ムーミンバレーパークで夏限定開催!「SUMMER ART FESTIVAL」を徹底レポート

あそびのジャンル
タグ

自然豊かな埼玉県飯能市にある「ムーミンバレーパーク」は、絵本や小説などを通じて世界中で愛され続ける『ムーミン』の物語を追体験できるテーマパーク。フィンランド以外では世界で唯一のスポットのため、その世界観を愛する原作ファンだけでなく、ファミリーやカップルまで幅広い層に大人気です。

© Moomin Characters ™

園内は『ムーミン』の世界観を忠実に再現。ムーミン一家の暮らしぶりが垣間見える「ムーミン谷エリア」をはじめ、ギャラリー展示やジオラマなどで作者・トーベ・ヤンソンの小説や絵本などの世界を体感できる「コケムスエリア」、大きなツリーハウス風のアスレチックやジップラインなどがあり自然の中で思う存分遊べる「おさびし山エリア」、テーマパークのオリジナルグッズを購入できたり、ムーミン谷のキャラクターたちも大好きなパンケーキを食べられたりする「はじまりの入り江エリア」の4つのエリアに分かれています。

割引チケットの購入はこちら!

夏限定の「SUMMER ART FESTIVAL」を体験してみた!

同園では8月29日(日)までの期間「SUMMER ART FESTIVAL」が開催され、夏季限定の“ひんやりスポット”が出現中!

 真夏の暑さがやわらぐ体験と、その魅力をお届けします。

アンブレラスカイからミストが降り注ぐ「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」

ムーミン谷エリアに続く緑道の頭上には、色とりどりな「アンブレラスカイ」がお出ましです。

ここには約1,200本の傘が空を彩り、その規模はなんと日本最大級!

フォトジェニックな「アンブレラスカイ」から、夏の暑さをやわらげる心地の良いミストを降り注ぐのは「ニョロニョロ雷スプラッシュ!」。昨年の45体よりもさらに増え、今年は101体のニョロニョロが登場しました。

ニョロニョロたちの間から飛び出すミストのシャワーは、想像以上にひんやりとしていて、涼しみながら歩けます。

ここでは、原作『ムーミン谷の夏まつり』とのコラボレーションしたデザインの「アンブレラスカイ」と演出で、物語の世界観に没入できます。

〜アンブレラスカイとは〜

今年の4月17日からスタートした「ムーミン谷とアンブレラ」。“憂鬱になりがちな雨の日でも楽しもう”をコンセプトに、カラフルな演出で心を癒やしてくれます。そんな「アンブレラスカイ」が、6月26日より夏デザインにチェンジ! marimekkoなど、世界的なブランドでデザインを手掛ける鈴木マサル氏が引き続き、アートディレクターを担当しています。

頭上を良く見てみると、自由をこよなく愛するスナフキンが嫌いな「〜べからず」と書かれた看板が。ぜひ、見つけながら歩いてみてください。

カラフルな「アンブレラスカイ」はフォトジェニックな写真も撮れること間違いなし!

また、アンブレラスカイの展示で使用した傘は、イベント終了後にアップサイクルのオリジナルバッグとして生まれ変わります。

幻想的な雲海の世界が魅力の「ミスト オブ マジックハット」

ムーミン谷エリア内に建つ、ムーミン一家の暮らすムーミン屋敷の前に置かれた「飛行おに」の魔法の帽子。どうやらこの不思議な帽子の中から、もくもくとミストが出てきたようです。またたく間に、ミストはエリア一帯にまるで雲海のように広がり、幻想的な世界観を楽しめました。

ミストはひんやりするだけではなく、当日の天気や気温、湿度によって大きさが変化し、まさにエンターテインメント!

お気に入りのフォトスポットを見つけて、記念に写真をパチリ。

水遊びしたい子どもにぴったり!「ヘムレンさんの遊園地 ウォーターファウンテン」

© Moomin Characters ™

続いてはおさびし山エリアへ向かい、『しずかなのが好きなヘムレンさん』がモチーフとなった「ヘムレンさんの遊園地 ウォーターファウンテン」へ。物語の中で、休みなしに続いた大雨と洪水でびしょ濡れになった遊園地を背景に描いた舞台で、地面から次々と水が飛び出す噴水が登場します。

木々に囲まれたエリアなので、大人はのんびりと森林浴をしたり、子どもは大きなツリーハウスのアスレチックで思いっきり身体を動かしたりと、思い思いに楽しめます。
※6歳〜12歳を対象にした遊具エリアのため、小さなお子様は保護者が付き添って遊んでください。

夏限定フードメニューもチェックしよう!

テーマパーク内では「アンブレラスカイ」をさらに楽しめる、この夏限定のメニューがレストラン・カフェで味わえます。早速、試食してみました!

ミッドサマーパンケーキ

© Moomin Characters ™

原作『ムーミン谷の夏まつり』から、スナフキンが夏至前夜に「ニョロニョロの種」を巻くワンシーンをイメージした、夏限定のミッドナイトパンケーキ(1,600円※税込)。

園内入り口付近にある「パンケーキレストラン Lettula(レットゥラ)」で食べられます。フワフワなパンケーキは、キウイソースをベースにトップにはミントが添えてあり、爽やかさが印象的。「ニョロニョロの種」を巻くように、色鮮やかなパッションフルーツとマンゴーソースをかけると、物語を追体験できます。まずはソースをかけずに、そのまま味わうのがオススメです。パンケーキの中のクリームチーズがほどよい甘さでパンケーキの食感とマッチします。

徐々に「ニョロニョロの種」をかけて、パッションフルーツとマンゴーソースを絡ませながらパンケーキを味わってみてください。

アンブレラ・スカイソーダ(グリーンアップル)

© Moomin Characters ™

夏限定の「アンブレラスカイ」のカラーに合わせた、涼しげなアンブレラ・スカイソーダ グリーンアップル(600円※税込)。こちらもパンケーキレストラン Lettulaで味わえます。ついつい写真に収めたくなるような、エメラルドグリーンのソーダは、見た目と同様に暑い夏にぴったりでゴクゴクと飲めちゃう、爽快感あふれるドリンクです。よくかき混ぜて、味わってください。

アンブレラ・スイカソーダ

© Moomin Characters ™

夏のフルーツといえばスイカです。青空のような透明感のある見た目もかわいい、スイカ味のアンブレラ・スイカソーダ(650円※税込)。スイカの果肉とミントがトッピングされ、甘さの中にもすっきりとした口に味わいが広がります。こちらはKOKEMUSUの2階にあるカフェ「Kauppa&Kahvila」で提供しているので、ぜひチェックしてみましょう。

とっておきの思い出づくり!ワークショップへの参加もおすすめ

© Moomin Characters ™

そのほか、園内では夏限定のワークショップも開催中。KOMEMUSUの2階にある、Paja(パヤ)では、自分だけのアンブレラ作りをはじめ、夏の思い出をしまっておけるウッドバーニングボックス作り、お好みのデザインを選んで創作するオリジナルバッジ作りなど、物語やムーミンキャラクターにちなんだものづくりの体験ができます。お出かけの思い出づくりに、ぜひ参加してみてください。

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS