浅草発の水上バスで豊洲やお台場をめぐろう!ヒミコ・ホタルナの魅力や時刻表・予約方法を紹介

あそびのジャンル
タグ

東京の観光名所・浅草とお台場・豊洲をつなぐ水上バス「ヒミコ」と「ホタルナ」。TOKYO CRUISE(東京都観光汽船)が運営するこの水上バスは、気軽にクルージングが楽しめるだけでなく、東京観光の移動手段としてもオススメです。今回はそんな浅草観光の穴場的スポット、水上バスを編集部が取材してきました! 海抜0mからの東京観光を楽しんでみませんか?

TOKYO CRUISEが運航する水上バス「ヒミコ」と「ホタルナ」とは?

東京の景色を海上から楽しめる

TOKYO  CRUISE(東京都観光汽船)が運営する「ヒミコ」と「ホタルナ」は、東京の観光名所である浅草から豊洲やお台場、東京ビッグサイト、日の出桟橋などの名所をつなぐ水上バスです。船での移動と聞くと、通常の交通機関よりも割高な印象を持つ方もいるかもしれませんが、実はこちらの水上バスはかなりリーズナブルに利用できます。水上バスでの移動は、普段と違った東京の景色が楽しめるだけではなく、潮風が気持ちよく、観光の際に利用すれば特別な思い出が出来ること間違いなしです。

まるで宇宙船?!松本零士デザインの船体にも注目

水上バス「ヒミコ」と「ホタルナ」は、漫画家の松本零二氏がデザインを監修。メタリックな素材を用いた宇宙船のようなフォル厶で、今にも空へ飛び立ちそうな姿です。子どもが「乗ってみたい!」と感じるようなデザインの船内では、『銀河鉄道999』のキャラクターたちと記念撮影もできます。また船内アナウンスも、銀河鉄道999のキャラクター「車掌」や「哲朗」、「メーテル」が担当。東京の町並みを案内してくれますよ。

さっそく水上バスに乗船!ヒミコとホタルナを比較レポート

まずは浅草からホタルナに乗ってお台場へ向かいます。

浅草の水上バス乗り場までは、浅草駅から徒歩約3分。

隅田公園入り口のすぐ側なので、迷うこともないでしょう。

ホタルナ乗船口は2階。出発の15分前にはチケットをゲットして、待機しておきましょう。

水上バス乗り場からは、アサヒビール本社の有名な炎のオブジェやスカイツリーが見えます。記念撮影にもピッタリのロケーションです。

浅草・上野の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS