本物の車を自由にカラーリング!?愛知のトヨタ会館は車好きにはたまらない発見と体験がいっぱい

あそびのジャンル
タグ

夏休み前に子どもを連れてお出かけするときって、行き先選びについつい悩んでしまうもの。夏休みの一大イベントである自由研究が控えているから、「できれば研究テーマに使えるイベントがいいなぁ」なんて考えちゃう親御さんも多いのでは?

子どもにとって難しすぎず、遊びも楽しめる体験を探しているなら、7月18日(土)に愛知・トヨタ会館で開催されるイベント「LEXUSデジタルペイント」がおすすめです。特設ブースでは、最新技術を駆使したペイントアートで本物の車を自由に色付け!車の仕組みや製造工程、リサイクルなどの知識も学べちゃう、まさに夏休みの自由研究にぴったりなイベントなんですよ。

トヨタの車への想いを6つのテーマから紐解く「トヨタ会館」は、最新技術や新型車の魅力を見学&体験できる展示施設。トヨタ車の歴史や製造工程を楽しい体験とともに学べるとあって、車好きはもちろん、メカニカルなものに興味がある子どもにも大人気の場所なんです。

同館で限定開催される「LEXUSデジタルペイント」は、トヨタ自動車の「L.C.HUB」チームと、次世代テーマパーク「リトルプラネット」の運営元が共同開発した体験型アトラクション。2021年11月に「XRスプレーアート体験:LEXUS SPRAY PAINTING」として初お披露目され、ファミリーに大好評だったイベントです。

本物の「LEXUS UX250h “F SPORT”」のボディに向けて専用のスプレー缶をプッシュすると…なんとスプレー音とともにインクの映像が流れ、まるでペイント作業をしているかのような感覚に!1回につき最大で5名が参加できるので、家族みんなでペイントするのもOK。子どもたちの自由な感性で、どんな1台に仕上がるのかが楽しみですね。

小さな子どもはお絵かき体験に夢中になり、高学年の子どもは配置されたプロジェクターやセンサーの構造にも気になってしまうはず。缶を振れば11色のカラーを自由に出せる不思議な仕組みには、子どもたちも思わず「なんで〜?」と興味津々に!

さらに驚きなのが、ペイントした「LEXUS」をオリジナルのペーパークラフトとして持ち帰りできること。家で組み立てて遊べるのはもちろん、QRコードをiPhoneで読み取ると「AR(拡張現実)」のラジコンとなって、部屋中を走り回ります。みんなでカラーリングした思い出の車が颯爽と走る姿を、ぜひパパ、ママのスマホで見せてあげてくださいね!

なお、イベント参加には事前予約が必要なので、「トヨタ会館イベント申し込みフォーム」からお早めにどうぞ。申し込み多数の場合は抽選になります。同日には「はっぱスタンプでエコバッグ作り」も開催。気になるイベントや体験を見つけたら、ぜひ家族で一緒に足を運んでみてはいかがでしょうか。

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆ビルの屋上でキャンプご飯を満喫!池袋の駅近スペースで手ぶらBBQ&アウトドアを楽しもう

◆夏の信州で動物たちのコンサートが開幕!歌にダンスに打ち上げ花火でお祭り気分を盛り上げちゃお

◆自由に顔がつくれちゃう!?福岡市美術館でツペラ ツペラの世界観を楽しもう

豊田市(愛知県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS