【2019 東京タワー】営業時間から割引情報まで解説!登って分かった魅力とは

あそびのジャンル
タグ

東京を代表する観光スポット「東京タワー」。スカイツリーが完成した昨今でも、その人気は衰えることがありません。昭和から現代まで、東京の移り変わりを見守ってきた東京タワーに、今だからこそ登ってみてはいかがでしょうか?温かみのあるオレンジの灯と、眼下に広がる東京の絶景があなたを待っています。今回はasoview!NEWS編集部が東京タワーで広報の方から直接お話を伺ってきました。東京タワーへ訪れる前に知っておきたい定番情報からちょっとマニアックな情報までをまとめてご紹介します。それでは早速見ていきましょう!

東京タワーとは?

東京都港区に位置する、東京のシンボル「東京タワー」。内部は地下1階から地上5階にかけて展開されているフットタウンと、メインデッキへつながる階段があるフットタウン屋上、地上150mのメインデッキ、地上250mのトップデッキから構成されています。

フットタウンには「東京ワンピースタワー」などのアミューズメント施設をはじめ、TOWER'S DINER、フードコート、東京カレーラボなどのグルメスポット、お土産ショップなどが充実。

またメインデッキやトップデッキからは、東京の美しい夜景が一望でき、ロマンチックなひと時を過ごすことができます。季節によってライトアップが変わったり、メインデッキが装いを変えたりと、いつ訪れても楽しませてくれるスポットです。

大切な人とのデートや、家族でのお出かけ、東京観光の思い出にピッタリなスポットとして、スカイツリーがオープンした今もなお、根強い人気を誇っています。

東京タワーの高さについて

昭和33年12月に東京都港区に開業された電波塔「東京タワー」、正式名称は日本電波塔です。高さは333メートル。開業年と偶然で「3」が並んでいて覚えやすいです。

東京タワーは、電波塔としてだけではなく、見た目も美しい「東京の新名所」「日本のシンボル」になることをめざして建設されました。地震や台風も多い日本で300メートルを超す鉄塔を建てるのは、相当な技術が必要だったそうです。

当時の工事期間は、わずか1年半。常時400人もの職人さんが朝6時から夜6時までフル稼働し、異例のスピードで完成しました。高所にも関わらずたった30センチしかない足場をつたいながらの作業は想像を絶します。なんと21万9335人ものひとが完成までに携わったそうですよ。

映画や小説のテーマとしての東京タワー

東京タワーは、そのシンボルチックな存在から、映画や小説のテーマとしてた度々取り上げられます。

2001年に発表された江國香織の小説「東京タワー」は、主演・岡田准一(V6)、黒木瞳で映画化され大ヒット。少年と歳の離れた女性の複雑な恋模様を描いた同作は大ヒットとなりました。

また2005年に発売されたリリー・フランキーの小説「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」は、単発ドラマと連続ドラマでドラマ化。その後、オダギリジョー、樹木希林などを豪華出演陣での映画化もされ、第31回日本アカデミー賞最優秀作品賞も受賞しました。

いずれも東京タワーという存在が、シンボルチックに描かれている作品です。

東京タワーの料金について

メインデッキ

トップデッキツアー(メインデッキ+トップデッキ)

東京ワンピースタワーメインデッキセット券

東京タワー フットタウン内にある、人気コミック・アニメ「ワンピース」の世界観が楽しめる「東京ワンピースタワー」の入場・アトラクション利用と、メインデッキの入場券がセットになったお得なセット券です。(ライブ鑑賞不可)

東京ワンピースタワー(フットタウン1階・3階・4階・5階)

東京タワー フットタウン内にある、人気コミック・アニメ「ワンピース」の世界観が楽しめる「東京ワンピースタワー」の入場・アトラクション利用とライブ鑑賞が可能なチケットです。

前売券

当日券

東京タワーの営業時間

メインデッキ

トップデッキツアー

東京タワー 階段

※土日祝日のみ開放
※雨天時中止

東京ワンピースタワー

営業時間は変更になる場合があるので、公式ホームページの確認をオススメします。

パーク営業時間

サンジのおれ様レストラン

Cafe Mugiwara

麦わらストア 東京ワンピースタワー店

東京タワーの定休日

東京タワーへのアクセス情報

東京タワーは、大江戸線・赤羽橋駅赤羽橋口から徒歩5分、日比谷線・神谷町駅1番出口から徒歩7分、三田線・御成門駅A1出口から徒歩6分、浅草線・大門駅A6出口から徒歩10分、JR浜松町駅北口から徒歩15分ほどの場所にあり、各駅からはそれほど遠くありません。

タワー周辺にはいくつも駅があるので、事前にアクセスしやすい路線の確認をおすすめします。東急バス・都営バスも運営しているので合わせてご確認ください。

公共交通機関を利用する場合

東京メトロを利用する

都営地下鉄を利用する場合

JRを利用する場合

バスを利用する場合

周辺の駅を出ると、いろんな場所から見えるタワーの先が見えます。目印になって向かいやすいので、迷子になることもありません!

車を利用する場合

周辺の駐車場

東京タワーに隣接して、地下駐車場と地上駐車場あり。

公式キャラクター「ノッポン兄弟」

東京タワー下に到着すると、公式キャラクター「ノッポン兄弟」がお出迎えしてくれます。東京タワー開業40周年記念日(平成10年12月23日)にうまれた双子の兄弟。青い服が兄、赤い服が弟なのだとか。

タワーの足元。入口すぐのおすすめ写真スポット

とにかく高い東京タワーの全体写真を撮るのはなかなか大変です。そこでおすすめなのが、入口付近・東京タワーの足元から空を見上げるように撮るこのショット。訪れたからこそ撮れるこの写真は、なかなか迫力があります。

東京タワーのライトアップについて

東京タワーといえば、東京の夜に美しく煌めく姿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?そんな、東京のシンボルとも言える東京タワーのライトアップは、東京観光に訪れたら必ず目にしておきたいもの。ここでは、東京タワーのライトアップについて詳しくご紹介します。季節やイベントによって色が変わったりまするので、要チェックです。

ライトアップの時間は何時から何時まで?

今まで東京タワーのライトアップは深夜0時丁度に消灯されていました。その為、かつては消灯の瞬間に立ち会うために東京タワー周辺に集まるカップルの姿なども見られていました。

しかし、2016年9月5日から当面の間は、東京タワーのライトアップは明け方まで点灯されています。そのため深夜のドライブデートなどでも、美しく輝く東京タワーを望むことができますよ。

夏と冬で姿を変える「ランドマークライト」

東京タワーを照らすのは全部で180個のライトです。実は東京タワーのライトアップは「夏バージョン」と「冬バージョン」があり、それぞれ見た目が異なります。

夏は涼し気な白を貴重とした清々しいライトアップ、冬はオレンジ色の温かみのある色の光が東京タワーを優しく包みます。

光にメッセージの込められた美しいライトアップ「ダイヤモンドヴェール」

東京タワーから外側に向かって輝く、全17段、総ライト数276台のライトアップ「ダイヤモンドヴェール」。

ライトアップの色は七色に変化し、それぞれの色にはメッセージが込められています。メッセージの中心となるのは、愛・地球・環境・平和など。

美しい輝きに込められたメッセージを知ると、より一層東京タワーのライトアップが楽しめますよ。

ダイヤモンドヴェール 7色の光の種類と意味

白【ホワイトダイヤモンド(光り輝く高貴な色)】

黄【リボン・ゴールド(新しく誕生した命)】

黄緑【プラネット・グリーン(地球の大地の緑)】

赤柴【ドリーム・ピンク(夢のような穏やかなピンク)】

青【アクア・ブルー(水のような澄んだ青)】

緑【ピュア・グリーン(宝石のように煌めく緑)】

赤【エンジェル・レッド(コーラルのような優しい赤)】

毎月1回、満月の日にだけ見られるイルミネーション

東京タワーを訪れるなら、満月の日がおすすめです。月に1回訪れる満月の日には、東京タワーの下半分がピンク色のライトアップになり、メインデッキには100個のキャンドルが灯されます。その光景はとても幻想的。月に1度しか体験することのできない、特別な夜を大切な人と共に過ごしてみてはいかがでしょうか。

特別な日に訪れたい。東京タワーのイルミネーション

東京タワーでは、季節に応じた特別なイルミネーションも開催されます。七夕やクリスマスなど、カップルにとってちょっと特別な1日の締めくくりを、東京タワーの美しいイルミネーションとともに過ごしてみてはいかがでしょうか。

天の川イルミネーション

毎年6月頃から8月末まで開催されている、東京タワーの人気イベントの一つ「天の川イルミネーション」。メインデッキフロア、

クリスマスイルミネーション

毎年恒例となっている、東京タワーのクリスマスイルミネーション「東京タワー ウィンターファンタジー」。東京タワー正面玄関前が、美しく煌めくイルミネーション、毎年変わるオブジェによって

1年に1日しか見られない特別なイベント・ライトアップも

東京タワーでは、ランドマークライトやダイヤモンドヴェール以外にも様々なライトアップが開催されます。中には1度きりしか見られないライトアップも多く、たまたま見られたらラッキーなものも。ここでは、そんな珍しい東京タワーのイベントライトアップをご紹介します。

乳がん早期発見啓蒙キャンペーン

乳がんの知識啓蒙キャンペーンである、ピンクリボンキャンペーンに合わせて、東京タワーがピンク色にライトアップされます。日本では毎年10月1日に行われており、東京タワーのほか、スカイツリ0ーやレインボーブリッジなど、都内各所がピンク色に輝きます。

世界糖尿病デー

毎年11月14日に開催される世界糖尿病デー。この日は、世界中のランドマークが一斉に青色にライトアップされる、ブルーライトアップが実施されます。

東京レインボータワー 華嵐

一日限りの美しいライトアップを見せた「東京レインボータワー 華嵐」。このライトアップは、嵐のフジテレビ出演番組のキャンペーンとして開催された、貴重なカラーリングのライトアップとなっています。

ドラえもんブルー

東京タワーで開催された、「藤子・F・不二雄展」と連動して開催された、ちょっと可愛いライトアップ「ドラえもんブルー」。ドラえもんのシンボルカラーである青や白、赤などを貴重に、展望室部分にはドラえもんの鈴型のイルミネーションがあしらわれました。

大都会を見る!感じる!絶景広がる2つの展望台

東京タワーにきたらぜひのぼってほしい展望台。高さのちがう「メインデッキ(大展望台)」と「トップデッキ(特別展望台)」の2つがあり、それぞれ異なる魅力があるのでぜひ両方のぼってみてください。

また、のぼる時間帯によってもいろいろな表情をみせてくれるのが東京タワーの展望台の特徴。日中と日没後の両方の景色もご紹介します。

メインデッキへのチケットは入口で購入!

入口正面の1番目立つ場所にチケット売り場があります。ここで、展望台行きのチケットを購入してタワー内へ進んでください。メインデッキまでの個人の入場料金は通常、大人(高校生以上)800円・子供(小中学生)450円・幼児(4歳以上)350円です。トップデッキへは、追加料金が発生します。

誕生日は東京タワーへ。お得なバースデー特典もあります

東京タワーでは、誕生日当日またはその前後1日に訪れると入場料が割引になるサービスもあります。大人は100円割引、子供・幼児は50円割引です。割引以外にも、限定のフォトサービスやプレゼントもあるので、ぜひお誕生日は東京タワーへ!
また、特典を受ける際には、運転免許証や保険証など、誕生日が証明できるものの提示が必要なのでお忘れなく。

地上150メートルメインデッキ2階へ

入口はいってすぐのエレベーターに乗って、いざ地上150メートルのメインデッキ2階へ。エレベーターは、一部がガラスで外が見えるようになっています。東京タワーの豆知識や案内を聞きながら、スリルも味わえてあっという間の約45秒で展望台に到着します!

メインデッキへ到着!

到着してまず目の前に広がるのが、地上150メートルから360°の大パノラマです。六本木ヒルズやレインボーブリッジ、天気のいい日は富士山まで見えることも。その絶景に圧倒されます。

壮大な東京の景色が一面に広がります。方角によっても見える景色が変わるので、ぜひ展望台をぐるっと1周してみましょう。

ちなみに、日が沈むとこんな夜景が見られます。とてもロマンチックな空間でデートにもおすすめです。

双眼鏡の無料貸し出しが大人気!大都会・東京をのぞこう

エレベータを降りてすぐ左には「双眼鏡無料貸し出しコーナー」があります。順番待ちになるときがあるほど大人気ぶりだとか。双眼鏡を使って大都会・東京をのぞいてみましょう。

東京23区で最も高い神社。絵馬もかわいい「タワー大神宮」

東京都23区で一番高い場所にある神社として人気のある「タワー大神宮」。れっきとした由緒ある神社で、恋愛成就・合格祈願・交通安全などのご利益があります。1番高い場所にあるゆえに、成績を高くしたい受験生も多く訪れるのだとか。

オリジナルの絵馬もかわいいんです。これだけ高い場所からお願いしたら、神様にもお願いが届きやすいはず!

多くの著名人も訪れているタワー神社は、タワー内でも人気のスポットです。

半世紀ぶりにみつかった「謎の軟式ボール」

2012年に塔頂部の耐震補強工事をしていた際に、アンテナ支柱部分の地上306メートルで「謎の軟式ボール」が発見されました。開設当初からその場所にあったボールは、訪れる人の注目の的です。
 

半世紀以上にわたって東京を見守り続けてきた謎のボールには、なかなかのロマンを感じます。

スリル満点!床がガラスの「ルックダウンウィンドウ」

思わず近くの手すりをつかんでしまうくらいスリル満点の「ルックダウンウィンドウ」。人気スポットでいつも人だかりができています。落ちそうでぜったい落ちないガラスの床から、下をのぞいてみましょう。

一万個のスワロフスキーが輝く。恋愛成就のパワースポット

「もう一つのダイヤモンドヴェール ~ラヴァーズ・パワースポット~」と称した、約1万個のスワロフスキーで輝く東京タワー型のオブジェもパワースポットとして注目を集めています。ピンク色でハートがモチーフのかわいらしいオブジェは、女性からも大人気!

恋愛成就のスポットとして注目を集めていて、恋愛と癒しのパワーストーン「ローズクォーツ」月の「恋愛成就お守りストラップ」も誕生。メインデッキグッズショップにて購入が可能です。

観光記念に。東京タワー感あふれるフォトサービス!

メインデッキ2階では、東京タワーの観光記念に、フォトサービスも行っています。出来上がった写真は1300円(税込)でその場で購入ができます。持参したカメラでも撮影してもらえますよ。

地上145m。東京一望しながらの食事が楽しめる 「カフェ ラ・トゥール」

メインデッキ1階の窓際に店を構えるカフェ ラ・トゥールでは、昼間は東京の街並みを、夜は東京の煌めく夜景を一望しながら、ドリンクや軽食を楽しむことができます。窓際に設置されたカウンターは、テラス風になっており、雰囲気も抜群。メニューはコーヒーや、タワーソフト、サンデーなどが充実しています。東京の景色を眺めながら、ゆったりとしたひと時を過ごしたいという方にうってつけのカフェです。

店舗情報

音楽と夜景を贅沢に楽しむ。「Club333」

カフェ ラ・トゥールのすぐ横には、日替わりで様々なイベントが開催される「Club333」があります。開催されるイベントは、コンサートや、DJ、トークショーなど多岐に渡り、東京の美しい夜景と合わせて音楽の生演奏を楽しむ事もできます。チャージなどもかからず、メインデッキへの入場料金で楽しめますので、お出かけ前にイベント情報をチェックしてから遊びに行くと、より東京タワーのメインデッキが楽しめることまちがいありません。

Club333のイベントスケジュールはこちら

さらに100メートル上へ。地上250メートルのトップデッキ

メインデッキ2階にて、チケットを購入しさらに100メートルほど高いトップデッキに移動します。

黒とグレーを基調としたシックなメインデッキとは一転、未来や宇宙の浮遊感覚をイメージさせるような空間が演出されています。特に夜間は、足元に埋め込まれているLEDライトが赤・青・緑に輝き、幻想的でロマンチックな雰囲気をかもし出します。

眼下に見える夜景は宝石箱のようにきれいです。

メインデッキよりさらに高い場所から眺める東京の景色は必見です。

景色を楽しみながら運動不足も解消!東京タワーを階段で昇ろう

東京タワーでは、土・日・祝日限定でメインデッキへの「昇り階段」を開放するイベント「東京タワーを階段で昇ろう!」が行われています。昇り階段は、フットタウン屋上からメインデッキまでの約600段。

外階段なので、雨天や悪天候の場合は中止になります。

「600段!」と聞くと大変そうに感じるかもしれませんが、小学生以下の小さな子供でも15分ほどで昇りきれます。階段の途中には、ノッポン兄弟からのクイズや消費カロリーも表示され、あっという間にメインデッキに到着します。

普段運動不足の方や、ダイエット中の方にもおススメです。東京の景色を眺めながら、健康的でたのしい東京タワー名物の「昇り階段コース」にぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

階段コースを利用すると、昇ったひと限定で「ノッポン公認 昇り階段認定証」がもらえます。認定番号付きで、記念になること間違いなしです!

ここでしか手にはいらない。東京タワー人気商品ベスト3!

棟内には、公式のお土産ショップが数か所に設けられています。その中でも、メインデッキ2階にあり。東京タワーにまつわる人気おみやげ商品が集まる「THE SKY」の人気商品ベスト3とおススメの限定商品をご紹介します!

第1位 「TOKYO TOWER ミネラルウォーター」 

堂々の第一位は、東京タワー型のペットボトルに入ったミネラルウォーターです。リアリティあふれるデザインは、飾っておいてもオシャレ。静岡県伊豆国市で採水された水が入っていて、赤ちゃんからご年配の方まで、喜んでもらえそうなお土産です!

第2位 「東京タワーキャラメル」 


レトロでどこか懐かしいデザインが人気の「東京タワーキャラメル」。お手軽な価格のこの商品は、大人数に配るお土産としてもおすすめです!ノッポン兄弟や東京タワーをはじめ、富士山や桜も描かれているので、外国人の方にも人気の商品です。

第3位 「タワーズボトル」

東京タワーをかたどったボトルにカラフルなラムネやチョコレートが入った「タワーズボトルシリーズ」。チョコやソーダ味のミンツ、金平糖、ガムなど、全5色から選べる大人気商品です。つい食べ終わったあとも飾っておきたくなるキュートなデザインはお土産にも最適です。


 
おススメ商品「2016年限定オリジナルピンズ」

数量限定の東京タワーオリジナルピンズです。2016年限定モデルな上に、数量も限定の注目の商品です。毎年、デザインの変わるこの商品は、タワーの職員の方がデザインされているのだとか。昇った記念に残るピンズは、プレゼンとしても人気な商品です。

日中の景色と夜景でちがう表情を見せる東京タワー。15時半頃からのぼりはじめるとどちらの景色も味わうことができるのでおススメです。夕日どきから日の入りにかけて色づく東京の景色はとてもロマンチックです。家族や友人と、さらにはカップルでも楽しめる東京タワーにぜのぼってみてはいかがでしょうか!

東京観光

▼東京観光をするのにぴったりなおすすめスポットをまとめた記事を紹介します。


画像提供:東京タワー

前の記事へ 次の記事へ