小豆島に新たな妖怪スポットが誕生! 小豆島大観音の足元にあるカフェで楽しむ妖怪彫刻ギャラリー「怪廊」展が気になる!【香川】

あそびのジャンル
タグ

ちょっぴり怖いけど、つい気になっちゃう。子どもたちの心を掴んで離さない“妖怪”。瀬戸内海・播磨灘の小豆島には、「妖怪美術館」などの妖怪をテーマにしたスポットがあり、今ファミリー層を中心に人気を集めています。

そんな小豆島に、新たな妖怪スポットが誕生!島のシンボルともいえる「小豆島大観音」の境内にあるカフェ「仏陀茶房Happy」のギャラリースペースにて、妖怪彫刻家・武本大志氏による「怪廊」展が開催されます。

「滝夜叉姫」が奥に控えるギャラリーには、大迫力の妖怪たちがズラリ。怖いけどちょっとかっこいい妖怪彫刻の世界へ、さっそく足を運んでみましょう!

高さが約60mあり、遠くからでもその姿を確認できる「小豆島大観音」。優美な立ち姿は、“世界一優しい観音様”とも称されています。大観音様の中には14,000体もの観音像が納められており、エレベーターで最上階までたどり着くと、お釈迦さまの歯が収められている場所を拝観できる、小豆島一の観光スポットとしても知られています。

お寺のテーマは「幸せ」であり、大観音様の足元にあたる場所にあるカフェ「仏陀茶房Happy」も、そのテーマを体現する場所。ゆっくりとくつろげる店内にはギャラリースペースが設けられており、今回の「怪廊」展の舞台にもなっています。

「怪廊」は、妖怪をテーマにさまざまな彫刻作品を生み出す作家・武本大志氏が、2023年11月まで小豆島の「大部港」の待合所に展示していた「境目」の作品を移設し、リプロデュースした企画展。「仏陀茶房Happy」のギャラリーの細長い回廊のような形を巧みに活用した展示となっており、まるで妖怪の世界へ誘われるような没入感が味わえるんです。

入り口に掲示されているのは、『とおりゃんせ』の歌。歌詞のとおり、奥で待つ「滝夜叉姫」には、モノノケの道を通らなければ出会うことができません。

「夜叉丸」や「風神」、「蜘蛛丸」、そして能面を被った「滝夜叉姫」。まるで来場者を待ち構えているように佇む彼らを見て、子どもたちは何を感じるのか。親子で感想を伝え合うのも面白いかもしれません。

もちろん、展示の前後に「妖怪美術館」を訪れるのもおすすめ!妖怪たちの醸し出す怪しい美しさに、子どもだけでなく大人も魅了されてしまうこと間違いなし!ぜひこの機会に、家族で小豆島を旅行してみてはいかがでしょうか?

<文=藤間紗花>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆本格派ロウリュウからこだわりの焙煎コーヒーまで!土サウナ&コーヒーで五感を刺激する癒しの古民家宿がオープン【富山】

◆南紀白浜の海と青空の絶景を独り占め!温泉・サウナ・BBQ付きの「シオサイテラス」でとっておきの贅沢時間を過ごしてみない?【和歌山】

◆那覇空港からヘリに乗って空中散歩へ出発!大切な人に「ヘリギフト」を贈って感動を届けてみない?【沖縄】

小豆郡土庄町(香川県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

  • 1
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS