KITTE(丸の内) 子供連れOKのレストランや限定グッズを紹介!

あそびのジャンル
タグ

東京駅・丸の内南口目の前に2013年3月にオープンしたKITTE。歴史ある日本郵便がはじめて手掛けた商業施設は、レトロな外観の建物の中に厳選された約100の店舗が軒を連ねています。今回は、今年で3周年を迎えたKITTEの見どころをレポートします!

KITTEとは?

1931年、東京駅目の前に竣工した旧東京中央郵便局。2007年の郵政民営化に伴い、局舎を有効活用することを目的として作られたのがJPタワー商業施設「KITTE」です。

昭和モダニズム建築を代表する歴史建築である旧中央郵便局舎を最大限に残しつつ、洗練された雰囲気を調和させた建物。その中には、地下1階から地上6階まで、全国から集められたこだわりのショップ・レストランが入っています!

 駅側は当時の局舎を活かした昭和モダンなつくり。 すぐ目の前、2012年に復原されたJR東京駅の外観とマッチして、どこか懐かしい雰囲気です。

建物の反対側は、新しく作られた部分で全面ガラス張りのつくり。時代の先端、丸の内の洗練されたイメージを感じます。

コンセプトは“Feel JAPAN”

昔から全国各地に郵便局を運営してきた日本郵便らしく、コンセプトは「日本の“心地よさ”、“奥深さ”、“愉しさ”などを体感・再認識できる場」の提供。そして「人と人、街と街、時代と時代を結び、たくさんの”ワクワク”」を届けるという意味がこめられています。

KITTEの由来

KITTEという名前には、郵便として大切な人に想いを届ける「切手」のように、商品やサービスにKITTEという付加価値を加えることでそれらに込められた想いもきちんと届ける施設でありたいという気持ちと、多くの方に「来て」欲しいという気持ちがこもっているそう。 ここからは、KITTEのコンセプトにもある『人と人、街と街、時代と時代』に注目しておすすめスポットをご紹介します!

人と人とを結ぶ空間

開放感あふれる屋上庭園

KITTEの6階に位置する屋上庭園は、面積約1,500㎡のとっても開放的な空間です。

屋上に出た瞬間に視界に入ってくる広々とした空、芝生や可愛らしい花々。 

全面シースルーのフェンスに囲まれたガーデンは空中庭園のような印象です。

ガーデンにはベンチも多く設置されていて、家族や恋人とゆっくりおしゃべりを楽しんだり、身も心もリフレッシュすることができます。なお屋上庭園では飲食禁止なのでご注意を。

また、屋上庭園からは目の前の東京駅を行き交う新幹線や在来線をじっくりと眺めることも!

屋上庭園のフェンスはシースルー素材なので、小さなお子様も思う存分電車を楽しむことができます。

屋上庭園を進んだ先に現れるこの空間は、フレンチレストラン&バー アルカナ東京のテラスCafé & Bar。

暖かい期間限定のテラス席は、2016年は4月30日からオープンしています! 木々に囲まれた空間で昼はカフェ、夜は生ビールをはじめとするワンコインメニューを多数楽しむことができます。

開放的でカジュアルな雰囲気のテラス席は、子供連れの方も大歓迎とのこと。周囲に気兼ねなく楽しむことができますね。Cafeは土日祝のみ14:00〜16:30、Barは毎日18:00〜22:30の営業です。

明るく洗練された雰囲気の店内のお席では、美味しい新鮮野菜のフレンチコースを楽しむことができます。

子どもと一緒にランチが楽しめる!KITTEのおすすめレストラン

子供と一緒のランチだと、お店選びも何かと気を遣うもの。 お子様連れでもゆったりと食事を楽しめる、KITTE内のレストランをご紹介します。

菜な

京都の伝統的なおばんざい中心のお店「菜な」。

明るく広々とした店内には、様々な種類の個室が多数用意されています。

個室は全て掘りごたつ式なので、赤ちゃんや走り回るお子さんにも安心です。

東京駅を一望できるテーブル席も。

「菜な」は、お子様連れも歓迎で、離乳食の温め等にも対応してくれるそうです。 土日のランチはほぼ満席となる人気店なので、来店の際は予約がおすすめです!ランチ予約はコースのみ対応しています。

くし路

熟練の職人の手による北海道の海鮮料理が味わえるくし路。

旧日本家屋風店内の掘りごたつ式の個室は、4人用・6人用で合計5部屋。 個室の仕切りであるふすまを開放すると、最大22名まで利用可能です。

大きな窓に面し、屋上庭園の緑と丸の内の街を見渡す気持ちの良い景色を眺めることができる個室も。

フレンドリーな雰囲気の店長さんと職人さん達が揃うくし路は、子供連れも大歓迎とのことです。

魚匠 銀平 丸の内店

その日に獲れたばかりの魚を和歌山の漁港から仕入れる、こだわりの新鮮な魚料理を楽しめるお店です。

上質な落ち着いた雰囲気の店内には、多数の半個室があります。

ボックスタイプの席も、家族連れに嬉しいポイントですね。

赤ちゃんと一緒のおでかけも安心な館内設備

バリアフリーな施設内には、多数のおむつ交換台なども完備。そのほかにも、KITTEには赤ちゃん連れに優しいポイントが数多くあります。

大きくてオムツ替えや荷物を広げるのにも便利なおむつ台は2階〜6階までの各階に設置されていますよ。

さらに、レストランが多く集まる5階には授乳室も完備されています。

広い授乳室には、おむつ台3つと授乳用の個室が2つ。

ミルクを作るスペースもしっかり用意されています。

通常のエレベーターの隣には優先エレベーターがあり、ベビーカーや車いすの方が気兼ねなく利用できる配慮を感じます。

地下には大容量コインロッカーもあるので、ママ友とのランチ会や子連れでのショッピングにも便利です。

街と街とをつなぐレストラン・ショップ

全国の美味しいものが集結するKITTEのレストラン街

KITTEには、”Feel JAPAN”のコンセプトにふさわしい、日本を感じる全国各地のレストラン・銘品が集まっています。

5階、6階、そして地下のKITTE GRANCÉ(グランシェ) には北海道から沖縄まで全国の味が集まります。

1階から4階、そして地下1階には、大切な人に送りたくなる、海外からの観光客に自慢したくなる素敵なショップがたくさん。

KITTEのオリジナル商品も多数!東京駅らしいグッズが揃うショップ

nugoo 拭う鎌倉

 明治から発展した、日本独特の技法「注染」で作る伝統的な手ぬぐいが中心のnugoo 拭う鎌倉。日本を感じるデザインからモダンな柄まで、日常を彩る商品が揃っています。

こちらのお店には、KITTEオリジナルの手ぬぐいが8種類! 真ん中の青色のポスト柄手ぬぐいは雨の日限定。是非梅雨のお出かけでゲットしたいですね。

横版の東京駅柄手ぬぐいも、KITTE記念のお土産として人気があるそうです。

中川政七商店

江戸時代の奈良に創業した、手績み手織りの麻織物を扱うお店です。

創業300年の老舗ならではの歴史ある技術と、進化し続けるセンス溢れるアイテムが集まっています。

アンジュ ビュロー

京都・河原町の雑貨店アンジェの「書斎」をテーマにしたステイショナリーショップ。アンジュ独自の美意識で日本・北欧を中心に買い付けられた文房具が並ぶ店内は、大人の上質な雰囲気が漂っています。

ひと味違った、大人な東京土産がズラリ。

東京駅をモチーフにしたオリジナル手ぬぐいがお土産にもぴったりです。

レターセットも洒落ていますね。

時代と時代をつなぐこだわり

KITTEの“時代と時代をつなぐ”というコンセプトを最もよく表しているのが、1階入口を入ってすぐのアトリウムです。 1階から5階までの開放的な吹き抜けとなっており、その吹き抜けを囲むように店舗が並んでいます。

JR東京駅丸の内駅舎側は旧中央郵便局の建物を可能な限り活用した昭和モダンなつくり。 アトリウム中央からその並びをみると、まるでレトロな街に迷い込んだようです。

壁の雰囲気や窓ガラスの黒枠も当時の面影をそのまま残しているそうです。

反対側は新しく建てられた区画です。 ちなみに、吹き抜け部分に下るボールチェーンは旧中央郵便局時代の柱の場所を表しているとのこと。当時の面影を思い浮かべながらアトリウムを見上げるのも趣がありますね。 過去と現代の時代を結びつける形となっているアトリウム。 1階のアトリウム中央エリアでは、フリーに使える机と椅子が用意されているので、雰囲気を味わいながらゆっくりと休憩するのもおすすめです。

旧東京中央郵便局長室

4階には、当時の局長室を復元した旧東京中央郵便局長室が開放されています。

当時の建材の一部がそのまま利用されているので、八角形の柱や壁などについた傷は当時のまま。歴代の局長達が眺めてきた東京駅舎を見下ろす景色も当時のままかもしれません。

ベンチが多数用意されているので、ノスタルジックな雰囲気を味わいながら、しばし時を忘れることができます。

KITTEでしか出会えないコト

東京シティ アイ

地下1階にあるのが、「東京シティ アイ」 。インフォメーションゾーン、カフェゾーン、パフォーマンスゾーン、ビジネスゾーンの4つが併設されている東京観光の情報発信拠点です。

インフォメーションゾーンには、東京や全国各地の情報も掲示されています。 さらに、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語対応のコンシェルジュカウンターでは、観光の案内・相談からそのまま宿泊予約や乗車券の手配まで行うことができます。

インフォメーションゾーンの旅行雑誌等はカフェコーナーで閲覧することも可能。 

併設のカフェでは期間限定のご当地メニューの提供もあるので、旅先の味を楽しみながら次の旅の計画をたてることもできますね。

KITTEを訪れたら手に入れたい!お土産にもぴったりな限定グッズ

KITTEには、ここででしか買うことのできない限定商品を扱うお店がたくさんあります!

CLASKA Gallery & Shop "DO"

生活雑貨を中心に、伝統工芸品から近代的なアイテムまで揃うライフスタイルショップです。少し個性的なデザインが目を引く店内では、引き出物やちょっとしたプレゼントにも気の利いたアイテムが揃います。

こちらは、ポストをモチーフにしたKITTE限定のマグカップ。

左上のトートバッグはゆるかわキャラで人気のMAMBOシリーズとKITTEがコラボした、KITTE3周年オリジナルグッズです。

H TOKYO

洗練されたデザインが並ぶハンカチの専門店「H TOKYO」。店内にはメンズアイテムを中心に、200種類のハンカチが揃っています。

KITTEオリジナルのポスト柄刺繍が入ったハンカチや同じ柄のポスト柄ブローチが手に入ります。

ハンカチは、刺繍による名入れも可能だそうです。

MUJI to GO

シンプルな生活雑貨が人気のMUJIから、旅・移動・ビジネス・遊びなどに役立つアイテムを厳選したショップです。 こちらのショップでは東京の観光スポットが載ったマップをあしらったデザインのKITTE限定バッグがゲットできます。

 JPローソン

地下1階の入口すぐにある JPローソンにもKITTE限定商品があります。 こちらはKITTEならではの、丸型ポストの形をしたポストカード。

ローソンのオリジナルキャラクター「ポンタ」とコラボしたかわいいグッズや、ポスト型キーホルダーも手に入ります!

東京中央郵便局

1階では新しくなった東京中央郵便局が営業しており、しっかりと郵便局本来の機能もあります。

郵便局内にも、トートバッグをはじめとした、数々の限定品が揃っています。ちなみに平日21時まで営業しているのはさすがです。 KITTEらしいモノ達は、大切な人へのお土産にもぴったりです!

KITTEのおすすめイベント

KITTEでは年間を通して様々なイベントが開催されています。今年の夏の熱いイベントをご紹介します。

はっきよいKITTE

8月11日(木・祝)~28日(日)、アトリウム1階に本物の相撲の土俵が現れます!昨夏人気だった、相撲の魅力を体感できるイベント「はっきょいKITTE」が今年も開催されます。KITTEのコンセプト”Feel JAPAN”らしく、東京のまんなか丸の内で日本の国技とされる相撲を、見て触って感じることのできる見逃せないイベントです。最終日の28日には、横綱の土俵入りや全幕内力士による取組が観覧できる「大相撲KITTE場所」も開催されます。

【はっきよいKITTE】
http://jptower-kitte.jp/sumo/

また、昨年度の土俵作りの様子はこちらからご覧いただけます。

【youtube】
https://youtu.be/k6xuBMoUhVY

KITTEへのアクセス

KITTEへのアクセスは、JR東京駅か丸ノ内線東京駅が最も近く便利です! 今回は丸ノ内線から向かってみました。

丸ノ内線東京駅の改札を出たら、丸の内南口を目指します。

エチカの横をすり抜け、ひたすら看板にしたがって進みます。

機関車のオブジェが印象的な、動輪の広場を通り抜けると、

KITTEの方向を案内してくれる可愛らしい柱がそこかしこに出てきます。

あっという間にKITTE入口に到着しました! 改札を出てから完全にバリアフリー、雨にも濡れない地下直通の入口です。

地上からもKITTEに入ることはできますが、横断歩道の信号待ちをしたり人の通行量も多かったりするので、雨の日や子供連れの方には地下入口が便利ですね。

KITTEはその他のどの路線からも歩いて10分以内と、非常にアクセスの良い立地です。 各路線からの所要時間は、千代田線二重橋前駅から徒歩約2分、三田線大手町駅から徒歩約4分、JR京葉線東京駅から徒歩約3分、有楽町線有楽町駅から徒歩約6分、JR有楽町駅から徒歩約6分となっています。

前の記事へ 次の記事へ