我が子のチャレンジ精神に火をつける!10泊11日の「NAME CAMP 2023」で忘れられない夏の大冒険へ出発【愛媛】

あそびのジャンル
タグ

夏といえば、キャンプをはじめとするアウトドアアクティビティのベストシーズン!雄大な星空やとっておきのキャンプ飯、川・山・森を散策する冒険など、忘れられない時間を過ごすのにぴったりです。

とはいえ、キャンプを始めたばかりのパパママのなかには「もっと本格的な経験を子どもにさせてあげたい」「プロがそばにいてくれたら…」と不安を感じる方もいるはず。ならば、その道のプロと一緒に10泊11日のテント泊や狩猟まで全部盛りで体験できる「NAME CAMP 2023」に参加させてみてはいかがでしょうか?

8月3日よりスタートする「NAME CAMP 2023」は、小学4年生から中学3年生までの子どもたちだけが参加できるキャンププログラム。愛媛・足摺宇和海国立公園を舞台に、総移動距離約55kmの大冒険が始まります。ルートは宇和海、鬼ヶ城山系を7つ登頂し、目黒集落へと戻ってくるコースです。

衣食住を自分たちの手で整えながらの生活となるので、テントを立てたり、燃料の木を集めて火をおこしたり、ご飯をつくったりするのはあたり前。地元の農家や漁師さんを訪問して“生きるための食”を学ぶので、収穫や狩猟、養殖業体験もプログラムに入っています。

テント泊をしながら、渓流の岩肌を滑るキャニオニングや、約40kmの距離をマウンテンバイクで進む体験にもチャレンジします。参加する仲間との絆やチャレンジ精神を育むなど、まさに初めてばかりの10日間を過ごせます。

最大の難関は、1泊2日かけて海抜0mから標高1,226mまで登りきる縦走登山。険しいルートながらも、美しい眺めを一望したり、ブナ林を歩いたりと、登山ならではの感動を味わえるのが魅力です。森の多様性に富んだ姿が目に焼きついて、きっと忘れられない時間になるはず!

日本キャンプ協会のライセンスを持つメンバーをはじめ、野外教育の専門家や地元の学生たちらが子どもをフルサポート。わからないことがあったら積極的に聞ける環境はうれしいところ。火おこしや山歩きのコツなど、子どもたちの「もっと知りたい!」という気持ちを後押ししてくれるはず。

なお、小学1年生から3年生向けの3泊4日の「NAME CAMP Junior」(110,000円)も、8月20日〜23日までの日程で初開催。こちらは沢登りや登山、テント泊に炊事とぎゅっとコンパクトな内容です。

キャンプ終了後にひと回り成長した我が子に会ったら、その凛々しい顔つきにパパママもびっくりするはず。楽しい、おいしい、疲れた、大変…全てひっくるめての大冒険。この夏にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう?

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆まるで天空の遊び場?!飛ぶ・跳ねる・登るを全部楽しめる屋内型アトラクション「アソビウム」に新アクティビティが仲間入り【静岡】

◆海チカ・オーシャングランピングが今アツい!「KAINO VILLA」で採れたて海の幸とマリンアクティビティを楽しもう【兵庫】

◆カラフルクライミングにマシュマロジャンプ、ボールプールまで!期間限定の「森と海のナイトアドベンチャー」で夜の海を大冒険しちゃお【愛媛】

南宇和郡愛南町(愛媛県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS