節分で逃げてきた鬼よ、ウェルカム!「妖怪美術館」が鬼リゾートに様変わりする「鬼まつり2024」と「節分お疲れ様会」が気になる!【香川】

あそびのジャンル
タグ

2月3日は「節分」。恵方巻きをもぐもぐと頬張ったり、勢いよく豆を投げて無病息災を願ったりと、イベントがいっぱいですよね。とはいえ、毎年「鬼は外!」と退治される鬼の立場って考えたことありますか? 

「彼らは節分後にどこにいくの?」そんな素朴な疑問に真っ向から答えてくれるイベントが「妖怪美術館」にて開催中なんです。その名も「鬼まつり2024」。しかも節分の翌日には「節分お疲れ様会」も実施。鬼じゃないけど、これは参加してみたいかも!

アソビュー!でお得なチケットをチェック

2023年に引き続き開催される同イベント。今回もテーマを「鬼リゾート」とし、多角的な視点で来場者に鬼の魅力を紹介してくれます。開催の背景には妖怪文化を通じて“多様性を認める寛容な心持”の大切さを伝えたいとの想いがあったからなんだとか。確かに妖怪って種類や個性がいろいろ。さまざまな価値観と他者を想いやる心を育めそうですよね。

会場では、鬼が主役のサービスやコンテンツを用意。たとえば「鬼割引」ならば、ツノなどをつけて鬼仮装で訪れれば入館料が400円(中高生は200円)も割引に!

展示会場も鬼パワーアップ!思わず見入ってしまう超絶技巧の造形物から、ユーモラスなオブジェまで「鬼の隠れ宿」として所蔵アイテムを一挙公開します。さまざまな鬼が集まり、旅館風の和室にまったりリラックスする彼らの姿をぜひ楽しんでみて。

さらに、鬼になりきって撮影ができる「鬼になれるフォトスポット」も用意。大定番のトゲトゲ付きの棍棒や虎柄衣装など「鬼になれるグッズ」を使ってハイポーズ!「鬼の隠れ宿」内の和室で撮影する際は、ぜひ浴衣をチョイス。リゾートでちょっぴり癒され中の鬼の姿を激写できますよ。

館内でのひと休みには、期間限定の鬼スイーツに鬼サイダーがおすすめ。「赤鬼・青鬼どっちにする?」なんて、普段絶対しない会話もできるはず。「鬼の指クッキー」や「鬼堅いクッキー」をつまみながら、鬼ブレイクを楽しんで!さらに参加無料の「鬼の目」作成の謎解きイベントなども実施します。

そして節分翌日の「節分お疲れ様会」では、頑張った鬼たちによる来場者を笑顔にするイベントが目白押し。節分で追い出された家へのお詫びと感謝を込めた「ご縁投げ」では、お菓子や商品が窓から降ってきて参加者全員大興奮間違いなし!

香川の観光マスコットキャラ「親切な青鬼」がゲスト出演する「泣いた赤鬼」では、紙芝居・寸劇・ライブを合わせたユニークなショーを開催。さらにジェスチャーを当てる「ゆるキャラゲーム」など、傷心の鬼の心がほっこりと癒されるイベントを多数用意。

鬼気分になって、多角的に鬼の魅力を楽しめる節分シーズンの「妖怪美術館」。ちょっとでも気になったら、きっと鬼が向こう側から「おいでおいで」とアナタを呼んでいる証拠ですよ!

アソビュー!でお得なチケットをチェック

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆迫力満点のさまざまな“勝負シーン”が登場!北斎館の企画展「いざ、勝負!」で北斎の描く勝負の世界を堪能しよう【長野】

◆陸にいながらダイビングを体験!「南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国」の「レックダイブ」がこの春リニューアル【愛知】

◆2月3日・4日の限定ショー!400機のドローンが夜空を舞う「WAKAYAMA LIGHTS」でこの冬最高の思い出を作ってみない?【和歌山】

小豆郡土庄町(香川県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

  • 1
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS