浜松 観光地48選!定番から穴場まで名所を徹底解説

あそびのジャンル
タグ

静岡県の浜松は言わずと知れたうなぎが名産の観光地です。浜松で観光をする時には、うなぎを食べて、浜松城を見るだけというイメージの方も多いのではないでしょうか。実は浜松には魅力満載の観光スポットが数多く存在しています。ここでは浜松の魅力あふれる観光スポットを48か所を厳選してご紹介します。

浜松周辺の遊び一覧はこちら♪

浜松観光の鉄板スポット!楽しみいっぱい、浜松のレジャースポット8選!

東京と大阪の中間地点にあり、東西からのアクセス良好な浜松エリア。温暖な気候が特徴で、外遊びのレジャーを満喫できます。浜名湖畔にある遊園地・浜名湖パルパルや生き物との触れ合いが楽しめる動物園や花鳥園など、魅力的なスポットばかり!天竜川河口にはキャンプ、浜名湖にはフィッシングができる施設もあるので、レジャーとともに水辺の自然風景もたっぷり味わえます。

浜名湖パルパル

浜名湖パルパルは、浜松市西側に位置する遊園地です。浜名湖観光とセットで家族連れに人気のスポットとなっています。絶叫系アトラクションから、小さなお子様が楽しめるアドベンチャー系の乗り物までが充実しており、浜名湖を一望できる観覧車は特にオススメ。夏季にはプールも営業しています。

浜松市動物園

浜松市動物園は舘山寺総合公園内にある施設です。 霊長類の数は、国内の動物園では最大級。休日はウサギを抱っこしたり、ポニーとの写真撮影など、イベントが目白押しです。エサやり体験で動物との触れ合いも楽しめます。浜松市フラワーパークに隣接しており、共通入園券も販売されています。

掛川花鳥園

掛川花鳥園は、花と鳥とのふれあいをキーワードにしたテーマパーク。フクロウやトキなど、大温室で放し飼いされている鳥のほか、水辺にはペンギンやハクチョウ、ペリカンなどがいます。エサやりなどで鳥たちとふれあえます。浜松から関東へ向かう途中に寄るのにもぴったりの施設です。

竜洋海洋公園オートキャンプ場

竜洋公園オートキャンプ場は、天竜川の河口にあるキャンプ場です。通年温暖な気候のエリアで、地中海の高級リゾートを連想させるような、芝生が心地よく広がっています。トレーラハウスやコテージには充実した設備があり、手ぶらでもアウトドアライフを満喫することが可能です。調理器具やバーベキュー用品などの貸し出しアイテムも充実しています。

ぬくもりの森

ぬくもりの森は浜名湖近くにある、おとぎの国のような複合施設です。建築家・佐々木茂良氏がおよそ20年かけて建物を増やし、レストラン、グッズショップ、ミュージアムなどが揃った街となりました。日本にいることを忘れてしまうようなメルヘンな空間は、何時間でも居続けたくなります。

浜名湖フィッシングリゾート

浜名湖フィッシングリゾートは養鰻場を改装して設立されたトラウトの管理釣り場で、2000年の12月にオープンしました。静岡県西部で最大規模のフィッシングエリアです。2002年の夏には池を大中小の3つに改装しています。地下380mから汲み上げるミネラル豊富な冷鉱泉に塩水をブレンドし、たくさんの魚達に最適な水質にしています。釣った魚は持ち帰りできる他、バーベキューで味わうこともできます。

アクティ森

アクティ森は、静岡県西部・森町にある体験型施設です。里山の自然が堪能できる広大な敷地には、アウトドア体験フィールドや創作体験工房、レストランや特産物販売所などが配されています。伝統工芸の和紙漉きや草木染め、陶芸など、楽しめる体験がたくさん揃っています。

浜名湖遊覧船

浜名湖遊覧船では、浜名湖の観光スポットをクルージングで楽しめます。舘山寺港・フラワーパーク港と瀬戸港を往復する奥浜名湖周遊コース(往復60分・片道30分)と、舘山寺港発着で舘山寺温泉を周遊する30分コースがあり、浜名湖付近の四季の彩りを味わえます。また星空観察や花火鑑賞、初日の出鑑賞などの体験クルーズもあり、その時期ならではの浜名湖を満喫できます。

産業観光スポットやお城、絶景など!よりどりみどりで楽しめる、浜松の観光スポット15選!

遠州の小京都とも言われ、昔ながらの自然がたっぷり残る遠州森町や、雄大な天竜川、汽水湖として日本一の長さを誇る浜名湖などがある浜松。自然豊かな景観が楽しめるエリアですが、車や楽器の生産で、産業地として発展してきた一面も持っています。産業観光スポットをめぐって、各産業と地域とのつながりを感じてみるのも旅の一興です。

うなぎパイファクトリー

昭和36年に誕生したうなぎパイ。その歴史を知ることができる施設がうなぎパイファクトリーです。手作りにこだわった味の秘密を工場で見学できます。カフェサロン、売店などもあり、見て、食べて、聞いて楽しめます。お土産も買えるので、浜松観光の際に訪れたいスポットの一つです。

長坂養蜂場

長坂養蜂場は、奥浜名湖エリアの三ヶ日にある養蜂場です。養蜜を半世紀以上行っていて、自然とミツバチに優しい養蜂方法を取り入れつつ、純粋なはちみつの採取に取り組んでいます。はちみつ以外の糖を加えたり、人工的にはちみつの純度を作り上げたりなどは一切せずに、商品を製造しています。木のぬくもりが感じられる店舗で、はちみつスイーツやはちみつ飴など、こだわりのはちみつ商品を購入できます。

アクトシティ浜松(アクトタワー)

民間と浜松市の施設が一体化しているアクトシティ浜松。大&中ホール・コングレスセンターがあるAゾーン、オフィスやホテル・専門店街があるBゾーン(アクトタワー)、展示イベントホールがあるCゾーン、楽器博物館・研修交流センターがあるDゾーンの4つに分類されている複合施設です。

浜松城

永禄11年、徳川家康が攻略し、17年間在城した浜松城(当時は曳馬城)。江戸幕府300年の原点となった城は、出世城とも呼ばれています。家康は、元亀元年に岡崎城から本拠を移し、天正5年には城を拡張、地名とともに名を浜松城と改めました。その後、廃城を経て、昭和33年に天守閣を復興。3階展望台からは浜松市街の大パノラマが眺望できます。桜の名所としても人気があり、天守閣周辺は公園となっています。

掛川城

掛川城は、室町時代に駿河の守護大名の今川氏が家臣の朝比奈氏に命じて築城させました。東海の名城として江戸時代に栄えましたが、明治2年に廃城。平成6年に天守閣が再建されました。日本初の本格木造天守閣は見ものです。付近には四季桜やしだれ桜が植えられ、季節の彩りを堪能できます。

浜松市美術館

浜松城公園内にある浜松市美術館。市制60周年を記念して、県内初の公立美術館として開館しました。江戸時代から現在までの作品を収集したガラス絵は、全国的にも有数のもの。絵具をガラスの裏側にのせて描かれた中国から伝わったガラス絵も収蔵しています。企画展や特別展も見ものです。

秋野不矩美術館

秋野不矩美術館は、二俣町生まれの秋野不矩(あきのふく)画伯の作品を所蔵、展示している美術館です。西洋の様式を日本画に取り入れて作品を描いた秋野不矩は、50代になるとインドに魅せられました。風景や自然、寺院などをモチーフにインドの風土を描いた作品も残しています。美術館は緑に囲まれた丘の上にあり、木をふんだんに使った建築も見ごたえがあります。館内では靴を脱いで自由に楽しめるスタイルを提供しています。

浜松科学館

浜松科学館は、科学に「見て、ふれて、ためして、学べる」施設です。常設展示やプラネタリウムの他、参加体験型の展示もあり、身体全体で化学と自然の不思議を味わえます。新型ロボット「ブルー夢」とのゲームなど、楽しみが尽きない施設です。展示物を端末で案内するサービスもあります。

天竜浜名湖鉄道

国の登録有形文化財に登録されている天竜浜名湖鉄道。県西部地方のローカル鉄道であり、レトロかつモダンな観光スポットです。車窓からは天竜川をはじめ、浜名湖やお茶畑、自然豊かな森のトンネルなど、浜松市の魅力を堪能できます。転車台・鉄道歴史館見学ツアーが毎日開催されています。

佐鳴湖

静岡県浜松市にある佐鳴湖。湖の周囲は約6kmあり、公園や遊歩道を整備。豊かな自然を眺めながら、ウォーキングやランニングが楽しめます。周囲を効率的に回ることができる「おすすめモデルコース」をたどると、蜆塚遺跡や、四季折々の動物や植物を見られます。道中にはトイレや東屋があるので、休憩しながらコースを満喫できます。

天竜川

天竜川は、長野県の諏訪湖が水源の川です。愛知県の一部をかすめ、静岡県の磐田市と浜松市の境目になっています。昔は暴れ天竜と言われており、ダムが多数建築されました。静岡県では、遠州天竜舟下りが満喫でき、周囲の彩り豊かな自然を楽しめる観光スポットになっています。

佐久間ダム

天竜川を堰き止める佐久間ダムは、電源開発会社発足後の初事業として造られた歴史的なダムです。大規模な土木機械を導入して建設され、ダム工法に革新をもたらしたと言われています。ダム建設によって形成された佐久間湖は、ダム湖百選に選ばれた他、天竜奥三河国定公園にも指定され、風光明媚な姿を見せてくれます。周辺には天竜川をはじめ、ダムについて学べる佐久間電力館などの観光スポットがあります。

竜ヶ岩洞

竜ヶ岩洞は、総延長1046m、一般公開およそ400mの巨大な鍾乳洞。神秘に満ちた2億5千万年前の地底世界を垣間見れます。所要時間30分ほどで、慈母観音や乳白色のつららが見られる白蝋の間などの見どころが巡れます。なかでも落差30m、地底の滝として日本最大級の黄金の大滝は必見です。

航空自衛隊浜松広報館 エアーパーク

航空自衛隊浜松基地の中にある航空自衛隊浜松広報館 エアパークは、見て体験して楽しめる、日本唯一の航空自衛隊のテーマパークです。航空自衛隊が実際に使用した戦闘機や支援航空機を展示格納庫にて展示しており、一部の航空機では操縦席の着座もできます。資料や装備品などが見られる展示資料館と、大スクリーンでパイロット気分が楽しめる全天周シアターも設置しています。

スズキ歴史館

スズキ歴史館は、二輪車や四輪車のスズキの製品や技術、歴史を提示している企業博物館です。館内には、時代と一緒に歩み続けた同社製品や現在の車づくりの様子などが展示されていて、3階から2階、1階へのルートで見学するようにつくられています。1時間30分ほどで楽しめる展示内容です。スズキ坊やと一緒に工場見学ができる3Dシアターも設置されています。

浜松周辺の遊び一覧はこちら♪

思いっきり遊ぶもよし、のんびりと過ごすもよし!浜松のオススメ公園5選!

浜松市とその周辺には、自然をたっぷりと味わえる公園があります。浜名湖花博の跡地にできた浜名湖ガーデンパークなど、広大な敷地を持った公園は、家族連れにもオススメ。ここでは厳選して5つの公園をご紹介します。天守閣を取り囲むように公園が整備されている浜松城公園では、浜松城の見学も楽しめます。美味しい空気を味わいながら、公園でのびのびと遊んでみませんか

小笠山総合運動公園エコパ

小笠山総合運動公園エコパは、広大なスポーツパークです。269ヘクタールもの園内には県下最大のエコパスタジアムやトレーニングルーム、サブアリーナやエコパアリーナなどが設けられています。スポーツだけでなく森林浴など、季節の彩りも楽しめる観光施設です。

 

浜名湖ガーデンパーク

浜名湖ガーデンパークは、浜名湖花博の跡地にできた都市公園です。湖畔の美しい景観をたくさんの花とともに楽しめます。5ヘクタールもある緑地広場がメインの西側エリア、町のエリア、里のエリアの3つから構成されています。花の美術館や水遊び広場、展望塔など多様なスポットがある他、遊覧船でガーデンクルーズも催行されており、何回来ても楽しめる大型公園です。

浜松城公園

浜松城公園は、浜松市のセントラルパークといえるスポットです。市の中心からアクセスしやすい市街地にありながら、緑豊かな自然に囲まれています。浜松城を中心に日本庭園や芝生広場、せせらぎの池などが配され、アートを楽しめる美術館や文芸館などの文化ゾーンも設けられています。散策コース「家康の散歩道」もあり、浜松城主「徳川家康」にゆかりのある歴史旧跡を巡ることもできます。

二俣城址(城山公園)

城山公園は、徳川家と武田家が激しい攻防を行った争奪の城として知られている二俣城の周囲にあります。標高90メートルの高台にあるので、昼の眺めはもちろん、幻想的な夜景を楽しめる観光スポットとして人気です。市指定史跡にも指定されている公園は、幅広い年代の方から親しまれています。

大浜公園

大浜公園は掛川市の南部にある公園です。県立自然公園に指定されており、桜の観光名所としても知られています。頂上までの緩やかな道は、ハイキングで楽しむことができます。道中に植えられた数千本のソメイヨシノは、見事な桜のトンネルを作っており、桜の開花時期にはたくさんの花見客で賑わいます。天気の良い日には公園頂上から広大な太平洋や南アルプス連邦を一望にできます。

浜松観光のあとは温泉でほっこり!絶景を堪能できる浜松の温泉4選!

海、山、湖、川があり、風光明媚な景観が楽しめる浜松。温泉の露天風呂からその絶景を眺めてみませんか。日帰りで入浴できる施設もあり、浜松観光の後でも気軽に立ち寄れます。温泉と合わせて、うなぎやハモなどの地産グルメに舌鼓をうってみては。観光でつかれた身体を緩めて、憩いのひと時を過ごすことができます。

舘山寺温泉

浜中湖周辺に位置するかんざん寺温泉(舘山寺温泉)。14軒の宿が軒を連ね、3,000名もの宿泊が可能な温泉郷です。浜中湖の絶景を眺めながら入浴できる展望露天風呂や、流れるプールを備えた施設などが揃っています。遠州灘のフグやハモ、うなぎなどのグルメや、日帰り温泉も楽しめます。

華咲の湯

華咲の湯は浜名湖かんざんじ温泉にある日帰り温泉です。12の露天風呂を含むお風呂の総数は25もあり、静岡県最大の温浴施設となっています。大浴場は、庭園にある桧香の湯と自然石をふんだんに配した石景の湯があり、月ごとの男女入れ替り制です。源泉かけ流しの「黄金の湯」、昇温循環・ろ過・加水を施した「白金の湯」の2種類のお湯が堪能できます。浜名湖の美しい景観を一望にでき、動物園などの観光スポットも付近にあります。

弁天島温泉

浜松市の弁天島に湧いている弁天島温泉。弁天島や浜名湖の南側に浮かんでいる砂州には、民宿や旅館が点在し、観光名所として幅広い年齢層の方々に親しまれいます。弁天島南側の湖面には、朱塗りの大きい鳥居が建ち、当地のシンボルとなっています。波が穏やかな海水浴場は、潮干狩りもできて、親子連れにおすすめ。マリンレジャーやサイクリングなども楽しめます。

あらたまの湯

あらたまの湯は、豊富な緑に囲まれた日帰り天然温泉施設です。源泉掛け流しの湯が堪能できます。ナトリウム炭酸水素塩泉の「美肌の湯」といわれる泉質は、肌をなめらかにしてくれます。木々の香りが漂う森林の湯や石庭を眺めながら露天風呂に入浴できる石庭の湯があり、男女で毎週入れ替わりになっています。

家康にちなんだスポットあり!歴史を感じられる、浜松のパワースポット 神社・お寺16選!

神社やお寺が多数ある浜松とその周辺エリア。樹齢が高い巨木や由緒ある建造物は、パワースポットとして人気です。参拝するだけでなく、歴史を知ることで、さまざまな時代を生き抜いた先代達の息吹を感じることができます。神社やお寺の中には、季節の花が開花する時期に合わせて、花祭りを開催するスポットもあります。スケジュールを確認して来訪してみませんか。

浜松八幡宮

浜松八幡宮は、浜松市の中心付近にあり、樹木が生い茂る鎮守の森に静かに佇んでいます。境内はおよそ4,500坪。先人達が祭りの歴史を綿々と伝えて来た場所です。徳川家康公が祈願所として武運長久を祈ったとされるスポットには、天然記念物に指定されている「雲立の楠」があります。

五社神社・諏訪神社

諏訪神社は、坂上田村麻呂によって奉斎された神社で、後に徳川家光により現在地に遷座されました。一方、五社神社は、鬼馬城(浜松城)主の久野越中守が、城内に創建したことが始まりだと伝わります。家康が城主となった際に、現在地に遷座され、子守りや子育ての神として信仰されました。両神社は昭和37年に合祀され、昭和57年には社殿を再建。一社殿内に両社の御祭神を祀っています。社殿に施された絢爛豪華な大彫刻が見ものです。

秋葉山本宮秋葉神社

西暦709年に創建された秋葉神社は、日本各地に存在する秋葉神社の総本宮です。火伏せの神「ホノカグツチノカミ (火之迦具土大神) 」が祀られています。毎年12月に行われる火まつりでは、全国数千万人の祈りを込めて、弓の舞、剣の舞、火の舞など火を祀る催事が行われます。

小國神社

御鎮座1,450年もの歴史をもつ古社・小國神社は、福徳や海運、縁結びの神社です。古代の森と呼ばれる拝殿のある境内や大社造りの本殿が、荘厳な雰囲気を演出しています。樹齢数100年の老杉も見どころのひとつです。花の名所としても有名で、5月下旬~6月中旬には、色とりどりの花菖蒲が次々と開花します。期間中は花菖蒲まつりが開催され、鑑賞客で賑わいます。

龍雲寺

浜松市の佐鳴湖畔に広がる龍雲寺は、歴史と自然を感じられる観光スポット。今からおよそ700年前の南北朝時代に、木寺宮康仁親王によって開基されました。浜松駅より車で15分ほどの場所にありながら、境内には豊かな自然が残っています。水が湧く小川にはサワガニが住み、夏になるとホタルが舞います。北山安夫氏が造園した清浄庭には落差15mの滝があり、涼を感じることができます。

実谷山極楽寺

静岡県西部・遠州森町にある実谷山極楽寺は、あじさい寺として有名です。ヤマアジサイや十二単衣、城ヶ崎などのあじさいが6月~7月にかけて咲き誇ります。その数は1万3000株と言われ、種類は30種以上にも。あじさい祭りも開催され、境内を埋め尽くす美しいあじさいを堪能できます。

岩水寺

浜松市にある龍宮山岩水寺は、高野山真言宗の別格本山です。健康長寿や病気平癒を願った行基菩薩が薬師如来の尊像を刻んで、西暦725年に開創されました。1300年以上の歴史を持つ古刹です。本尊は天竜川の龍神様の化身とされる厄除子安地蔵で、国指定重要文化財にもなっています。厄除け、子宝安産、家内安全の仏様は、「家をまもる岩水寺」として昔から親しまれてきました。

妙立寺

湖西市にある「妙立寺」は、日蓮宗の名刹です。地元豪族の内藤金平と佐原常慶に招かれた日什上人が1386年に開山しました。宇津山城攻撃の際には、境内に家康が本陣を構えました。文化財の宝庫と言われる本堂の造りは見ものです。境内の高い場所からは、館山寺から富士山まで一望できます。

龍潭寺

龍潭寺は、行基菩薩によって773年に創建されました。徳川四天王の筆頭となる井伊直政や幕末の大老、井伊直弼などを祀っているお寺です。中国から伝えられた日本最古の印刷本となる金沢文庫三冊など、貴重な寺宝や文化財を有しています。伝左甚五郎による龍の彫刻と鶯張りの廊下、小堀遠州が作った庭園が主な見どころとなっています。

長楽寺

長楽寺は、平安時代初期に弘法大師により開かれました。陽光を受けて光輝く巨大な岩が存在し、それを霊地として堂を建設したのが始まりだと言われています。遠州三名園の1つであり、美しい回遊式庭園を有しています。ドウダンツツジの名所としても知られ、四季の彩りを満喫できます。

可睡斎

可睡斎は、徳川家康公が名付けたと伝わる古刹です。600年以上の歴史を持ち、油山寺・法多山と並び、遠州三山の1つとなっています。境内では、春先にはユリが、初夏には60種2,000株の牡丹が美しく咲き誇ります。座禅や読経、写経体験ができる修行道場があり、宿泊も受け入れています。地元の旬の食材を使った、彩り鮮かな精進料理も味わえます。

半田山龍泉寺

半田山龍泉寺は浜松市東区にあります。三方原の合戦で敗走した家康が隠れたと伝わる阿弥陀堂は、浜松市の史跡に指定されています。阿弥陀堂は建立から306年、本堂は215年以上経っており、歴史を感じさせる建造物です。寺ヨガや座禅会などを定期的に開催しており、身近に感じられるお寺です。

方広寺

方広寺は、禅宗臨済宗方広寺派の大本山で、1371年に満良親王の圓明大師無文元選禅師によって開山されました。本尊にあるお釈迦様や普腎菩薩、文洙菩薩は静岡県の文化財に、境内にある七尊菩薩堂は重要文化財に指定されています。紅葉時期には境内をライトアップして、夜間拝観を実施します。

五百羅漢

五百羅漢は方広寺の山道に鎮座している石像群です。羅漢とは正式には阿羅漢といい、究極の悟りに達した聖者のことを言います。五百羅漢は、釈迦の死後、仏典結集に集った500名の聖者に由来しています。様々な表情をした石像のなかには、自分の顔に類似したものもあると伝えられています。

舘山寺

静岡県浜松市にある舘山寺。本尊には福一万願虚空蔵菩薩が祀られています。無限の慈悲と知識を持ち、福徳と知恵を授けてくれる仏様です。境内には明治から伝わる縁結びのお地蔵様もあり、縁結びに対する願いを記載した「心と鍵の絵馬」が、お地蔵様の周辺にたくさん掲げられています。

蓮華寺

行基菩薩によって開僧された蓮華寺は、森町の中で最も古いお寺です。飛鳥時代から奈良時代にかけて建立され、この地方の文化の中心地として隆盛を長く極めてきました。現在は当時の面影は失われた小寺になっており、当時の様子を物語る豊富な古文書が残されています。

浜松周辺の遊び一覧はこちら♪

【おすすめ13選】浜松の日帰り温泉まとめ

前の記事へ 次の記事へ