東京観光 おすすめスポット53選!外国人から子供、カップルも楽しめる!!

あそびのジャンル
タグ

東京には有名な観光スポットが盛りだくさん。1日では見きれないほど観光名所で溢れています。そんな東京ですので、初めて観光する際に「結局どこに行けば良いのか…」なんて悩んでしまうものです。そこで今回は、必ずおさえておきたい定番スポットから穴場スポットまでをご紹介します。各スポットの住所やアクセス方法、営業時間などもまとめてあるので、観光の際にご参考にしてみては。もちろん、東京に住んでいる方も今まで知らなかったスポットに出会えますよ。週末のお出かけにもどうぞ。

東京観光ならまずはここ!おすすめの定番スポット

 まずは東京の定番観光スポットからご紹介していきたいと思います。数々の名所から穴場までありますが、ひとまず定番といわれる観光地はまわっておきたいものですよね。また、観光をする時間があまり無い場合にも、とりあえずここだけでも見ておければOKというスポットをまとめました。

東京スカイツリー

 まずおさえておきたいのが、東京の新名所「東京スカイツリー」です。浅草やお台場からなどのアクセスも良く、王道ルートのひとつとなっています。気になる展望台は、地上350m地点の東京スカイツリー展望デッキと地上450m地点の東京スカイツリー展望回廊の2種類。せっかくなので、展望回廊までのぼっちゃいましょう。期間限定のイベントなども開催されていて、いつ訪れても見応えがありますよ。展望台からの景色はもちろん絶景!展望レストランもあるので、デートにもぴったりです。

東京タワー

 東京の定番観光スポット「東京タワー」。高さ150mの大展望台、250mの特別展望台、塔脚下の商業ビル「フットタウン」からなる施設です。土日祝日には東京タワーを階段で登ることができたりと、楽しいイベントもたくさん開催中。また「フットタウン」には、水族館などのアミューズメント施設やカフェ、レストラン、グッズショップなどが軒を連ねており、こちらも観光にピッタリです。近年では外国人もたくさん訪れている東京タワー。一人旅だろうが、女子旅だろうが外せないスポットとなっています。

東京駅

 東京の玄関口である東京駅は、ヨーロッパの建築のような駅舎が特徴的なスポットです。観光スポットとしても見どころがたくさんあり、駅内ではショッピングやグルメなどが楽しめる施設、「らーめん横丁」といったランチやディナーにぴったりなお店もあります。また、全国から新幹線が乗り入れるということもあっておみやげの種類も豊富。そして東京駅内には「東京ステーションホテル」があり宿泊もできるという充実ぶりです。

六本木ヒルズ

 東京の新たなランドマークとして2003年にオープンした「六本木ヒルズ」は、今や東京の主要な観光スポットの一つです。主な施設は、六本木ヒルズ森タワーを中心に映画館「TOHOシネマズ」や、ランチもできる「ヒルズカフェスペース」、展望台「東京シティービュー」など、デートや友達同士で楽しめる施設がたくさんあります。さらに六本木ヒルズの森タワーには、現代アートを中心に展覧会を開催している「森美術館」が入っており、外国人を含む観光客に人気です。

歌舞伎座

 歌舞伎座は、日本の伝統芸能「歌舞伎」専用の劇場です。東京メトロ日比谷線・都営浅草線「銀座駅」から徒歩1分とアクセス抜群。座席数2,000弱を誇る劇場で見る歌舞伎は、まさに圧巻の一言で外せないスポットといえるでしょう。特に外国人観光客には一度見てほしいものです。また歌舞伎座では、季節替わりのお弁当も売られており、幕間に座っている座席で楽しめるのも嬉しいポイントのひとつ。ぜひ足を運んでみてください。

築地市場

 東京都中央区にある公設の卸売市場「築地市場」。規模は日本のみならず世界最大。多くの外国人観光客が連日訪れるスポットでもあります。築地市場には「場内」と「場外」と呼ばれるエリアがあり、なんと1,000店以上の専門店が集結しています。そんな、「日本の台所」と呼ばれるにふさわしい市場内を見学できるツアーがあるのはご存知でしたか?マグロのセリなどを間近で見学できるとあって、訪れた人はこぞって参加するという人気ぶりです。

歌舞伎町

 東京都新宿区の繁華街「歌舞伎町」は、東洋一の歓楽街とも呼ばれており、日本の観光地でも特に有名なスポットです。「眠らない町」とも呼ばれており、夜中でもネオンが煌々と輝いているこの街には、ラーメン・焼肉・居酒屋などの飲食店が集結している他、遊戯施設、ライブハウスなどエンターテインメントも充実しています。また、歌舞伎町といえば「ホスト」の聖地としても知られており、街のいたるところで見られるギラギラなネオン看板は歌舞伎町ならではの光景といえるでしょう。最近では、歌舞伎町の新名所としてロボットレストランなども誕生し、さらに外国人観光客からの人気を集めているエリアです。

皇居

 東京都千代田区にある「皇居」は、天皇の平常時における宮殿・住居となっている場所です。皇居の広さは東京ドーム約25個分。周囲はぐるっと堀に囲まれていて、その横に整備された歩道はジョギングなどを楽しむランナーの聖地になっています。皇居内には天皇皇后両陛下の住居である御所や、諸行事を行う宮殿、宮内庁関係の庁舎などが点在。一般人の参観には諸条件があり、事前の申請が必要です。ぜひ立ち寄りたい場所ですが、内部を見学したい場合は事前に参観申し込みなどをしておくようにしましょう。

雷門

 シンボル的存在でもある浅草の「雷門」。浅草寺へ向かう最初の門である雷門には、両側に風神雷神が鎮座しています。そして、真ん中には雷門の文字が入った大提灯。記念撮影のスポットとしても最適なスポットです。雷門の大提灯は、高さ3.9m、直径3.3m。そして驚くべきは重さです、重さはなんと700kgもあるんです。そして意外と見落とされがちなのが、大提灯の底にある龍の彫刻。多くの人は気づかず素通りしてしまいますが、実は大提灯の下には浅草寺を守る神様のひとつとして龍神の姿が彫刻されているのです。そんな大提灯がある雷門の隣には、浅草で人気の日本最古の天ぷら屋さん「三定」もあるのであわせて楽しむのがオススメです。

国会議事堂

 あまり観光スポットというイメージは無いかもしれませんが、国会議事堂も立派な東京の観光スポットのひとつです。日本の中枢ともいえる国会議事堂は、みかげ石で作られた左右対称の美しい外観が特徴的。また、平日であれば誰でも国会の中の衆議院・参議院を見学することができます。参観窓口で手続きをすると、本会議場や皇族室などを1時間ほど案内してもらえます。普段は踏み入れることのない世界を覗けるのも、醍醐味といえるのではないでしょうか。

竹下通り

 今や日本のポップカルチャーの聖地となっている「竹下通り」。場所は原宿駅竹下通り口を出てすぐの場所にあります。個性的なファッションの街として広く知られており、通りにもポップなお店が立ち並びます。営業時間は10:00~21:00のお店が多く、ショッピングをするのに張り切っている方は時間に遅れないようにご注意ください。また、年間を通して多くの外国人観光客や修学旅行生などが訪れるスポットです。さらに、週末や休日、夏休みなどの長期休みになると混雑はピークに。ピーク時の混雑はなかなかのものなので、クレープ屋などは朝9時半頃にはもう多くの人が訪れています。

両国国技館

 東京都墨田区にある「両国国技館」は、言わずと知れた相撲の聖地です。1万人を超えるキャパシティがあるこの施設は、大相撲興行の他にもボクシングや格闘技の試合、アーティストのコンサートでも使われることがあります。また、年間を通して大相撲に関するイベントや興行が行われているので、意外と気軽に観戦できるのも魅力のひとつ。東京へ観光で訪れた際には、ぜひ一度相撲の聖地・国技館で生の大相撲を観戦してみてはいかがでしょうか。

レインボーブリッジ

 東京の観光名所として知られる「レインボーブリッジ」は、東京都港区芝浦地区と台場地区を結ぶ巨大な吊橋です。レインボーブリッジの名で知られていますが、実は正式名称は「東京港連絡橋」といいます。レインボーブリッジを鑑賞するなら、台場公園(第三台場)からのビューポイントがおすすめ。レインボーブリッジがよく見えるだけでなく、見え方もキレイで写真撮影のポイントとしても人気です。また、首都高をドライブしながらレインボーブリッジを通るのもオススメです。東京の美しい夜景が窓の外を流れていくのを眺めているだけでも楽しいですよ。

お台場海浜公園

 砂浜や磯がある海浜公園「お台場海浜公園」。お台場海浜公園の砂浜からはレインボーブリッジと東京タワーを一度に望むことができます。夜になるとライトアップされたレインボーブリッジと東京タワー、そして静かに波打つ海がロマンチックな雰囲気を作り出します。デートにぴったりなスポットです。さらに、園内の展望デッキからは東京の夜景が大パノラマで目の前に広がります。また、お台場海浜公園からシンボルプロムナード公園を結ぶスカイウォークからは、自由の女神像を間近で観ることができます。記念写真の撮影などにもオススメな定番スポットです。

フジテレビ本社ビル

 「フジテレビ本社ビル」は、東京都港区台場にあるフジ・メディア・ホールディングスが保有するビルです。フジテレビのスタジオの他にも屋上庭園や、球体展望室「はちたま」などがあります。こちらの展望室と、めざましテレビの収録スタジオは有料で一般公開されています。台場に観光で訪れた際は思い出作りにぜひ足を運んで見ましょう。

東京のレジャースポット5選!子供と楽しみたい遊び場を紹介

 東京は観光名所となっているスポット以外にも、有名なレジャー施設が盛りだくさん!日帰り入浴が楽しめる「ラクーア」や「大江戸温泉物語」、様々なアトラクションが体験できる「東京ドームシティ」、サンリオのキャラクターたちに会えるテーマパーク「サンリオピューロランド」など、テーマパークから温泉、体験施設までが揃っています。子供連れやデートでも楽しめる施設ばかりですので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

東京ドームシティ

 野球場とその周辺を合わせた「東京ドームシティ」は、広大なスペースを持つレジャー施設です。日本初のドーム型球場の東京ドームをはじめ、遊園地の東京ドームシティアトラクションズ、スパ(温泉)施設のラクーア、東京ドームホテル、ウインズ後楽園(JRAの馬券売り場)、後楽園ホール、ボーリング場など、カラダに刺激を与える遊びの施設がいっぱいあります。

サンリオピューロランド

 東京多摩市にある「サンリオピューロランド」は、サンリオの人気キャラクターたちに会える屋内型テーマパークです。全てのアトラクションやレストランが屋内にあるため、雨などの天候にも左右されずに観光を楽しめるのが魅力です。サンリオの世界をより体験できるエリア「サンリオタウン」では、ハローキティ、マイメロディ、リトルツインスターズのそれぞれの世界を体験することができます。その他にも本格的なミュージカルやパレードを上演していて、子供から大人まで楽しめるスポットです。

お台場・大江戸温泉物語

 東京の人気日帰り温泉施設の「お台場・大江戸温泉物語」。場所は江東区青海にあり、お台場からもほど近いので、お台場観光とあわせて楽しむのがオススメです。

 日本初の温泉テーマパークを謳っているだけあって、江戸の街並みを再現した館内はまさに遊園地のようです。そして「タイムスリップ」をテーマにした館内には楽しい仕組みがたくさん。


 館内入口では用意された数種類の浴衣の中から好きなものを一つ選び、それに着替えてのんびりと過ごすことができます。泉質は弱アルカリ性温泉で、神経痛や筋肉痛、関節痛、疲労回復などに効果があるとされています。


そのため、観光の疲れを癒やすのにもぴったりなスポットです。日帰り入浴だけでなく、宿泊も可能なので、観光の拠点として利用するのもおすすめです。

浅草花やしき

 浅草花やしきは、1853年に開演した日本で最も古い遊園地。下町・浅草の中にあり、昭和の雰囲気を満喫できます。浅草花やしきに行ったら必ず乗っておきたいのが、日本最古のローラーコースター。近所の住宅の近くをすり抜ける様子は、普通のジェットコースターとは違ったスリルを味わうことができます。

 また、スカイツリーが近くにあるので、さまざまなアトラクションに乗りながらその姿を眺めることができます。他にもお化け屋敷や、立体迷路など、花やしきならではのアトラクションが充実。不定期開催ですが、遊園地の真ん中でハナヤシキプロレスリングが開催されています。タイミングがあえば、ぜひレトロなプロレスを楽しんでみてください。

パレットタウン

 お台場にある大規模娯楽複合施設「パレットタウン」。施設内には屋内総合アミューズメント施設「東京レジャーランド」や、お台場や東京の夜景が一望できる観覧車「パレットタウン大観覧車」、国内外の一流アーティストのライブが開催される「ZeppTokyo」、車の様々な楽しさを見て、乗って、感じる事ができる体験型テーマパーク「MEGA WEB]など、様々なレジャー施設が集結しています。また、18世紀ヨーロッパの街並みを再現した情勢のための美しいテーマパーク「VenusFort」なども人気です。多種多様な施設が集まる様相は、まさにカラフルなパレットのよう。お台場観光の際にはぜひ立ちよてみては。

東京の水族館・人気動物園!最先端の施設も充実

 注目したいのは有名スポットや東京ならではのグルメスポットなどですが、水族館や動物園もおすすめです。特に東京の水族館はどこも最新の施設が充実しており、それぞれ個性的な展示が展開されています。そのため、動物園や水族館も楽しむにあたって外せないスポットです。そこで、ここでは東京のおすすめ動物園と水族館をご紹介します。観光だけでなく、もちろんデートにもおすすめですよ。

すみだ水族館

 東京の観光名所「東京スカイツリー」のふもとにある「すみだ水族館」は、”いのちのゆりかご〜水 そのはぐくみ〜” をコンセプトに、都市にいながら「いきもののいのち」とそれをはぐくむ「水」を体感することができる水族館です。「東京諸島」の海をテーマに、小笠原の海を再現した東京大水槽や、 ペンギン・オットセイを間近に見られる屋内開放プール型水槽など、見どころ満載。他にも、芸術性の高い自然水景や、癒しのクラゲ水槽などが備えられています。21時まで営業しており、運が良ければペンギンたちの寝顔を見ることができるでしょう。スカイツリー観光とともに楽しんでみては。

東京都恩賜上野動物園

 日本で一番歴史のある動物園「東京都恩賜上野動物園」は、2012年3月に開園130周年を迎えました。展示方法が工夫されている「ゴリラ・トラのすむ森」「クマたちの丘」などのエリアをはじめ、ヤギやウサギ・モルモットなどにふれあえるこども動物園や、両生爬虫類館などがあり観光客に人気。

 また、「世界三大珍獣」と呼ばれるオカピ・コビトカバ・ジャイアントパンダのエリアも多くの観光客で賑わっています。国内でここだけのアイアイ・フィリピンメガネザル・フォッサ・ジャワマメジカなど、世界の多様な動物たちが飼育・展示されているのも特徴。2011年10月にオープンした新施設では、ホッキョクグマやアシカ・アザラシが泳ぐ姿を間近に見ることができます。

東京都葛西臨海水族園

 「葛西臨海水族園」は1989年、東京都江戸川区の葛西臨海公園内に開園した人気の観光スポットです。公園内には鳥類園も併設されています。 「葛西臨海水族園」でまず目を引くのは、地上30.7メートルにもなる大きなガラスドームです。

 この下では、2,200トンのドーナツ型の大水槽「大洋の航海者」で群泳するクロマグロや、太平洋、大西洋、インド洋など世界の魚や生物が展示される「世界の海」、国内最大級のペンギン展示場で泳ぎ回るかわいらしいペンギンの姿など、600種を超える世界中の海の生き物たちを見ることができます。

アクアパーク品川

 品川駅高輪口から徒歩2分ほどの場所にある水族館「アクアパーク品川」は、新幹線が止まる品川駅からすぐの場所にあるので観光にピッタリの水族館です。館内は1階と2階にフロアが別れており、全部で11のエリアに様々な海の生き物たちが暮らしています。アクアパーク品川で特に注目すべきはイルカショーです。直径25mの大型円形プールで繰り広げられるイルカショーは圧巻。さらに、模様が映し出されるウォーターカーテンや光の演出がショーを更に盛り上げます。季節によってプログラムが違い、昼と夜でもショーの内容が異なるので、いつ訪れても飽きることはありません。

東京のグルメ&ショッピングスポットを紹介!買い物とグルメを満喫

 東京にはアウトレットやショッピングモールなどの大型商業施設が数多くあります。殆どのショッピングモールには日本全国から集められた個性豊かなレストランが豊富に入っているので、買い物と同時に食事も楽しめます。また、食べ歩きが楽しめる商店街などが豊富なのも特徴です。専門的なお店が集まってる商店街などもありますので、目的に合わせたショッピングを楽しんでみてください。ここでは、東京のショピングスポットとグルメスポットをご紹介します。

東京ソラマチ

 新名所「東京スカイツリー」のふもとに広がる商業施設「東京ソラマチ」。館内には312店舗にも及ぶ雑貨やファッション、などのショップが立ち並ぶ他、ファッションブランド発のお洒落な限定カフェや、限定タワー系グルメなど、東京ソラマチならではの魅力が盛りだくさん!浅草やお台場など、東京の観光名所からのアクセスも抜群なので、東京スカイツリー観光とあわせて楽しんでみてはいかがでしょうか。すみだ水族館やプラネタリウムも併設しており、デートにもピッタリですよ。

池袋サンシャインシティ

 東京・池にある複合商業施設「池袋サンシャインシティ」。館内には水族館や展望台、ナンジャタウン、プラネタリウム、レジャー施設、アルパ・アルタなどのショッピングセンターが入っていて観光客にも人気スポットです。池袋サンシャインシティの中でも特に人気のスポットはサンシャイン水族館やコニカミノルタプラネタリウム満天など。都会の真中に居ながら、本格的な水族館や星空が楽しめてしまいます!また、まもなくサンシャイン60にオープンするスカイサーカスも注目を集めていますよ。デートで訪れたいスポットのひとつです。

赤坂サカス

 「赤坂サカス」は、東京都港区赤坂にある複合施設です。赤坂サカスエリアには赤坂BLITZや赤坂ACTシアターなどのライブハウスや劇場、様々なショップ、カフェ、レストランなどがあります。また、テレビ局TBSのお膝元ということもあり、TBSの番組関連グッズのショップがあるほか、番組関連イベントなでも年間を通して数多く開催されています。ぜひ立ち寄りたいスポットのひとつです。

東京ミッドタウン

 東京・港区赤坂にある「東京ミッドタウン」は、広大なグリーンゾーンと6つの建物からなる複合都市です。住所上では赤坂となっていますが、最寄り駅は六本木駅もしくは乃木坂駅が便利です。ミッドタウン内にはオフィスビルやショッピングセンター、ホテル、美術館、ホール、医療機関、駐車場、公園など、多種多様な施設がひしめきあっています。洗練された都会の雰囲気を持つ東京ミッドタウンは、外せないスポットといえるでしょう。年間を通じて、シーズンに合わせたイベントなども開催されています。

表参道ヒルズ

 表参道ヒルズは、話題のショップやレストランが並ぶ商業施設。有名ブランドの店舗はもちろん、最先端のファッションを取り扱うセレクトショップや、個性的な雑貨を取り扱うお店、おしゃれな雰囲気のレストランなど、東京っぽさを存分に感じることができるスポットです。東京の人気観光エリアのひとつ「原宿」からも徒歩すぐの場所なので、観光の際に立ち寄るのもオススメです。

 また、有名な建築家・安藤忠雄氏によって設計された建物も個性的で、建物の中が表参道の坂道の傾斜に合わせたスロープになっています。建物の中を歩いているだけでも、楽しめるスポットです。

アメ横(アメヤ横丁商店街)

 アメヤ横丁商店街、通称「アメ横」は、上野と御徒町の間を結ぶ通りに沿った商店街。年末になると、海産物や乾物のたたき売りが行われている様子がテレビで中継されるので見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 アメ横はイメージ通りの食料品店はもちろん、さまざまな商品を取り扱う個性的なお店が並びます。輸入コスメのディスカウントショップや古着店などが多くあり、アメ横ならではのオトクな買い物を楽しむことができます。リーズナブルな居酒屋や、食べ歩きできるフードも充実。買い物もグルメも満喫できる、活気あふれるアメ横。上野を観光するなら外せないスポットです。

渋谷109

 渋谷を観光する際に見ておきたいスポットのひとつ「渋谷109」は、渋谷にあるファッションビルです。「マルキュー」の愛称で知られ、10〜20代の女性向けアパレル店舗が多く入っています。若者の最先端の流行の発信地であり、ギャル系からガーリー、セクシー、個性派まであらゆるテイストのファッションが揃います。ショップ店員でありながら雑誌などで活躍する「カリスマ店員」が働いているのも特徴。初売りやバーゲンの時には入店のために行列ができるほど混雑し、お祭りのような盛り上がりをみせます。

虎ノ門ヒルズ

 虎ノ門ヒルズは、2014年に東京都港区虎ノ門にオープンした超高層ビルです。階数は地上52階、高さは247mにも及びます。施設内には芝生広場のある庭園やガーデンハウス、国際会議場、オフィス、カフェ、レストラン、ホテルなどが。また、施設内の至る所にさりげなく施されたモダンアートが都会的で上質な空間を演出しています。

47階から52階には日本初進出のホテル「アンダーズ東京」が入居。特に最上階の52階には、セミオープンテラスから東京の夜景を一望しながらお酒に酔いしれることができるルーフトップバーなどがあり、上質な時間を過ごすのにピッタリです。

ほかにも15店舗以上のレストランやカフェがあり、気軽に入れるお店もたくさんあります。観光に訪れた際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ダイバーシティ東京

 「ダイバーシティ東京」は、東京都江東区青海にある複合商業施設およびオフィスビルです。屋上を含めた9階から構成されており、「ユニクロ」や「H&M」、「ZARA」などのファストファッションを扱っているお店や、「ガンダムフロント東京」、「Zepp DiverCity」、「ラウンドワン」などのエンターテインメント施設が充実していることから観光客に人気のスポットとなています。またフードコートには「築地 銀だこ」や「洋食や 三代目 たいめいけん」、「日本橋 天丼 金子半之助」など、バラエティー豊富なお店が入店しており家族連れに人気です。

谷中銀座

 「谷中銀座」は、東京都台東区谷中にある、古きよき時代の下町の雰囲気を残した商店街です。商店街には、様々な業種のお店約70店舗が全長170メートルにわたって軒を連ねています。谷中名物のメンチカツを片手に、店先で売っている生ビールを飲みながら歩くのは谷中散歩の鉄板コースをたのしんでみてください。

 他にも、谷中特有のスイーツや江戸民芸品、陶磁器やガラス器を扱っているお店を多数見かけ、珍しくてついつい長居をしたくなる商店街。また日暮里駅方面から歩き出し、徐々に増え始めるお店を抜けると視界が開ける場所「夕焼けだんだん」があります。夕日の名所と知られており、寺町の風情と重なるそのスポットはとても懐かしい気持ちになるスポットです。

東京の公園&庭園!緑あふれる東京のオアシスを紹介

 東京の人気観光スポットはどこも人が多く、ずっといると疲れてしまうという方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、東京都内の各所に設けられている広大な公園や庭園です。どの公園も園内はとても広く自然が溢れていて、人混みもありません。さらに桜や紅葉など、四季折々の草花が見事に咲き誇ります。新宿御苑や代々木公園、日比谷公園、井の頭公園などは、東京の人気観光地からもアクセスが良く、観光の合間にちょっと休憩なんて使い方もできますよ。

上野公園

 「上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)」は、東京都台東区にある公園です。上野公園の愛称でも知られ、観光客にも人気のスポットとなっています。また、武蔵野台地末端の舌状台地「上野台」に公園が位置していることから、「上野の山」とも呼ばれています。公園内には東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館、恩賜上野動物園などの文化施設が建っています。また彫刻家高村光雲作の西郷隆盛像があることでも知られている公園です。また、高台となっている忍ヶ岡は、近世からソメイヨシノの名所としても有名であり、日本さくら名所100選に選定されています。桜の開花時期になると、大勢の花見客が押し寄せることで有名です。

新宿御苑

 新宿駅から歩いて10分程の場所にある「新宿御苑」。苑内には様々な植物が植えられており、春は桜、秋は真っ赤な紅葉など、東京の真ん中で四季折々の自然を感じられます。新宿にいることを忘れるような、穏やかで静かな空間です。新宿御苑周辺も落ち着いた環境になっていて、お洒落なカフェなども数多く軒を連ねていますので、あわせて散策を楽しんでみるのもオススメです。新宿駅から歩いて直ぐなので、観光の合間に立ち寄るのもいいでしょう。

代々木公園

 東京都・渋谷区にある大型の公園「代々木公園」。代々木公園は東京ドーム11個分の広さを誇ります。原宿駅や代々木公園駅、渋谷駅、明治神宮前駅などからすぐにアクセスできることもあり、老若男女問わず多くの人が集まる公園です。春夏秋冬様々な花が咲き、春にはお花見、秋には紅葉狩りと、季節に合わせた過ごし方ができるのも魅力のひとつ。園内にはバスケットコートやドッグラン、サイクリングコースやレンタルサイクル、バード・サンクチュアリ、噴水広場などの施設があります。

日比谷公園

 日比谷公園は、東京都千代田区にある公園。最寄り駅は、東京メトロの日比谷駅、都営地下鉄の内幸町ですが、銀座からも徒歩10分ほどと観光の合間に立ち寄りやすい場所にあります。

 園内には池や花壇、林など自然がいっぱい。また、野外音楽堂や日比谷公会堂、図書館などの施設が揃っています。野外音楽堂で人気のミュージシャンがコンサートを行う時は周辺で「外聞き」を行う人が多く見られます。気になるアーティストが、日比谷野外音楽堂、通称「野音(やおん)」でライブを開催する時に足を運んでみてはいかがでしょう。

国営昭和記念公園

 「国営昭和記念公園」は、東京ドーム約40個分もの広さを誇る日本を代表する国営公園です。緑あふれる都会のオアシスとして地域内外の人々から愛されています。園内にはプールやフットサルコート、こどもの森、ドッグラン、レストラン&カフェ、売店などた合計45の施設が点在。また、四季を通して園内の様々な花が美しく咲くのも魅力です。季節の花に応じたイベントなども開催されています。秋には紅葉が美しく、冬には大規模なイルミネーションで園内が彩られるなど、観光にも適した公園です。

井の頭恩賜公園

 「井の頭恩賜公園」は、東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる都立公園です。1917年(大正6年)に開園したこちらの公園は、三宝寺池(石神井公園)・善福寺池と並び、武蔵野三大湧水池として知られており、桜が綺麗に咲くことから日本さくら名所100選にも選ばれています。
通称は「井の頭公園」。テレビやドラマ、映画などでも頻繁にロケ地として使われるので、日本の中でも有名な公園のひとつといえるでしょう。春には桜、秋には紅葉が美しく、ボートをこぎながらそれらを眺めるカップルがよく見かけられます。

東京の神社とお寺を紹介。東京屈指のパワースポットを訪れよう

 東京に観光で訪れたなら、美術館や博物館に足を運んでみてはいかがでしょうか?東京都内には、かつて東京の街並みを織り成していた建物が展示されている「江戸東京たてもの園」、洗練されたハイセンスな芸術と出会える場所「森美術館」、様々な科学や国宝にふれられる「東京国立博物館」や「国立科学博物館」など、様々な展示施設が集合しています。東京を観光しながら、東京の歴史や洗練された芸術に触れてみてください。

国立科学博物館

 「国立科学博物館」、通称“科博(かはく)”は上野公園の中にあります。コレクション数は350万点以上。「人類と自然の共存をめざして」をテーマにしている博物館です。人類や動物たちの進化、自然環境の変化、科学技術の歩みについてなど、総合的な展示を行っています。
特に、「自然史」と「科学技術史」に関する研究は世界でもトップクラスだそうです。敷地内には、平成16年11月にグランドオープンした「地球館」と、平成19年4月に改装が終了した「日本館」があります。「地球館」と「日本館」は、実際に展示物を手で触れることができるユニークな展示方法が特徴です。

東京国立博物館

 「東京国立博物館」は、明治5年(1872年)に開館した日本で最古の博物館です。日本を中心とする東洋の美術作品と考古遺物を収蔵しています。国宝と重要文化財を含む収蔵件数は11万件以上。

 本館では日本の美術を、東洋館ではアジアの美術・考古遺物を、平成館1階では日本の考古遺物を、法隆寺宝物館では法隆寺献納宝物が展示されています。黒田清輝の作品を展示する黒田記念館は、2015年1月にリニューアルオープン。表慶館は特別展・イベント開催時のみ開館しています。

国立西洋美術館

 「国立西洋美術館」は、西洋の美術作品を専門とする美術館です。松方コレクションをもとに1959年に設立されました。ル・コルビュジエ設計の本館では、ロダンの彫刻と中世末期から18世紀末頃までに活躍した作家の作品が展示されています。
新館では、松方コレクションを中心とした19世紀半ばから20世紀初頭にかけてのフランスの近代絵画と第二次世界大戦後の絵画が展示されています。展覧会を年に2〜3回開催している企画展示館も人気です。

森美術館

「森美術館」は、六本木ヒルズ森タワーの最上階、地上約230mにある美術館です。館内には、現代アートを中心にさまざまな作品が展示されています。絵画や彫刻、建築、ファッションなど、ジャンルにとらわれることなくさまざまな企画展を行っており、 訪れるたびに斬新な現代アートに触れることができる人気の美術館です。

国立新美術館

 日本で5館目の国立美術館として六本木にオープンした「国立新美術館」。コンセプトは「森の中の美術館」としており、ガラス張りの館内にはやわらかい陽の光が差し込み、リラックスして過ごしやすい空間になっています。また、国立新美術館は、コレクションを持たず、多彩な展示会や美術に関する情報や資料の収集を行っているのも特徴のひとつです。空間自体が魅力的なので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

日本科学未来館

 日本科学未来館は、人気の観光エリアお台場にある科学博物館。宇宙飛行士の毛利衛さんが館長を務めることで知られています。先端科学に触れることができる展示が揃い、体験型の展示を楽しみながら科学に親しむことができます。

 科学未来館に行ったら必ず見ておきたいのが、「ジオ・コスモス」。宇宙から見た地球の様子をじっくりと観察することができます。ほかにもプラネタリウムを楽しめるドームシアターや、実際に動くASIMOを見られるロボット実演、パーソナルモビリティ(一人乗りの移動機器)UNI-CAB(ユニカブ)への体験乗車など、ワクワクするような展示が盛りだくさんです。

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

 「三鷹の森 ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)」は、平成13年10月、三鷹市の井の頭恩賜公園内にオープンしました。「となりのトトロ」や「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」など、アニメーション映画を制作したスタジオジブリの世界観が体験できる美術館です。
アニメーションの仕組みや制作過程が学べる展示室、図書閲覧室のほか、オリジナル短編アニメーションの上映なども行っています。入館は完全予約制になっているので、チケットは事前に手に入れておく必要があります。

江戸東京たてもの園

 「江戸東京たてもの園」は、東京の歴史的建造物を復元・移築・保存し展示する目的でオープンした野外博物館です。場所は当許都小金井市にある小金井公園の園内。たてもの園内は、センターゾーン、東ゾーン、西ゾーンのは3つのエリアに分かれています。
展示されている建物は、高い文化価値がありながらも現地保存できなくなった江戸時代から昭和初期にかけての建物です。その数は30棟にも及びます。時代や建てられた場所が違うため、様式や見た目もそれぞれに異なる歴史建築が一堂に会しているのはちょっとした壮観。都心からは若干アクセスしにくいものの、一度訪れる価値のある観光スポットです。

有名な神社やお寺でパワーをもらおう!東京のパワースポット

東京には明治神宮や浅草寺、靖国神社、東京大神宮など、全国的に有名な神社やお寺が点在しています。特に明治神宮や靖国神社、浅草の浅草寺などは、新宿や渋谷など東京の主要な観光エリアからも近く、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。ここでは、そんな東京のパワースポットをまとめてご紹介します。パワーをもらいに行ってみてはいかがですか?

明治神宮

 「明治神宮」は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、大正9年(1920年)11月1日に創建されました。 鬱蒼と茂った緑したたる常磐の森は、神宮御鎮座にあたり、全国から献木されたおよそ10万本を植栽した人工林です。初詣は例年日本一の参拝者数を集める神社としても知られています。 そのほか、大相撲横綱土俵入りや、こどもの祭まで幅広い祭典と行事を行っています。

浅草寺

 浅草といえば五重塔や雷門の大提灯を連想する方が多いのではないでしょうか?そんな名所が集まっている浅草の人気観光スポットが「浅草寺」です。浅草寺は東京都内最古の寺としても知られています。国内外から年間3000万人が訪れるスポットですが、この数字からもいかに浅草寺が人気かというのが伝わってきますね。

 江戸文化発展の中心地にもなっており、周辺には未だに当時の面影を残す街並みがひろがっています。これぞ江戸といった景色や雰囲気がたのしめるので、初めての方にもおすすめのスポットです。季節ごとにほおずき市や羽子板市などの行事が行われ、大晦日から三ヶ日にかけては多くの屋台と参拝客で賑わいます。このシーズンも、江戸の活気を感じられるのでおすすめですよ。

靖国神社

 「靖国神社」は、明治以降の日本の戦争や内戦において政府・朝廷側で戦歿した軍人らを祀っている神社です。都内屈指の桜の名所としても知られており、3月下旬から4月上旬にかけての花見シーズンには多くの屋台と花見客で賑わいます。また、東京都の桜の開花宣言は靖国神社の境内にある3本ののソメイヨシノを基準にしています。また、靖国神社では毎年7月に開催されるみたままつりが人気です。期間中は盆踊り大会やみこし振り奉納芸能などが行われます。

湯島天神

 関東を代表する天満宮「湯島天神」は、学問の神様として知られている菅原道真公を祀る天満宮です。正式名称は「湯島天満宮」といいます。学問の神様である菅原道真公を祀ってるだけあって、受験シーズなどになると多くの受験生で賑わいをみせます。また、亀戸天神社、谷保天満宮とともに関東三大天満宮としても知られています。学業以外にも勝運や縁結びにも高いご利益を発揮するとされています。ここ一番の大勝負の前などに参拝に訪れる人も多い、東京屈指のパワースポットです。

東京大神宮

 東京大神宮は、飯田橋にある神社。伊勢神宮の御祭神を祀っており、「東京のお伊勢さま」とも呼ばれています。縁結びに御利益がある場所として、多くの人で賑わっています。週末には、参拝客で行列ができることもあるほどの人気スポットです。良縁や恋愛成就のかわいいお守りが多数あるのも特徴。

あなたの知らない東京へ!

 いかがでしかたか?東京観光でハズせない超定番をズラリと並べましたが、意外と知らない(行ったことがない)場所もあったのではないでしょうか?東京を旅する人はもちろん、ここに住んでいる人もぜひ足を運んでみてください。

前の記事へ 次の記事へ