名古屋城

愛知県 名古屋
  • 城郭

基本情報

名称

名古屋城


ナゴヤジョウ

住所

〒460-0031 愛知県名古屋市中区本丸1-1


地図を見る
営業時間 公開 9:00〜16:30 入場は16:00まで 休業 12月29日〜1月1日 カウントダウンイベントにより、31日は開園時間変更の場合あり
アクセス方法 ・地下鉄市役所駅から徒歩で5分 ・名古屋駅から名古屋観光ルートバス:メーグルで23分 「名古屋城」下車 ・名古屋高速都心環状線「丸の内」から車で5分 出口から北へ
料金 ・〔中学生以下0円 大人500円 団体割引30人以上450円 100人以上400円〕 〔徳川園との共通券あり 大人640円 名古屋市在住65歳以上160円〕 〔名古屋市在住65歳以上100円 団体割引30人以上90円 100人以上80円〕 〔1年券/大人2,000円 名古屋市在住65歳以上600円〕
連絡先 所在地 電話番号:052-231-1700 問合せ先 電話番号:052-231-1700
ホームページ http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

徳川家康が外様大名を動員して築城。慶長15年(1610)着工、同19年に完成した。本丸・二の丸・西の丸・御深井丸・三の丸の五郭から成る規模雄大な城で、ことに金鯱をのせた壮大華麗な天守閣はひろく天下に知られた。元和2年(1616)家康の九男義直が入城。以来、徳川御三家筆頭、尾張藩六十一万九千石の牙城となる。昭和20年、米軍の空襲で天守閣以下ほとんどの建物を焼かれたが、昭和34年、再建されたほか、西北・西南・東南の各隅櫓と表二ノ門がもとの建物で現存。本丸を囲む石垣や空堀・外堀などは原形を伝え、二ノ丸庭園も一部だけ残っている。◎徳川家康(1542-1616)岡崎城主松平広忠の子。織田信長・豊臣秀吉亡きあと、関ケ原の戦いで勝利を収め、征夷大将軍に任ぜられ江戸幕府を開いて、徳川三百年の基礎を築いた。◎徳川義直(1600-50)家康の九男。尾州藩の祖。よく家康の遺訓を守って藩政を固め、学問を奨励し、藩風の基礎を作った、わが国で初の聖堂を建て、その廟所も儒教式である。◎徳川宗春(1696-1764)尾州藩第七代藩主。『温知政要』を著して施政方針を示し、遊芸を奨励し、名古屋を大いに繁栄させたが、財政難を招き、幕府から蟄居を命じられた。◎徳川慶勝(1824-83)尾州藩の支藩高須藩主の二男。尾州藩一四・一七代(最後)の藩主。親藩の藩主でありながら、終始、勤皇の立場をとった。

詳細情報

バリアフリー設備 障がい者用P ○ EV ○ エレベーターは天守閣5〜7階はない 車椅子対応EV ○ エレベーターは天守閣5〜7階はない 車椅子貸出 ○ 車椅子対応トイレ ○ 盲導犬の受け入れ ○ 割引 ○ 市内在住65歳以上手帳提示で100円、障がい者手帳提示・介添者2名無料
建築年 1612

周辺で人気の店舗

周辺のスポット