【王道】松島で食べ歩き!絶対食べるべきグルメ7選を紹介

あそびのジャンル
タグ

日本三景・松島は東北でも随一といえる観光地。美しい景色が人を魅了していますが、忘れてはいけないのが魅力たっぷりのグルメ!この記事では、松島に行ったら食べ歩きしたい王道グルメを7つご紹介します。季節に関係なく楽しめるものばかりです。

仙台周辺の遊び一覧はこちら♪

仙台から仙石線に乗って40分ほど。松島海岸駅に到着です。ここからのんびりと海岸沿いの道を歩いて、観光と食べ歩きを満喫しましょう。

こちらもチェック

松島 観光おすすめスポット12選!日本三景を満喫する名所まとめ

1.パンセの牡蠣カレーパン

松島といえば牡蠣!他にはないグルメとして一番おすすめしたいのが、パンセの「牡蠣カレーパン」です。揚げたてサクサクのカレーパンの中には、プリプリの牡蠣が2つごろりと入っています。パンセは仙台を中心に宮城県内に店舗を構えるチェーン店ですが、牡蠣カレーパンを買えるのはここ、松島店のみです。

店内には、「食べ歩きするときはウミネコに注意!」という張り紙が。景色を見ながらの食べ歩きは楽しいですが、油断するとウミネコが飛んできて、パンを取られてしまうことがあるそうです。店内にイートインできるスペースがあり、そこに座ってゆったりと食べるのもおすすめです。

2.菓匠三全のずんだシェイク

「ずんだ」は枝豆をつぶして餡状にした東北地方の郷土料理。餅のまわりにおはぎのようにしてずんだをまぶしたずんだ餅は、古くから地域の人の旬の味覚として親しまれてきました。最近ではずんだをアレンジしたお菓子が人気。特に「ずんだシェイク」はテレビ番組「マツコの知らない世界」でも取り上げられ、人気が爆発しました。

お店があるのは「萩の月」などのお菓子も作っている「菓匠三全」の店舗内。大きな「ずんだシェイク」の置物も目を引きます。

ずんだシェイクは250円。ずんだの優しい味が癖になりそうです。仙台駅の販売所などでは行列ができていることもありますが、ここでは比較的余裕を持って購入できます。店内では萩の月やずんだ餅なども販売しているので、ここでお土産を購入するのもいいでしょう。

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS