塩原温泉

栃木県 那須・板室
  • 日帰り温泉 その他

基本情報

名称

塩原温泉


シオバラオンセン

住所

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原


地図を見る
アクセス方法 ・西那須野駅からバスで45分 45〜60分
連絡先 問合せ先 電話番号:0287-32-4000

塩原温泉は紅葉や新緑、雪景色が美しく、滝をつくり岩を縫って流れる箒川の渓谷美や森林、高原火山の山岳景観、そして豊富な湯量、多種多様な泉質の温泉が特徴。また、その自然は四季の移り変わりとともにその表情を変えて訪れる人の目を楽しませてくれる。七十余の滝が流れ落ちる箒川の清流、清流に架かる十四の吊り橋、十一の名湯、多種多様の遊歩道と自然観光スポットがたくさんあり、塩原温泉は見所満載。豊かに湧き出る温泉は、塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、硫黄泉、単純温泉など、その泉質も多種多様で塩原温泉全域で毎分約1万リットルの湧出量を誇り、全国有数の一大温泉地を形成している。また、本州一の長さを誇る「もみじ谷大吊橋」や、大正天皇・昭和天皇や多くの貴族が避暑地として訪れた旧塩原御用邸御座所である「天皇の間記念公園」、源有綱ゆかりの「源三窟」、木の葉化石園などがあるほか、のんびりと街を行くトテ馬車も名物のひとつ。平成18年8月には塩原温泉開湯1200年を記念して、「湯っ歩の里」という全長60メートルの日本最大級の足湯の施設ができた。塩原の豊かな自然を眺めながらゆっくり足湯浴を楽しむことが出来る。さらに、浴槽内には足裏を刺激する石があり、歩くことで足つぼを刺激し足湯浴の効果をアップさせてくれる。また、飲泉ができる「飲泉堂」、「湯霧、間欠泉、湯池」などの名湯塩原温泉による幻想的な世界を体験でき、これまでにない新たな癒しの温泉空間となっている。園内は回遊型の温泉庭園では、梅、椿やツツジなど古木や四季折々の花木が鑑賞でき、塩原温泉の自然や歴史を感じながら散策することができます。温泉街の中心地にあることから、塩原観光の拠点として、塩原もの語り館、紅の吊橋、山ゆりの吊橋などの周辺観光施設を見学しながら温泉街を周遊する情報施設としても活用されている。

詳細情報

温泉効能 リューマチ・神経痛 胃腸病 外傷・骨折・火傷 痔 呼吸器病 糖尿・肥満 病後回復・ストレス解消
区分 温泉

周辺のスポット