フレンチスタイルのアフタヌーンティーで、イチゴのタルトやアールグレイマカロンなど8種のガトー、生ハム巻きなどセイボリー2種と選べるドリンクが楽しめます。名古屋の眺望と屋上庭園を眺めながらアフタヌーンティーを堪能できるため、ロケーションも抜群です。


Style Kitchen Nikko Style Nagoya    

出典:一休.comレストラン

 東海三県の食材をふんだんに使用し、生産者、シェフ、客を「つなぐ」ことをテーマとしている「Style Kitchen/Nikko Style Nagoya」。アフタヌーンティーはティースタンドではなく、一皿に盛り付けられるスタイル。大きいお皿に8種類のスイーツ、小さいお皿に2種類のサンドウィッチが載っています。また、アフタヌーンティーとともに好みのコーヒーと紅茶をつけることも可能。TRUNK COFFEによるシングルオリジンのドリップコーヒーや、Nikko Style Nagoya オリジナルブレンドコーヒーなど飲み物にもこだわりが強いため、満足度の高いアフタヌーンティーとなっています。

サラベス 名古屋店

出典:一休.comレストラン

 ニューヨークの朝食の女王と言われている「サラベス」。果物の甘味をいかした砂糖控えめのジャムであるフルーツスプレッドをはじめ、エッグベネディクト、パンケーキなど定番のアメリカの朝食メニューの“ヘルシー&リッチ”な味わいから人気を集めています。サラベス特製アフタヌーンティーはマフィン、クッキー、チョコレートパウンドケーキなどのデザート5種とサンドウィッチ2種、おかわり自由のコーヒー、もしくは紅茶のセット。2段のティースタンドで提供され、どれもミニサイズなので気軽に楽しむことが出来ます。

栄エリア

名古屋東急ホテル アトリウムラウンジグリンデルワルド

出典:一休.comレストラン

 名古屋市科学館や名古屋のランドマーク「名古屋テレビ塔」が徒歩圏内に位置している「名古屋東急ホテル」。4階まで吹き抜けとなっており、開放感のある空間とヨーロッパのお城や宮殿のような雰囲気を醸し出すアトリウムラウンジ「グリンデルワルド」でアフタヌーンティーが楽しめます。

出典:一休.comレストラン

 桜やカルピス、ハロウィンなど季節に合わせて様々なアフタヌーンティーを提供。焼き菓子のお土産付きだったり、メッセージプレートの名前入りを無料で行ってくれたりとオプションが豊富なのも魅力です。


bistro cafe THE FLOWER TABLE

出典:一休.comレストラン

 栄駅直結の名古屋栄三越3階に位置するビストロカフェ「bistro cafe THE FLOWER TABLE」。「bills」や「ICE MONSTER」「MAX BRENNER」などを展開するトランジットジェネラルオフィスが出店。東京で予約が取れないと話題のフレンチ「sincere(シンシア)」の石井真介シェフが監修しています。

出典:一休.comレストラン

 甘さ控えめのアフタヌーンティープレート"ナチュール"はプティ・フール9種、セイボリー1種とドリンクがセットになっています。ケーキスタンドも可愛らしく、インスタ映え抜群。紅茶はパリの老舗ティーハウスクスミティーを提供しており、一流の味が楽しめます。

伏見・丸の内エリア

名古屋観光ホテル「ブラッセリー&カフェ ル・シュッド」

出典:一休.comレストラン


 伏見駅から徒歩2分とアクセス抜群の「名古屋観光ホテル」。1936年に設立され、歴史と伝統があるホテルです。1階に位置している「ル・シュッド」でアンティークな雰囲気の中アフタヌーンティーが楽しめます。3段のティースタンドで提供され、一段目やサンドイッチ、二段目はガトーショコラ、苺ムース、ダークチョコレート、三段目はチョコレートムース、苺ケーキ、チョコタルト。世界的に評価の高い最高級ロンネフェルト社の紅茶とともに優雅な時間を過ごすことが出来ます。

ヒルトン名古屋 オールデイダイニング「インプレイス3-3」

出典:一休.comレストラン

 ヒルトン名古屋1階に位置するオールデイダイニング「インプレイス3-3」。大きな窓から光が差し込み、吹き抜けの開放的な空間でアフタヌーンティーが楽しめます。

出典:一休.comレストラン

 スイーツ8種、スコーン2種、セイボリー2種のフタヌーンティーセットは季節によって装いを変え、過去には夏の雨上がりをイメージしたカラフルアフタヌーンティーやダークサーカス、ドリーミークリスマスがテーマなど様々なテーマで提供されています。季節によっては平日と土日でメニューが違ったり、お持ち帰りできるセットもあるため、要チェックです。

茗圃(みょうほ)

出典:一休.comレストラン

 本格的な広東料理が味わえる中華料理店「茗圃」。アフタヌーン・ティーの起源である中国式のティー・セレモニー「下午茶セット」を提供しており、中国茶1種、4種類の點心と本日のデザート一品のセットとなっています。選べる點心はショウロンポウ、フカヒレ餃子などご飯系のものもあれば、マンゴープリン、ココナッツミルクなどスイーツ系も選ぶことが可能。また、中国茶も茶藝師が厳選した数十種類の茶葉の中からお好みの茶を選べます。

金山エリア

サイプレスガーデンホテル 「ヴェルジェ」

出典:一休.comレストラン

 金山駅から徒歩1分でありながら緑に囲まれている「サイプレスガーデンホテル」。アフタヌーンティーが楽しめるのは全館ガーデンに面しており、開放的な安らぎと爽やかさが魅力の「ヴェルジェ」。地元では「味のサイプレス」と呼ばれています。アフタヌーンティーセットはワンプレートのプチフールとおかわり自由のコーヒー、カフェオレ、紅茶などのドリンクがセットになっています。

ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 カジュアルダイニング「ガーデンコート」

出典:一休.comレストラン

 ビジネスにも観光にも絶好のロケーションを誇る「ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋」。2階に位置するカジュアルダイニング「ガーデンコート」でアフタヌーンティーが楽しめます。アフタヌーンティーは3段ティースタンドで提供され、サンドイッチ、マカロン・ショコラなどの焼き菓子、季節のスイーツなどが並んでいます。さらにスープもセットになっているのが嬉しいポイント。開放的な空間でゆったりとアフタヌーンティーを堪能してみてはいかがでしょうか。

  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS