大坂夏の陣古戦場跡

大阪府 大阪東部(寝屋川・守口・門真・東大阪)
  • 観光名所

基本情報

名称

大坂夏の陣古戦場跡


オオサカナツノジンコセンジョウアト

住所

大阪府柏原市玉手町〜片山町


地図を見る
アクセス方法 ・ 近鉄大阪線「河内国分駅」、近鉄南大阪線「道明寺駅」
ホームページ http://www.city.kashiwara.osaka.jp/siseki/kosenjo/natunojin.htm

1614年(慶長19年)に大坂冬の陣、1615年(慶長20年)に大坂夏の陣、と2度にわたって、大坂城をめぐって豊臣方と徳川方の戦が行われた。ここ玉手山は、夏の陣の戦端が開かれた地だ。玉手山公園には、後藤又兵衛基次の碑や、豊臣・徳川両軍の戦死者の供養塔、吉村武右衛門の碑などの石碑が建てられている。中でも後藤又兵衛の碑が有名だ。玉手山公園にある又兵衛の碑の横に「後藤又兵衛しだれ桜」という桜が植樹されている。春には、淡いピンク色の綺麗な桜が咲くそうだ。

周辺のスポット