熱狂的な祭り魂に火がつく!青森の「まるごとねぶた体験」で、ラッセラーの声と迫力ある楽器演奏に圧倒されよう!【青森】

あそびのジャンル
タグ

青森の夏の風物詩といえば、ねぶた祭り。巨大な山車を引き回し、勢いよく響く「ラッセラー」の掛け声。そして耳に残る笛や手振り鉦の音色。どこをとっても心が湧き立ち、思わず夢中になる魅力がたっぷりですよね。その盛り上がりを目の当たりにして「一度は自分も参加してみたい」と思った人も多いのでは?

お祭り本番をより楽しみたい人におすすめなのが、「星野リゾート 青森屋」で7月1日からスタートする「まるごとねぶた体験」。2023年は8月1日から7日まで「弘前ねぷたまつり」、8月2日より7日まで「青森ねぶた祭り」の開催がすでにアナウンス済み。体験に参加して事前に踊り方や文化を予習しておけば、お祭り本番がさらに楽しい時間になるはず!

青森ならではの濃ゆい文化をたっぷりと楽しめる温泉宿「星野リゾート 青森屋」。最大の特徴は、通年でねぶた祭りを体験できること。屋内エリアで毎晩21:00から繰り広げられる「みちのく祭りや」では、青森の祭りにかける想いや物語を学べるのはもちろん、パフォーマンスエリアではねぶた師が手掛けた本物の山車が勢いよく登場し、ゲストの心をわし掴みにします。

そんななか、8月31日まで期間限定で開催されるのが「まるごとねぶた体験」。6歳から12歳までの子どもが対象で、ねぶたの素晴らしさをたっぷり実感できる数々のアクティビティに参加できるんです。お祭り期間に青森の街中に飾られる灯籠を作れる「金魚ねぷた絵付け体験」や、祭りで使われる楽器を練習できる「お囃子体験」など、ここでしか味わえない貴重な体験が勢揃い!

お囃子体験では、「みちのく祭りや」の出演スタッフが丁寧にレクチャー。お囃子の基本の一節を覚えることを目指し、手振り鉦や締め太鼓の演奏を練習します。だんだんと上手くなっていく我が子の真剣な眼差しを、パパママはしっかりと目に焼き付けておきましょう!

「金魚ねぷた」を作ってお囃子の練習が終わったら、次は祭りの熱気を家族全員で再現する「かだるべ!ねぶたファミリー」に挑戦!先ほど練習したお囃子を奏でる「囃子方」から、巨大な山車を動かす「曳き手」に、扇子を持って指示を出す「扇子持ち」。さらには「ラッセラー」の掛け声とともに跳ねて祭りを盛り上げる「跳人」に扮して、お祭りがスタート! 

もちろん衣装の貸し出しもOK。「跳人」の衣装で威勢よく跳ねて踊れば、あっという間にねぶたの世界へとダイブできるはず。「ラッセラー」の掛け声もあがるので、ぜひ家族みんなで思いっきり声を出してくださいね。

夏の思い出づくりにぴったりな「青森屋」のねぶたアクティビティ。夏休みの宿題にするもよし、本番前の予習として参加するもよし。ぜひ家族で本場の熱気を体験してみてください!

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆雨の日限定!凸凹の山道を走行して水たまりにザブン!「星野リゾート トマム」で迫力満点のダーティーバギーを体験しよう【北海道】

◆最大20%OFFのお得プランで宿泊!1周年記念の“桜グランピング”でお花見・ご当地BBQ・いちご狩りと大満足の家族旅行へ!【茨城】

◆GWは海辺の映画鑑賞で大興奮!グルメにバザー、遊びブースとイベント盛りだくさんの「逗子海岸映画祭」へ出かけよう【神奈川】

三沢市(青森県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS