布のアート作品やショップが街のあちこちに登場!国内唯一の布の芸術祭「FUJI TEXTILE WEEK 2023」で富士山を見ながら秋の散策を楽しもう【山梨】

あそびのジャンル
タグ

秋になると美術や音楽など芸術をテーマにしたイベントが増えて、子どもと一緒にさまざまなアートに触れてみたくなりますよね。今年は11月23日から12月17日まで開催される「FUJI TEXTILE WEEK 2023(フジテキスタイルウィーク)」に参加して、めずらしい布が織りなす珍しいアートを体験してみませんか?

イベント期間中は織物産地の事業者と国内外アーティストがコラボした作品をはじめ、さまざまな展示が登場する「アート展」や、通常は入れない建物の屋上などを開放する富士見塔ツアー「FUJI SKY ROOF(フジ スカイ ルーフ)」など、街のあちこちで楽しい催しが行われます。富士山の麓で美しい景色と芸術に触れる1日を過ごしましょう。

FUJI TEXTILE WEEKは、2021年よりスタートした山梨県富士吉田市にて開催される国内唯一の布の芸術祭です。一番の見どころは、国内外から集まったアーティスト12人の作品が展示されるアート展。テキスタイルをテーマにした作品や、織物産地の事業者とのコラボ作品など、貴重な展示が数多く登場する予定です。富士吉田市がもつ景観の魅力を活かしたアートをはじめ、見たことのない作品にきっと出会えるはず。

アート展の舞台となるのは、地域が抱える課題でもある街の空き家や工場跡地です。国内外12のアーティストの作品が、今はもう使われていない建物に展示され、誰も居ない場所に新しい息吹を吹き込みます。家族で楽しく街を散策しながら、美しい織物や富士山の文化に触れてみましょう。

「デザイン展」では、現在地域内で保管されている数百点を超える資料の中から、厳選された生地や羽織、過去に使われていた道具を展示。明治・大正期頃に現在の富士吉田周辺地域で織られていた織物「甲斐絹(かいき)」をはじめ、さまざまな織物が作られていたこの産地ならではのアートを楽しめます。現代では復元が不可能といわれている甲斐絹には、当時の物語や人々のメッセージも織り込まれています。作った人に想いをはせながら、色とりどりの織物を鑑賞しましょう。

イベント期間中には、産地のファクトリーブランドの商品が並ぶマーケットも開催されます。家族で買い物も楽しみたいなら、地域の織物工場の倉庫に眠っていた布などを販売する織物産地ならではの蚤の市「B TAN マーケット」がおすすめです。ここでしか買えない貴重な布が手に入っちゃうかも?

芸術祭の開催期間は、11月23日から12月17日までと約3週間程度。気になる方は今から秋冬の予定をチェックして、とても珍しい布の祭典に参加してみてはいかがでしょうか。

<文=宮本沙織>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆ガイド付きツアーで初心者でも安心!立山連峰のふもとで開催中の「立山冒険ライド」ならe-バイクで里山を冒険できちゃうぞ【富山】

◆愛犬とグランピングに行くなら「yamagata glam(ヤマガタグラム)」へ!わんちゃん専用宿泊プランでアウトドアがもっと楽しくなる【山形】

◆「カワスイ」が恐怖の水族館に!怖〜い話にクルーも本格ホラー仮装でお出迎え!夜は限定カクテルも味わえるハロウィンイベントを開催中【神奈川】

富士吉田市(山梨県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
アソビュー!のアプリをダウンロードして
週末のお出かけをもっと便利に!もっとお得に!
 
  • 1
前の記事へ 次の記事へ

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS