日本初の屋内スカイダイビング「Fly Station(フライステーション)」に行ってきた!

あそびのジャンル
タグ

2017年4月 埼玉県は越谷レイクタウンに、全く新しく誕生したアクティビティ施設。その名も「FlyStation Japan(フライステーション ジャパン)」!海外で人気の室内型スカイダイビングができる、日本で唯一の施設です。その全容を探るべく、asoview!編集部スタッフが実際に体験取材してきました!料金や楽しみ方などを徹底的に解説します。

FlyStation Japan(フライステーション ジャパン)とは?


「FlyStation Japan(フライステーションジャパン)」はウィンドトンネルと呼ばれる民間人用垂直型風洞装置を利用して、屋内でスカイダイビングが楽しめる日本初の施設です。通常のスカイダイビングよりも利用制限が少なく、お値段もお手頃なため、これから人気爆発すること間違いなしの最新アクティビティです。

フライステーションへのアクセス

まずは場所を確認しましょう。最寄り駅はJR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」です。東京駅から1時間以内でいける、東京寄りの埼玉県にあります。ここで注意したいのは、フライステーションは駅のすぐ近くにある「イオンレイクタウン」にあるわけではない、ということ。越谷レイクタウン=商業施設のイオンレイクタウン、というイメージを持っている方もいると思いますが、「越谷レイクタウン」は駅名です!フライステーションは駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

越谷レイクタウン駅の改札を出たら右に曲がります。左に進むとイオンレイクタウンがありますが、その反対側です。

この景色が見える方に向かってください。

東に向かって線路沿いを進んでいき、突き当りを右に曲がり、橋をわたると施設が見えてきます。駐車場も完備しているので車での来場も可能です。

フライステーションに到着!立派な外観にワクワクが止まりません!今回はasoview!編集部スタッフの永山が体験します。永山はスカイダイビングは未経験。初の屋内スカイダイビング体験にワクワクがとまりません!

早速、中に入ってみましょう!

予約方法・料金・制限について

来場時間は説明や着替えの時間があるので、余裕を持って体験開始の1時間前に受付できるようにしましょう。

フライステーションの利用には事前予約が必要です。予約はホームページ、asoview!から可能です。

公式ホームページはこちら!

通常料金

1フライトからご利用することができます。(1フライト=1分間)
下記は1フライトあたりの料金です。

平日

  • 一般           :4,500円
  • キッズ       :4,200円
  • バースデー:4,300円

休日

  • 一般           :5,000円
  • キッズ       :4,700円
  • バースデー:4,800円
     ※ご利用料金には、標準パッケージが含まれています。
    装備品レンタル、事前講習、フライト体験、フライト証明書の進呈
    ※料金プランによって身分証明書のご提示が必要となる場合がございます。提示のない場合、割引対象外になりますので、以下を必ずご確認ください。
    キッズ:生年月日の記載のある身分証明書
    バースデー:生年月日の記載のある身分証明書

オプション

  • フルフェイスヘルメット:500円
  • タクシーフライ               :600円
    (インストラクターが、約8~10メートルの高さまでお連れします。)
  • ネックゲイター              :200円
    (おしゃれなオリジナルネックゲイターです。)

フライトギフト券

  • 2フライト券(1~2名での利用)   :10,000円
  • 5フライト券(1〜5名様でシェア可) :25,000円
  • 10フライト券(1〜10名様でシェア可):50,000円
  • 20フライト券(1〜20名様でシェア可):100,000円
    ※有効期限は購入日から半年間です。
    ※分割でのご利用はできません。
    ※ギフト券には、標準パッケージに加え、ネックゲイタ―のオプションが含まれています。
    写真・Taxiフライは含まれておりません。

利用制限は?

制限はほとんどありません。子供から大人まで、誰でも体験できます!

【年齢制限】:子供は4歳以上
【大人の体重制限】:120キロ以下
【その他制限】筋骨格系の負傷(捻挫、骨折など)を患っている方、妊娠中の方は、ご遠慮ください。

大人の年齢上限はなく、年配の方でも元気であれば誰でも利用できます!

なお、足元にはトランポリンのようなネットがあり、もちろん落ちる心配はありません。安全性は非常に高く、過去に事故などは全く起きてないのだそう。

まずは体験に向けて準備と事前説明講習

今回は2フライト+Taxiフライプランを体験します。ここからはインストラクターの方がついてくれます。よろしくお願いいたします!

体験の流れを簡単に説明してもらって、早速フライト用のスーツに着替えます。スーツは様々なサイズ・色から選べます。スーツの他にヘルメットや保護ゴーグルなど、体験に必要なものはすべて料金に含まれているので、何も用意しなくてOK。また、靴に関しては紐付きのスニーカーであれば、普段履いているものでそのまま参加できます。紐なしのブーツや、ヒールの高い靴で来た方には無料でスニーカーも貸出しています。手ぶらで利用できるのは嬉しいですね!ちなみに、メガネ用のゴーグルもあります。

ロッカールーム完備なので、こちらで着替えて荷物も預けられます。パイロットのようなスーツで気分も高まってきました。

着替えが完了したら次は事前講習です。より上手に飛ぶため、より楽しむためのレクチャーをしてもらえます。

空気の上に浮くイメージで腕・アゴ・足を上げます。初心者は首と足でつまづくとのことで、特に意識します。また、ウィンドトンネルの中は風がすごく、声が全く通じないとのこと。事前に意思疎通をするためのサインも教えてもらいました。

講習が終わったらヘルメット、ゴーグル、耳栓をして準備完了!

いよいよ本番の時間が近づいてきました。ドキドキ。

いざ、屋内スカイダイビング!

こちらがウィンドトンネル。大きい!ここから見えるガラス張りになっている一番高い所で8m!そのさらに上は最大20mの高さがあり、世界最大級の大きさを誇ります。これからこの中に入ります!

インストラクターの方とハイタッチ。ウィンドウトンネル内の風の音を聞いて少し緊張してきました。

ついに中へ!両手を上げて倒れ込むようにウィンドトンネルの中に入ります。

そして風に身を委ね、勢いよく中へ!おお!浮いている!笑っていますが、実際は全然余裕がないです!うまく浮けるように全身を集中させます!

インストラクターの方に姿勢を調整してもらいながら、少し高くまで上がれるようになってきました。インストラクターが丁寧にサポートしてくれるので、全く恐怖感はなく、徐々にリラックスできるようになってきています!そうこうしている間に1回目のフライトが終了!

続いてタクシーフライ!

インストラクターの方に身体を支えてもらいながら、上昇していきます。

わーーー!!!高いーーーーー!!!!!

ウィンドトンネルの大きさを活かして10m近くの高さまで飛ばしてくれました。一瞬、何が起こったのか分かりませんでしたが、その後も何度か上下を繰り返してくれ、かなり爽快感があって気持ちよかったです!

全くの初心者からスカイダイビングの経験者まで、誰でも楽しめるのが特徴です。体験は一見激しそうに見えますがとても爽快感があり、終わった後のすっきり感は他では味わえない、まさにフライステーションならではの感覚です。これは本当に体験してみないとわからないので、ぜひ一度はチャレンジしてほしいです!

体験終了後のクールダウン。施設内を探検!

 

フライステーションは2階建てになっています。ウィンドトンネルは2階まで吹き抜けになっていて、上からも見学ができます。床もガラス張りになっていて、1階で見たときとはまた違った視点で楽しめます。

フライステーション公式グッズが並ぶショップもあります。オリジナルグッズも販売されているので、お土産にもいかがでしょうか。

結論:絶対に一度はチャレンジするべき体験です!

体験を終えてみて思うことは、少しでも興味がある方は絶対に一度はチャレンジしたほうが良いです!スカイダイビング、バンジージャンプ、ジェットコースター、どれとも違う新感覚の爽快感は、ここでしが体験できない貴重なものです。身近で気軽な非日常体験というところでは、今の日本で右に出るものはないのではないでしょうか。FlyStation Japan(フライステーションジャパン)から、これからも目が離せません!

前の記事へ 次の記事へ