日枝神社(赤坂) 申年最強のパワースポットを取材、徹底解説!

あそびのジャンル
タグ

東京の赤坂にある創建約800年の、由緒正しき日枝神社。三が日を過ぎても連日多くの参拝客が訪れるこの神社には、2016年に「訪れるべき理由」がたくさんあるんです。縁結びや安産祈願、厄除、交通安全まで幅広いご利益がある、申年の最強パワーポットのすべてをご紹介します!

日枝神社 とは

今から約800年前に建てられた日枝神社には、山の神様「大山咋神(おおやまくいのかみ)」が祀られています。古くは、滋賀県・比叡山のふもとにある日吉大社が、全国に派生したことで創建された神社であったため、比叡山の神様である大山咋神が祀られているのです。

縁結びとその他のご利益

縁結びや恋愛成就、安産祈願、子育てなどのご利益で知られる日枝神社ですが、その他にも多岐にわたるご利益があることで知られています!仕事運や出世運の上昇や、商売繁盛のご利益も得ることができます。

日枝神社の見どころ厳選2選

他の神社にはない、日枝神社ならではの魅力がたっぷり!観光スポットとしても人気級上昇中の一風変わったご利益スポットの見どころを厳選してご紹介します。

サルがいる境内

日枝神社の社殿には、ほかの神社と大きく違うところが。よくみると、狛犬(こまいぬ)ではなく「猿」が置かれているんです!
猿は、もともと神様と人間のあいだをとりもつ存在「神猿(まさる)」と称されて、昔から敬われる存在でした。大山咋神が山の神ということもあり、同じく山の守り神とも呼ばれる猿が使いとして重宝されていたようです。「さる」という音から「勝る(まさる)」「魔が去る(まがさる)」とも考えられ、勝運の神や魔除けの神として置かれています。音読みの「えん」という音から、猿が「縁(えん)」を運んできてくれると考え、商売繁盛や縁結びを祈願する方もいらっしゃるそうです。

■メスざると子ざる

本殿に向かって左がメスの猿です。子ざるを抱いていて、子宝や安産のご利益があると言われています。縁結びや家内安全を祈願する女性もあとを絶たない、女性に人気のパワースポットになっています!

■オスざる

右にいるのがオスの猿です。本来、猿は山の守り神で、木や生き物を生み出し育てたと伝えられています。それにあやかって物事を生み出す、発展させる「商売繁盛」や「社運隆昌」にご利益があると言われているそうです。

触ることで、さらなるご縁を引き寄せることができるといわれています!日枝神社に行った際にはかわいらしいパワースポット、お猿さんに触れてみてくださいね。

末社には、特に年始に訪れてほしい理由が!

意外と見過ごしてしまう人も多いご利益スポット、日枝神社の末社(まっしゃ)。社殿の右がわ奥にあるこの場所が、日枝神社の隠れパワースポットとして密かに注目を集めているんです。
末社とは、境内の外や神社の付近にある小規模な神社のことをいいます。

末社は、左に「山王稲荷神社」右に「猿田彦神社」の2社が並びます。

1 猿田彦神社

日枝神社内で最も、仕事運・道ひらきの強力なパワースポットとして有名な神社です。物事を良い方向に導く神様「猿田彦神(さるたひこのかみ)」がまつられています。自らが進むべき道のヒントを求め、参拝にくる方も多いようです。
実はあまり知られていないのですが、 ​日枝神社の神様・大山昨神は、山の神だけでなく「スタートの神様」とも呼ばれています。良い導き+スタートのご利益が得られるこの場所で、物事の良いスタートを祈願する人が多いスポットとして人気なのだとか。良い1年のスタートがきれるように!と祈願する方も多いこの場所は、ぜひ年のはじめに訪れてほしいおすすめのスポットです。

八坂神社

本殿の左がわには、相殿神でもある「八坂神社」があります。本殿の神・大山咋神の祖父神である「素盛嗚神(すさのおのかみ)」がまつられています。

2 山王稲荷神社

日枝神社にすぐ隣接している稲荷神社です。現在の日枝神社があるこの場所は、むかし「星が岡」と呼ばれる地でした。この地にもとからいた神様「倉稲魂命(うかのみたまのかみ)」がまつられていて、そんな地主神様をきちんと参拝できる開運スポットの一つになっています。また、神社内にいるお稲荷さんは、空襲で日枝神社を焼失した際に、唯一残ったものなのだとか。

緑が多い日枝神社と木々と、真っ赤な鳥居と旗のコントラストが美しいスポットです。稲荷神社では、毎年2月の最初の午の日に「初馬祭」が行われます!あんどんが飾られ、いつも以上ににぎやかな山王稲荷にも足をはこんでみてはいかがでしょうか。

日枝神社の壮絶な「歴史」

東京の中心部・赤坂にあり、アクセスの良い神社としても人気を集める日枝神社ですが、さかのぼること約800年。実は、最初に建てられたのは現在の川越だったそうです。滋賀県の日吉神社を、秩父重継(ちちぶしげつぐ)が、そのころ荒野だった川越にもってきたことがはじまりといわれています。ちなみに、詳しい創建年は不明なのだとか。そのあとも日枝神社は何度も移転を繰り返します。約560年前の長禄元年には、江戸城の完成と同時に、太田道灌(おおたどうかん)の手によって江戸城に移されます。さらにその100年後には、城内で忘れかけられていたところを、江戸城にはいった徳川家康に発掘され、江戸城内の紅葉山に遷座されます。
慶長9年(1604年)からの徳川秀忠による江戸城改築に際して、社殿は江戸城外の麹町隼町に遷座し、庶民が参拝できるようになりました。

これでもかというほどに移転を繰り返す日枝神社ですが、まだまだ引っ越しの歴史は続きます。1657年に起こる江戸時代最大の大火事、明暦の大火でなんと社殿を焼失してしまいます。
そして大火事の災難から2年後、ついに1659年に現在の場所に再建されることになるのです。江戸城の南西、もっともよい方角とされる裏鬼門に位置していたため、この場所が再建の地として選ばれたといわれています。

現在の日枝神社の建物は、昭和20年の東京大空襲で全焼してしまったあと、昭和33年に再建されたものです。再建される前の当時は、すべて木造で国宝にも指定されていました。

お守りと絵馬!日枝神社オリジナルのご利益グッズ

日枝神社にはお猿さんがモチーフとなったおまもりや絵馬がたくさんあります。ここでしか販売されていない日枝神社ならではのご利益グッズは、売り切れがでてきてしまうほど連日大人気です。

お守りはかわいい猿モチーフ!

どれにしようか迷ってしまうほど、かわいいおまもりがたくさんある日枝神社。子授守やみちびき守、安産祈願といったさまざまなご利益をもつものが並びます。

■こざる守

中でも人気なのが、こちらのこざる守。「魔が去り、何事も勝るようなる」といったご利益がこめられています。にっこり笑っているお猿さんがとても愛らしい、ほかの神社にはないおまもりです。

絵馬がハート!恋愛成就、恋活女子必見。

恋愛成就が期待できそうなキュートな日枝神社の絵馬。ハート型に見えるこのかたち、実は社紋の「二葉の葵」をかたどったものなんです!

よく見ると境内には、社紋の葵がいたるところにあります。
女子ウケ間違いなしの可愛すぎる絵馬で、縁結び祈願をしてみてはいかがでしょうか。

御朱印のもらい方と御朱印帳、限定のしおり

近年、大旋風が巻き起こっている、御朱印ブーム。御朱印帳を片手に、全国の神社を参拝する御朱印ガールも急増中です。もちろん、日枝神社でも御朱印を頂くことができ、さらに授与されると共に限定のしおりももらえます!

御朱印の授与所と授与時間

■御朱印の授与所

境内にはいってすぐ右に、大きく「御朱印」とかかれたのれんがかかっている授与所があり、そこで頂くことができます。

参拝する前に、御朱印帳をあずけ、書いていただいておくこともできます!並ぶ時間を短縮できてとても効率よく参拝ができます。
 

御朱印帳をあずけると、整理券代わりにこのような番号札がもらえるので、参拝後に受け取りにいきましょう。受け取り忘れには、十分に注意です!

御朱印帳の授与時間と初穂料

9:00頃~17:00頃の時間で頂くことができます。(※祭事や神社の都合により時間が変更になる場合があります。)初穂料は、300円になります。

日枝神社限定のしおり

御朱印をいただくと最後に、日枝神社オリジナルのしおりが授与のお土産としてもらえます。全3種類の中からランダムでもらえるしおりです。どれがもらえるのがわくわくします。しおりには、お猿さんと二葉の葵が描かれています。

日枝神社オリジナル御朱印帳

神社限定の御朱印帳は、なんと6種類もあります。各1000円で、「東京十社めぐり」と書かれた紫色の御朱印帳のみ1200円です。

アクセス情報

神社へのアクセスには、いくつかの駅を利用できます。事前に利用しやすい路線の確認してください。今回は、地下鉄千代田線「国会議事堂前駅」からの行き方をご紹介します。

改札を抜けA5出口から地上にでて、右に曲がり一つ目の信号までひたすらまっすぐ進みます。

そして、一つ目の信号を左折するとこの景色が見え、日枝神社に到着します!

各路線からのアクセス

■地下鉄千代田線・赤坂駅出口2から徒歩3分
■地下鉄南北線、銀座線・溜池山王駅出口から7徒歩3分
■地下鉄千代田線・国会議事堂前駅出口5から徒歩5分
■地下鉄銀座線、丸の内線・赤坂見附駅出口11から徒歩8分

駐車場情報と車でのアクセス

首都高速霞ヶ関インターからおよそ5分の場所にあります。専用駐車場が100台分が無料で完備されているので、利用することができます。

山王祭は日本三大祭

年間、様々なイベントや会まつりが行われる日枝神社。そのなかでも、一番大きなイベントは「山王祭」。例年6月に行われる日本三大祭のひとつで、1300年以上の歴史をもつこのお祭りは、神田祭と交互で毎年西暦偶数年に行われます。日枝神社を起点として、東京都心を300メートルの祭列行列が続き、迫力も満点です。
次回の開催は平成30年になります!日程などの詳細情報はこちらをご確認ください。
そのほかにも、「節分祭」「末社山王稲荷神社例祭」「庚申祭」といったあらゆる行事が年間を通してたくさん行われます。公式HPをご確認の上ぜひ足を運んでみてください!

日枝神社の参拝ルート

男坂はもっともご利益がある参拝ルート

日枝神社には入り口が4か所あります。その中でも一番ご利益があると言われているのが、日枝神社の正面入口にある「男坂」を通るルートです。

急な階段が続くこの男坂は、神社への正式な参道「正参道」でもあります。天下祭ともよばれている「山王祭」の際に、神の魂をのせた神輿がこの男坂を通ることもあり、もっともご利益がある入り口と言われています。男坂を通る際は、国会議事堂前駅のご利用をおススメします。

子供やお年寄りにも優しい。山王下にあるエスカレーター

男坂につづいて、山王の下にある入り口を利用する方も多いです。この入口は、階段の横に神社ではめずらしいエスカレーターが設置されています。小さい子どもやお年寄りの方も参拝しやすくなっています。エスカレーターを利用する際は、赤坂駅・溜池山王駅のからのアクセスが便利です。

日枝神社にお宮参りをする方法と受付情報

出産を無事に終えたことを神に奉告するために、子どもが生まれて初めて神社に参り子供の成長を祈願する大切な行事、初宮参り。慶長9年(1604年)に、江戸幕府三代将軍の徳川家光が江戸城内で誕生したときに日枝神社で初宮参を行ったことで、それが庶民へと広まったと言われています。そんな日枝神社では、一般の参拝者でもお宮参りすることができます。祈願を受けるにあたっての事前予約は一切必要はありません。また、祈祷料は一万円からになります。

また、日枝神社で授与してもらえる、子どもの成長を祈願した「犬張りのお守り」が有名なのであわせて授与してもらえると良いです。
ちなみに初宮参は、男の子は生後32日目、女の子H生後33日目に行うのが一般的ですが、都合のよい日を前後に調整し行っても問題はありません。

受付時間と受付場所

受付時間は、午前9時~午後4時半(常時)になります。
受付場所は、山王夢御殿内受付で、平日は中庭授与所にて行います。

日枝神社で挙式をする方法

日枝神社では、神前結婚式も行うことができます。大切な挙式を落ち着いた神聖な場所でとり行えるなんて素敵な思い出になることまちがいなしです!結納式は、初穂料70,000円(税抜)から行っています。詳しい情報は、公式HPをご確認ください!

日枝神社の初詣の混雑状況

日枝神社は例年お正月、約30万人ほどの初詣参拝者が訪れる人気初詣スポットでもあります。神楽舞と参拝に並ぶ人で境内は毎年大混雑しています。初詣にいく前に確認してほしい情報をご紹介します。

年末年始の参拝時間と混雑する日時

年末年始の参拝時間は、12月31日は6:00~17時・1月1日は0:00~19:30・1月2日は6:00~18:30です。その中でも特に混雑するのが、元旦の10:00~15:00の昼頃です。

混雑を回避できる時間

日中、特にお昼以降に参拝者は集中するので、元旦・三が日のお昼以降は避けたほうが良いです。混雑を比較的回避するには、年越しの参拝客を避けた元旦の2:00~10:00の参拝がおすすめです。とにかく元旦のお昼は確実に混雑するので要注意です。また、お正月には、道路に制限

施設情報
名称:日枝神社
住所:東京都千代田区永田町2-10-5
開門時間:  4月~9月 5:00~18:00
       10月~3月 6:00~17:00
アクセス:千代田線・赤坂駅(出口2)徒歩3分
      南北線・銀座線溜池山王駅(出口7)徒歩3分
      千代田線・国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
      銀座線、丸の内線・赤坂見附駅(出口11)徒歩8分
公式サイト:http://www.hiejinja.net

日枝神社周辺おすすめスポット

ジョブズも愛した老舗和菓子店「赤坂青野」

創業110余年、「素材」「手作り」「自家製餡」にこだわり続けてきた、赤坂にある老舗和菓子店「赤坂青野」。かの有名なスティーブ・ジョブズも愛した和菓子店としても知られている人気の和菓子屋さんです。「赤坂青野 赤坂本店」は、日枝神社にも近く、千代田線・赤坂駅から徒歩7分。参拝帰りにぜひ立ち寄ってほしい場所のひとつです。

ジョブズが特に好んでいたといわれている「豆大福」は、皮も豆もとってもやわらかく優しい味がやみつきになります。ボリュームもあり、心もおなかも満たされる一品です。参拝あとに、風情あふれる和菓子屋さんで一息ついてみてはいかがでしょうか。セルフサービスであたたかいお茶もいただけますよ。

 

約800年の歴史をもち、江戸と東京をみつめてきた日枝神社。2016年申年の強運パワースポットにぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。都心にありアクセスも抜群なので、気軽に参拝できる神社としても楽しんでいただけます。エスカレーターもあるので、お年寄りや子連れでも訪れやすい場所です。ちなみに、東京都日野市にも同名の「日枝神社」がありますので、行き間違いには要注意です!

店舗情報
名称:赤坂青野 赤坂本店
住所:東京都港区赤坂7-11-9
営業時間:月~金 9:00~19:00、土 9:00~18:00、日祝祭 休み
              ※春分の日・子供の日・秋分の日 は9:00~17:00の営業になります。
アクセス:千代田線・赤坂駅(出口7) 徒歩8分
     千代田線・乃木坂駅(出口1)徒歩8分
公式サイト:http://akasaka-aono.com

取材・撮影・文:古怒田桃子

前の記事へ 次の記事へ