日本の夏といえば浴衣に金魚、それから妖怪?美しい「百段階段」で妖怪と幻想的な灯りのコラボアートを見に行こう【東京】

あそびのジャンル
タグ

蒸し暑い日々が続くと、心も体も涼しくなれる場所へお出かけしたくなりますよね。夏を感じながら心地良く過ごせるお出かけ先を探しているなら、7月1日(土)〜9月24日(日)に開催される「和のあかり×百段階段2023~極彩色の百鬼夜行〜」へ行ってみませんか?

東京都指定有形文化財の「百段階段」は、7つの会場に99段の長い階段廊下が繋がる木造建築。イベント期間中は百段階段が妖怪たちの練り歩く百鬼夜行の舞台に変化します。籠染灯籠の影が床を染める幻想的なあかりと生け花とのコラボレーションをはじめとした、華やかな展示は必見です。今年の夏は妖怪たちが息を潜める美しいアートの中で、身も心もひんやりとする体験を楽しみましょう。

百段階段では、季節ごとにさまざまな展示イベントが開催されます。今年の夏は「極彩色の百鬼夜行」をテーマに、美しい光のアートと妖怪たちが共演。光のアートに導かれながら中へと進むと、今回の企画展のために作られたオリジナルの音楽や香りが漂う妖しい空間が広がります。時には風を感じたり、心安らぐ清々しいアロマが香ったりと、五感を刺激する演出が盛りだくさんです。

会場には不思議な妖怪や鬼たちが息を潜めており、階段を登っていくと現世から異界へと入り込んでいく美しくも妖しいストーリーが展開されます。

古の時代に言い伝えられた「百鬼夜行」は、鬼や妖怪たちが深夜にねり歩き、その姿を見た者には災いがふりかかるとされていました。さまざまな姿かたちの妖怪たちに遭遇しながら階段を登り切った先には、いったい何が待っているのか…ぜひ自分の目で確かめてみて!

会場には「籠染灯籠」や「名古屋ちょうちん」など、伝統的な技法を使った新しい発想の作品が集合。なかには日本の夏らしいモチーフである「柳井金魚ちょうちん」や「平塚七夕飾り」も登場します。全国のガラス作品や生花をはじめ、陶芸、木工、鋳物など多彩な作品がずらり。「江戸風鈴」や「まよけ猫鈴」など、思わず家に飾りたくなる工芸品がセットになったオンラインチケットも発売中です。

なお、百段階段のある「ホテル雅叙園東京」では、6月12日(月)~9月30日(土)の期間限定で、約250種類から選べる浴衣とレストランでのお食事がセットになった「浴衣プラン」を販売しています。企画展をお気に入りの浴衣姿で巡ったあとは、おいしい食事を味わう贅沢なプランで夏をより楽しんでみてください。

<文=宮本沙織>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆動物をもっと身近に感じる企画展!「大好き 印象の動物・鳥・昆虫」で芸術性溢れるキュートな動物画を見に行こう【京都】

◆ラグーナテンボスの巨大プールが今年もオープン!流れるプールや大波ライド、水上迷路にムードたっぷりのナイトプールで大はしゃぎ【愛知】

◆北欧風キャビンが新登場!本格派サウナにグリルBBQと楽しみいっぱいの「In the Outdoor白浜志原海岸」で心がほぐれる自然体験へ!【和歌山】

目黒区(東京都)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS