浅草寺の必見ポイントまとめ!おすすめ参拝コースと仲見世グルメで浅草を満喫

あそびのジャンル
タグ

東京・浅草の代表スポットといえば浅草寺。東京都内最古のお寺で、国内外から毎年3000万人以上が訪れます。魅力的なグルメやおみやげやさんが数多く並ぶ仲見世は、いつも活気に溢れています。たくさんあるけど、どこを見たらいいの?という方に今回はおすすめの参拝コース・周辺グルメをご紹介します!初めての方もリピーターの方も楽しめる保存版です!

浅草寺の歴史

その歴史は飛鳥時代・推古天皇の時代までさかのぼります、西暦628年に宮戸川(現在の隅田川)で漁をしていた兄弟の網に仏像がかかって、漁師兄弟の主人である土師中知(はじのなかとも)がこの像を拝して出家したことから、浅草寺が始まったとされています。
その後浅草寺は、源頼朝や足利尊氏、徳川幕府の祈祷所として繁栄してきました。江戸の町人に愛され、今でも多くの人達が浅草寺にやってきます。そんな長年多くの人に愛され続けている浅草寺にお参りにいってみてはいかがですか。

浅草寺の見どころ

浅草寺の見ておくべきスポットと境内のまわり方をあわせてご紹介します。

浅草のシンボル・雷門

なんといっても定番!浅草駅を出るとまず目に入ってくるのが、雷門です。

宝蔵門

慶安元年、徳川家光の寄進によって本堂、五重塔とともに再建されました。1945年の空襲により焼失し、現在の門は、再建された鉄筋コンクリート造の建物です。仁王像が安置されているので「仁王門」と呼ばれていましたが、再建後は収蔵室が作られ什宝物が収蔵されるようになったことで「宝蔵門」と呼ばれるようになりました。

本堂・浅草寺

「あさくさでら」と呼んでしまいそうですが読み方は「せんそうじ」。「お寺は音読み、神社は訓読み」となっています。お参りに際は、自分の名前と住所を伝えてからお願い事をするのがベストです。敬意を持って参拝することで、願い事が叶いやすくなるかもしれません。真ん中は神様や仏さまの通り道なので、参道は必ず端っこを歩きましょう。

参拝の仕方ですが、まずお参りの前に身を清めます。右手で柄杓を持ち、左手に水をかけます。次に左手で柄杓を持ち、右手を清めます。今度は右手で柄杓を持ち、左手で水を受けて口に含み、口を清めます。最後に柄杓を縦にして、残った水で柄を清め、柄杓を戻したら準備完了です。
龍の口から水がでてくるので迫力がありますね!

凶を引いたら幸運!?日本一「凶」の多い浅草寺のおみくじ

「何回引いても凶がでる」や「4人引いたら4人とも凶だった」など、浅草寺のおみくじは凶が出ることで有名です。その噂を確かめるべくさっそく編集部も行ってみました。この日は修学旅行生が多く私の前にいる学生たちは5人中4人が凶…!これは!!!と思い引いてみると、、、

だ、だいきち?あれ?なんか嬉しくない。浅草寺の談話によれば、元々多くの神社仏閣が70対30の比率で吉凶を配分していたのですが、凶が多いとおみくじが引かれなくなることから、徐々に「吉」の配分を増やしていた各社寺に対して、浅草寺は現代でもその配分を変えていないため、他に比べて「凶」が多いそうです。また巷では凶を引いたらこれ以上悪いことは起きないんじゃないか、凶=強とも言われています。浅草寺にいったらぜひおみくじを引いてみてください♪

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS