2月下旬まで見ごろが続く!小田原フラワーガーデンの「渓流の梅園」で、一足早く春を感じてみませんか?【神奈川】

あそびのジャンル
タグ

ちんまり&ぽってりとしたお花に芳しい香り、厳しい寒さの中で春の訪れを感じられる花といえば、そう、紅白の梅ですよね。その穏やかなで控えめな美しさに、思わずほころびはじめた蕾や咲き誇る花を見上げては「春、もうすぐだなぁ」なんて、春の気配を感じたことは誰もがあるのではないでしょうか。

そんな梅の開花を関東でいち早く眺められる場所をご存知でしょうか?「小田原フラワーガーデン」の「渓流の梅園」では、なんと梅が見ごろを迎えています。関東最多数となる約300品種500本の梅と出会いに、これは急いで行かなくっちゃ!

梅の見ごろに合わせて3月3日まで開催中の「梅まつり」。期間中は無休で開園し、いつ訪れてもじっくりと観梅を楽しめます。同園は標高約113mのなだらかな斜面に立地しており、「渓流の梅園」では丹沢の山々を借景に絵画のような景色を眺められるのが大きな魅力です。珍しい芝生張りの梅園は、足元も含めた全体で絵作りされているんですよ。

さらに2024年は、テーマを「紅梅 〜あでやかな花梅〜」とし、梅の鑑賞だけでなく豆知識も伝授。実は紅梅と白梅は花のカラーではなく、“木の幹を切断した際の断面の色で区別している”など、意外と知られていない見分け方法などを教えてもらえます。クイズラリーや解説ボードで楽しく学べば、紅梅に対する知識をより深められちゃいますよ!

また、期間中はイベントも盛りだくさん。2月18日の11:00からは、先着30名に植物管理を担当するスタッフによるガイドを、25日の10:00からは、10組限定で梅の香りをイメージした「うめのほほえみ」ミスト作りなどを開催。

2月23日には「着物の着付け・レンタルサービス」(3,000円、要予約)も実施。着物の一式レンタルに着付け、つまみ細工の和飾りクラフト体験の全部入りで、春の園内を着物姿で優雅に歩けます。

さらに、着物来園者にはおしるこの試飲サービスも実施。併設のテイクアウトカフェ「ハイビスカス」にてゆであずきたっぷり&白玉入りのおしるこをプレゼント。寒梅を眺めながら、体に染みる甘さの一杯はきっとおいしさも格別なはず。

なお、園内では小田原特産品の「実梅」が味わえる期間限定メニュー「梅まつりそば」(700円)も提供中。梅肉とかまぼこを使ったまさに小田原のおいしいがぎゅっと詰まったおそばでお腹を満たせます。ほかにも梅干しやカリコリ梅なども販売。いずれもお土産にぴったりですよね。

現在、早咲きの梅は見ごろを迎え中で、中咲き・遅咲きと順々に咲き進んでいます。2月の下旬まで見ごろが続く「渓流の梅園」。ちょっと足を伸ばして、春の訪れを感じに訪れてみてはいかがでしょう。

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆全身泥んこになって、音楽・ヨガ・自然の恵みを味わおう!夏限定の「泥フェス」で心と体をリフレッシュ!【千葉】

◆フットゴルフとグランピングを一度に楽しめる!「キャメルゴルフ&リゾート」でアウトドアな1日を楽しもう【千葉】

◆雪上花火から音楽LIVE、スノーボード体験会に焚き火まで!「NEKOMA MOUNTAIN FEST」には冬を満喫できるイベントが目白押し!【福島】

小田原市(神奈川県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

  • 1

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS