絶叫スライダーに大量の水が降り注ぐ巨大バケツ、流れるプールまで!新エリアが登場した「よみうりランド」で今年の夏も大はしゃぎ【東京】

あそびのジャンル
タグ

夏の水遊びといえば海や川でのアウトドアが定番ですが、子ども連れなら安全・安心なプールも外せませんよね。流れるプールに身を任せたり、ウォータースライダーで大絶叫したりと、豪快な水飛沫を浴びて大はしゃぎできる夏休みの醍醐味です!食事・休憩・トイレ・着替えスペースなどが充実している環境なのも親子にとってはありがたいところ。

今年の夏も思いっきりプールで遊びたいなら、よみうりランドの「プールWAI(Water Amusement Island)」を要チェック!この夏に総工費10億円をかけたアスレチックエリアが新登場し、7月1日のオープン前から話題沸騰中なんです。

遊園地よみうりランドの「プールWAI」は、プールやスライダーなどの水遊びに特化した専用エリア。全長250mもの「流れるプール」をはじめ、ビーチ感覚で過ごせる「波のプール」、約3mもの高さから飛び込める本格派「ダイビングプール」、泳ぎも楽しめちゃう「スイミングプール」など、遊びや目的別でプールを選べるのがうれしいポイントです。

さらにスライダーは、4人乗りのゴムボートで高さ24.5mから滑降する「ジャイアントスカイリバー」(700円)に、無料の「スラロームスライダー」「直線スライダー」と3種用意されています。

そして2023年に大注目なのが、新エリア「わいわいジャングル」。アスレチックエリアの名の通り、思いっきり体を動かして水遊びを楽しめる仕掛けがいっぱい!最大の目玉は2,300Lもの水が勢いよく13m上から降り注ぐ東日本最大級の巨大バケツ!ダイナミックな水の勢いと水飛沫をその身に感じれば、誰もが笑顔になれるはず。

さらに70個を超える水遊びギミックもあちこちに配置!ぴゅっと突然水が出てくる水鉄砲や、小型バケツ、噴水など、子どもたちがずっと遊んでいたくなる仕掛けがたっぷり用意されています。全長13.4mの「レッドスライダー」、全長52mの「パープルスライダー」など、新たに5つのスライダーが仲間入りしています。

子どもの目がキラキラするであろう「それいけ!アンパンマンプール」では、「かびるんるんの谷のスベリ台」「バイキンじょうの滝」 に加え、4年ぶりに「ジャムおじさんのパンこうじょう」「SLマンのふわふわスベリ台」が復活!子どもたちの「待ってた〜!」にしっかりと応えてくれます。

もちろん「ナイトプール」も合計37日間実施。17:30から20:30までと、仕事・学校終わりに立ち寄れるのもいいですよね。エリアもダイビングプールを除く全エリアに拡大され、よりゆったりと過ごせるように進化しました。

プカプカ浮かんで癒されるもよし、家族で映え写真の撮影に集中するもよし。いろいろな楽しみ方があなたを待っています。大幅にパワーアップした「プールWAI」で、ぜひ最高の夏を満喫してくださいね!

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆まるで南国!?ビーチが目の前の海チカグランピングで乗り放題のSUP体験や豪快BBQを満喫して夏を遊び尽くそう【鹿児島】

◆今年の夏こそサーカスデビュー!空中ブランコや大車輪、綱渡りにドキドキ間違いなし!「さくらサーカス」で圧巻の超人技を堪能しよう【大阪】

◆見て・ふれて・描いてアートを体験!「チームラボ」がつくる光と音の空間で地球の息吹を感じよう【北海道】

稲城市(東京都)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS