漆の庚申塔〔県指定有形民俗文化財〕

鹿児島県 霧島
  • 史跡

基本情報

名称

漆の庚申塔〔県指定有形民俗文化財〕


ウルシノコウシントウ

住所

〒899-5301 鹿児島県姶良市蒲生町漆1798-1


地図を見る
アクセス方法 ・姶良市蒲生総合支所から車で15分
連絡先 問合せ先 電話番号:0995-52-1211
ホームページ http://www.city.aira.lg.jp/

大永3年(1523年)に建てられた庚申塔。 もともとは「経(きょ)の塚」と呼ばれ愛宕山の麓にありましたが、太平洋戦争末期に現在の場所に移されました。 庚申とは「かのえさる」のこと。道教の三尸(さんし)説を母体に民間信仰、習俗を習合して成立した信仰。60日ごとに訪れる庚申の日に寝ている間、三尸の虫が体から抜け出して、天帝に自分の罪科を報告することを封じるため、酒盛りや雑談をしながら夜通し起きている風習がありました。

周辺のスポット