新横浜ラーメン博物館 おすすめの楽しみ方やクーポン情報をご紹介

あそびのジャンル
タグ

新横浜にある新横浜 ラーメン博物館は、世界各地から集められた9店のラーメン屋が一堂に会するラーメンのテーマパークです。館内では東京の有名店「二代目げんこつ屋」をはじめ、北海道の「すみれ」や沖縄の「琉球新麺 通堂」など、様々なラーメンが堪能できます。またイタリアやドイツから逆輸入されたラーメンにも注目したいところ。今回はそんなラーメン好き必見のラーメン博物館をasoview!編集部が取材してきました。

新横浜ラーメン博物館とは

新横浜駅から徒歩約5分ほどの場所にあるラーメン博物館。1994年にオープンした同施設は「ラー博」の愛称で多くの人々に愛され続け、2016年には開業22周年を迎えました。

「全国各地のラーメンを飛行機に乗らずに食べにいける」をコンセプトに掲げる新横浜ラーメン博物館では、そのコンセプト通り、札幌、山形、東京、熊本、博多、沖縄、ドイツ、イタリアなどから集められた各地の名店の味が楽しめます。

昭和33年の街並みを再現。ノスタルジックな世界観も楽しめる

また館内には昭和33年の街並みが再現されており、ノスタルジックな雰囲気も堪能できます。なぜ昭和33年?と思われる方も多いかと思いますが、実はこの昭和33年は日清の「チキンラーメン」の発売年。いわばラーメンの誕生年なんです。

それまで、「支那そば」や「中華そば」などの名称はあったものの「ラーメン」という名称はありませんでした。それが、チキンラーメンの発売によって「ラーメン」という名称が広く知られるようになっていったのです。

昭和33年の街並みが再現された館内には、駄菓子屋「夕焼け商店」や喫茶&すなっく「kateko」なども軒を連ねており、街を散策するだけでも、昭和当時にタイムスリップしたかのような感覚が楽しめます。

海外からも逆輸入?!館内で楽しめるラーメンは?

新横浜ラーメン博物館で楽しめるラーメン店は全部で9店舗。ここでは、それぞれのお店と特徴をご紹介します。

国内からは厳選された7店が出店

すみれ(札幌)

超濃厚でコクのある味噌スープと、コシのあるちぢれ麺が絶妙に絡み合い、絶品の一杯を作り出している札幌の「すみれ」。味噌ラーメンの名店として全国区の知名度を誇るすみれのラーメンも、ここ新横浜ラーメン博物館で堪能できてしまいます。濃厚ラーメン好きの方は、ぜひ一度お試しを。

龍上海本店(山形)

札幌の味噌ラーメン誕生とほぼ同時期の昭和35年に山形の「龍上海」で生まれた味噌ラーメンの味が楽しめる龍上海本店。元々しょうゆラーメンだったものを、自宅にスープを持ち帰り味噌を入れたのが始まりとされています。

そのため、札幌の味噌ラーメンとは異なり、煮干しの効いた味噌ラーメンが楽しめます。太い平打のもっちり麺とともに堪能してみてください。

二代目げんこつ屋(東京)

数々のラーメン店に影響を与えてきたげんこつ屋は、「伝説のお店」と云われるほど。初代店主・関川清氏の他界により、一時はその歴史に幕を降ろしていたげんこつ屋が、二代目げんこつ屋としてラーメン博物館に登場しました。

初代げんこつ屋の味を引き継ぐのは、関川清氏の息子・関川匤仁氏。数多くの人々に愛され続けてきた名店の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

支那そばや

昨今ではスタンダードとなった、自家製麺や厳選素材を使ったラーメン。その先駆けとなったのが、支那そばやの店主・佐野実氏です。

その素材へのこだわりは他の追随を許さず、世界中の地鶏を吟味し、スープ専用の地鶏を開発してしまったほど。また麺も国産小麦粉を独自に掛けあわせて作られた「支那そばや御用達粉」を使用。

しなやかで、香り高く旨味が凝縮された絶品麺に仕上がっています。そんなこだわりぬかれた、究極の一杯を是非お試しあれ。

元祖名島亭(博多)

博多といえばとんこつラーメン。そんな地元博多で圧倒的人気を誇るラーメン店「元祖名島亭」。

豚頭やげんこつを「築炉釜」と呼ばれる釜で2日以上かけてじっくりと煮こまれたスープは、まろやかで深みのある味わいです。

麺はもちろん極細のストレート麺で、歯切れのよい食感が楽しめます。本場のとんこつラーメンが食べたい方にオススメしたい一杯です。

こむらさき(熊本)

豚骨をベースに鶏ガラをブレンドしたマイルドなスープが特徴の熊本ラーメン「こむらさき」。スープの旨味もさることながら、ラーメンの上に散りばめられているニンニクチップが最高の味わいを引き出してくれています。

細めの自家製麺も歯ごたえ抜群で、スープとの相性も抜群。最後の一滴まで美味しく頂くことが出来るラーメンです。

琉球新麺 通堂(沖縄)

ご当地ラーメンがなかった沖縄に2001年に誕生したラーメン店「琉球新麺 通堂」。地元沖縄で着実にファンを増やしてきた名店が、新横浜ラーメン博物館に登場しています。

豚のげんこつや数種類の鶏ガラ、野菜、昆布など、沖縄の食材をふんだんに使用したうまみたっぷりのスープに、つるつるとしたのどごしの良い麺が合わさり、絶妙な一杯に仕上がっています。

あっさりしていながらも、コクと旨味がたっぷりの塩ラーメンをぜひ召し上がってみては。

はるばる海を超えて2店舗が逆輸入出店

カーザ ルカ-CASA LUCA-(イタリア・ミラノ)

イタリアで絶大な人気を誇るラーメン店「カーザ ルカ-CASA LUCA-」が1年半の期間限定で日本に初上陸!

スープは豚のげんこつ、鶏ガラ、野菜、昆布などを合わせて作られているため、日本人の口にも馴染みやすい味わいです。

麺はパスタ用の粉やイタリアパンに使用されている小麦粉が使用されており、イタリアらしい個性を出しています。

モチモチ感のある中細ストレート麺となっており、スープともしっかり絡み合います。期間限定出店のため、早めに食べておいていただきたい逸品です。

無垢-muku-ツヴァイテ(ドイツ・フランクフルト)

ドイツのフランクフルトからは、「無垢-muku-ツヴァイテ」が出店。

パスタ用のデュラム粉とピザ用の小麦を配合して作られた麺は、日本のラーメンにはない独特な風味と食感が楽しめます。

なんでも、この麺を完成させるまでにヨーロッパ全土の小麦粉を試したのだとか。またスープは、豚骨や鶏ガラがベース。3日間かけてブレンドされたスープは、濃厚なコクと旨味が凝縮されており美味。

日本のラーメンに例えると家系ラーメンのような味わいですが、日本のラーメンとは少し異なる珍しい味わいが特徴です。

ラーメン博物館に来たらこれ!編集部オススメの3店舗を食べ歩き

新横浜ラーメン博物館には全国の名店が集結していますが、そのなかでも特に編集部がオススメする3店舗を食べ歩きしてきました!さっそくレポートしていきましょう。

食べ歩きするなら知っておきたい!ミニラーメンの存在。

新横浜ラーメン博物館で現在楽しめるラーメン店は全部で9店舗。すべてのラーメンを食べて回るのは流石にきついものです。そんな時に知っておきたいのが、ミニラーメンの存在。新横浜ラーメン博物館では、食べ歩きを楽しむ方のためにミニラーメンが用意されています。サイズはお店によって異なりますが、だいたいレギュラーサイズの3/5ほどのサイズ感です。

ドイツが産んだ家系ラーメン?!無垢-muku-ツヴァイテ

まず最初に訪れたのは、ドイツで産声を上げた海外製ラーメン「無垢-muku-ツヴァイテ」。

無垢-muku-ツヴァイテの1号店はドイツ・フランクフルトにあり、今から6年前にオープンしました。今ではヨーロッパ中から評判を聞きつけて訪れる人が後を絶たない人気店へと成長しています。

そんなドイツの人気店の2号店が、ここ新横浜ラーメン博物館の「無垢-muku-ツヴァイテ」なんです。はるばる海を超えて新横浜ラーメン博物館に出店するに至ったのは、新横浜ラーメン博物館がプロデュースした映像ドキュメンタリー「世界ラーメン紀行」で取り上げられたのがきっかけなんだとか。

新横浜ラーメン博物館の誘致担当者が「ダントツで美味しかった」と唸った程のラーメンの実力を、さっそく味わってみましょう。

無垢-muku-ツヴァイテのスープは、3日間かけて煮込んだ豚骨と鶏ガラスープに醤油と和出汁を合わせたもの。

日本のように食材が思うように手に入らないという状況の中で、試行錯誤の末に完成されたスープはオリジナリティ抜群。日本ではなかなか食べられない味わいです。肝心な味わいはというと、濃厚なコクと旨味が凝縮されており、ご飯と一緒に食べたくなるウマさです。

どことなく家系ラーメンのような感じですが、明らかに家系ラーメンとは別軸の味わいが堪能できます。

また無垢-muku-ツヴァイテのラーメンは、無化調にこだわって作られています。ナチュラル志向のヨーロッパで生まれたラーメンらしい一面も垣間見えます。無化調なのにとても濃厚な不思議な一杯をみなさんもぜひ味わってみてください。

熱々濃厚な味噌ラーメンを堪能しよう!すみれ(札幌)

次に訪れたのは、濃厚な味噌ラーメンが堪能できる北海道・札幌の名店「すみれ」。

すみれのラーメンで特に注目したいポイントが、熱々の味噌スープです。すみれのスープは熱々の状態がずっと続くため、最後の一滴までできたてのような味わいが楽しめます。

濃厚アツアツなスープが中太ちぢれ麺にしっかりと絡みつき、麺の小麦の風味とスープの濃厚な旨味をしっかりと口まで運んでくれます。

この熱々のスープが楽しめる理由は、スープの表面にラードの膜が張られているから。最後の一滴まで温かいラーメンが食べられる、寒い土地で生まれたラーメンらしい工夫です。

濃厚さの中にしっかりと旨味が凝縮されたスープを、最後の一滴までかみしめるように味わってみてください。

数多くの有名店に影響を与えてきた名店の味に感動!二代目げんこつ屋

食べ歩き最後のお店は、数々のラーメン店に影響を与えてきた名店「二代目げんこつ屋」。

トレンドに流されること無く、独自の視点で美味しいラーメンを作り続けるげんこつ屋のラーメンは、いつ訪れてもほっとする一杯です。

提供されるラーメンの種類はさっぱり端麗系。

麺は注文が入ってから裁断するというこだわりよう。切ったまま長時間おいておくと、麺から水分が抜けて食感が悪くなってしまうんだとか。

細かいこだわりですが、このこだわり一つ一つが美味しい一杯のラーメンへとつながっていきます。

チャーシューも注文が入ってから切ります。

そして完成したのがこちらの一杯。透き通るような黄金色のスープが食欲をそそります。白湯とマグロ節を使用して作られたこちらのスープは、魚のクセが抑えられていて、白湯との調和が見事です。

香ってくるマグロの香りはとても上品で、気品の高さが伺い知れます。あっさりしているからこそ、それぞれの素材が主張しすぎず、抑えられすぎずの絶妙なバランスを感じることが出来る一杯です。

お土産にオリジナルラーメンや銘店の味を!

新横浜ラーメン博物館には、ラーメン関連グッズが取り揃えられている「ミュージアムショップ」や、世界に一つだけのオリジナルラーメンが作れる「マイラーメンキッチン」などが完備されています。来館の記念に、とっておきの一品を見つけてみてはいかがでしょうか。次のページでは、お土産についてご紹介します。

ミュージアムショップ

館内のミュージアムショップでは、新横浜ラーメン博物館に出店されている銘店の味が自宅で再現できる、「銘店のおみやげラーメン」が販売されています。

中でも人気なのが、「ラーメン屋さんセット 1,577円(税抜)」。札幌の「すみれ」や熊本の「こむらさき」などを筆頭に、東京荻窪の「春木屋」、和歌山の「井出商店」など、人気のラーメンが各1食ずつ入ったお得なセットです。おかもち型のギフトボックスも可愛らしい、新横浜ラーメン博物館のオリジナル商品となっています。

そのほか、新横浜ラーメン博物館のお菓子部門で売れ筋ナンバーワン商品「ラーメン焼きせんべい 500円(税抜) / 800円(税抜)」もお土産におすすめ。こちらは記事にベビースターラーメンが練りこまれており、えびせんのようなサクサクとした食感とラーメンの風味が楽しめます。

マイラーメンキッチン

世界で一つだけのオリジナルラーメンが作れる「マイラーメンキッチン」。好きなスープや麺、具材などを選んで、自由な組み合わせのラーメンを作ることができます。

完成したラーメンは、その場で撮影した顔写真入りのパッケージに詰めてお持ち帰り。ラーメン店の店主っぽく、バシッとキメた写真で、世界で一つだけのラーメンを作りましょう。

観光の思い出にも、誰かに渡すお土産のネタとしても面白い逸品ですよ。料金は、写真、パッケージ、麺、スープ2種、たれ、油が付いてきて1つ1,000円です。

ラーメン以外にも楽しみがいっぱい!昭和の町をぶらり散歩

新横浜ラーメン博物館の楽しみは、もちろんラーメンだけではありません。昭和の街並みが再現された館内には、喫茶&すなっく「Kateko」や駄菓子屋「夕焼け商店」、本格的な占いを受けることが出来る占いコーナーなどが軒を連ねています。またどこか懐かしさを感じさせてくれる紙芝居や大道芸などのイベントも開催されており、子供とのお出かけやデートにもピッタリ。次のページでは新横浜ラーメン博物館の、ラーメン以外の楽しみ方をご紹介します。

ラーメン後の一服ならこちら!喫茶&すなっく「Kateko」

新横浜ラーメン博物館の地下1階にある喫茶&すなっく「Kateko」は、館内のノスタルジックな雰囲気にマッチしたレトロなバーです。Katekoの名物はなんといっても牛乳ソフトクリーム。

濃厚なミルクの味わいが特徴的なソフトクリームは、ラーメンを食べた後のデザートにもピッタリです。また館内で唯一喫煙が可能なスペースとなっていますので、ラーメンを食べた後の一服がしたい!という方はKateko訪れると良いでしょう。そのほか、生ビールや焼酎、サワー、ウィスキーなどのアルコールを始め、おつまみ類やソフトドリンクも取り揃えられています。

営業時間

昭和の懐かしい日々にタイムスリップ!駄菓子屋「夕焼け商店」

昔懐かしい昭和の駄菓子屋の雰囲気がそのまま再現された「夕焼け商店」。昭和を経験している方なら、思わず懐かしい!と思ってしまうほど、当時の様子が再現されています。

店内には誰もが遊んだことのあるであろう、懐かしいおもちゃや、小銭を握りしめて買いに行ったような駄菓子の数々が並びます。もちろん、原風景に街の駄菓子屋がないという方も、新鮮な気持ちで楽しめますよ。

美味しいラーメンを食べた後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

本格的な占いをリーズナブルな価格で!占い

新横浜ラーメン博物館では、本格的な占いをリーズナブルな価格で受ける事ができます。料金は占う内容によって変わりますが、結婚や金運、職業、健康、試験、恋愛などは1,000円から。

また手相、姓名判断、運勢全般は3,000円から、事業、家庭問題、家相などは5,000円からです。占う内容によっても変動しますので、詳しい料金は受付時にご確認ください。

懐かしい紙芝居や大道芸も楽しめる!

新横浜ラーメン博物館では、紙芝居の実演や大道芸などのイベントも開催されています。平日開催されている紙芝居は、大人も子供もぐっと惹きつけられるような話術で紙芝居を実演してくれています。今ではあまり見かけない、本格的な紙芝居を楽しむことができますよ。

また新横浜ラーメン博物館では、毎日大道芸が開催されています。30組以上いる出演者の中から、毎日様々な出演者が入れ替わりで登場。手品やジャグリング、パントマイムなどのスタンダードな大道芸をはじめ、バルーンやヨーヨー、けん玉、歌謡曲、津軽三味線、アクロバティックなど、見られるパフォーマンスの種類も多岐に渡ります。本格的なストリートパフォーマンスが無料で見られるのでおすすめです。

新横浜ラーメン博物館の混雑情報

新横浜ラーメン博物館は特に連休中などが混雑します。平日や休日に訪れる際は、お昼を少し過ぎた14時頃から混雑が落ち着き始めるので、並ばずにラーメンが食べたいという方はこの時間帯が狙い目です。

新横浜ラーメン博物館の入館料金や割引クーポンは?

新横浜ラーメン博物館への入館には入館料が発生します。

入館料金

お得に入館するならフリーパスや年パスがおすすめ!

新横浜ラーメン博物館では、3ヶ月フリーパスや年間フリーパスも販売されています。3ヶ月フリーパスなら2回来館すると元が取れてしまうので、ラーメン好きの方はゲットしておいて色んな店舗を巡るのもおすすめです。

フリーパス料金

クーポン利用で更にお得に楽しもう!

新横浜ラーメン博物館によりリーズナブルな価格で入場するなら、クーポン利用がおすすめ。

JTBでは入館料金が最大50円安くなる前売り券が販売されています。

JTBクーポン料金

再入場も可能!周辺観光と合わせて楽しもう!

新横浜ラーメン博物館は再入場も可能です。再入場を希望する場合は、出口でスタッフに一声掛けて手の甲にスタンプを押してもらいましょう。周辺観光をして、お腹が空いたらラーメンを食べに戻ってきたり、ショーの時間を待つ間に周辺を観光したりと、様々な過ごし方が出来るのも嬉しいポイントです。

新横浜ラーメン博物館へのアクセス方法

公共交通機関を利用する場合

新横浜駅の地下道を通り、地下鉄8番出口を出ます。そのまま横断歩道を渡り、左手に進んでいくとファミリーマートが見えてくるので、その先を右折したら、4軒先の建物が新横浜ラーメン博物館となります。

車を利用する場合

駐車場も完備!ラー博利用なら30分無料

新横浜ラーメン博物館の2階~7階・屋上には提携駐車場も完備されています。最大175台まで収容できる広々とした駐車場は、新横浜ラーメン博物館を利用すれば30分無料です。また1日中駐めても最大1600円の打ち止め料金が設定されているので安心。そのほか、91分から150分の利用で入館引換券2枚、150分以上の利用で入館引換券4枚がプレゼントされるので、周辺観光の際に利用すればお得に新横浜ラーメン博物館が楽しめてしまいます。

取材協力:新横浜ラーメン博物館

前の記事へ 次の記事へ