元乃隅稲成神社「日本で最も美しい場所31」に選ばれた絶景スポット!

あそびのジャンル
タグ

2015年にアメリカのテレビ局・CNNが発表した「日本で最も美しい場所31」のひとつに選出された、山口県長門市にある元乃隅稲荷神社。目の前に広がるコバルトブルーな日本海と、ずらりと並ぶ朱色の鳥居が生み出す神秘的な風景が、いま密かに話題をよんでいます。まだ知らない人も多い、日本の隠れた絶景スポットをご紹介します。

外国人の間で話題?逆転の現象が起きている「元乃隅稲成神社」

「元乃隅稲成神社」とは

山口県長門市油谷にある「元乃隅稲成(もとのすみのいなり)神社」は、昭和30年に島根県にある「太鼓谷稲成神社」が派生し建てられた、本州最西北の稲荷神社です。

地元の漁師・岡本斉の枕もとに真っ白なキツネが現れ「これまでに漁をしてこられたのは誰のおかげか」「われをこの地に鎮祭せよ」と告げられたことがきっかけで、建設されたと伝えられています。

日本には全国で3万社以上の稲荷神社がありますが、この「稲成」という漢字が使われている神社は太鼓谷稲成とこの元乃隅稲成神社だけです。「成」の字は、〝成就〟に由来していて、様々な願いが叶うといった意味が込められているのだとか。

社(やしろ)は、あまり大きくないものの、商売繁盛・大量祈願・縁結び・子宝・開運厄除・福徳円満・交通安全・学業成就・願望成就といった多くのご利益があるといわれています。まつられている宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)の使いがキツネだったため、お賽銭箱のある裏参道の鳥居には、キツネの石像が置かれています。

「日本で最も美しい場所31」にも選ばれた日本の誇る絶景

元乃隅稲成神社は、近年海外の観光客から非常に注目されている神社です。アメリカのテレビ局「CNN」の調査で「日本で最も美しい場所31」のひとつに選出されたことがきっかけで、世界中から熱視線を集めています。
31選には、世界遺産にもなっている厳島神社や白川郷の合唱造り、金閣寺、姫路城など世界に誇る日本の名所が名をつらねています。
「稲荷」というと日本では京都の伏見稲荷が有名ですが、この元乃隅稲成神社の美しさも一見の価値ありです。

そんな神社を訪れた際には、絶対見逃せない〝見どころ〟をご紹介します!

見どころ①〝朱〟と〝碧〟のコントラストがつくりだす絶景

鮮やかな朱色が美しい「鳥居のトンネル」

やはり元乃隅稲成神社の一番の魅力は、丘をくだり海にむかってびっしりと並ぶ朱塗りの鳥居。昭和62年から10年のの月日をかけて建てられました。総本数は、縁起のよい123(ひふみ)本で、トンネルは全長100メートル以上。

日本海を望む荘厳な自然の中に真っ赤な鳥居が立ち並ぶ姿は、日本らしさあふれる絶景として、見るひとの心を魅了します。

最近ではこのトンネルがパワースポットとしても人気を集め、参拝者が急増中。断崖にある神社から海に向かって、鳥居のトンネルをくだるのが一般的な参拝方法です。トンネル内は、はじめはゆるやかな下り坂で、途中から階段になります。足元がだいぶ急になっているので、通る際は十分に注意してください!

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS