アソビューの特徴

東京都の江戸切子体験

東京都の江戸切子体験を3店舗から検索・比較。初心者でも安心して楽しめる東京都の江戸切子体験が最安値で見つかります。みんなの体験・思い出やお得な割引情報など、東京都で江戸切子体験を探すならアソビュー!

最短で 4/19(今日)のお出かけへ!

東京都の江戸切子体験 ランキング

江戸時代から続く江戸切子を、東京で体験

東京で江戸切子を体験するならアソビューにおまかせ。アソビューでは初めてでも江戸切子を体験できる教室・工房を、料金の安い順・おすすめ順・口コミ情報などの情報から比較・予約できます。体験教室は講師の実演付きなので安心。グラスなどを削って模様を入れる江戸切子は、さまざまなデザインを楽しめます。すりガラス模様が美しい、高級感あふれる一品を作りましょう。

■江戸切子とは?
江戸切子とは、ガラスを削って模様を入れる技法、またはその作品のことをいいます。ガラスには深い彫りが刻まれており、市松模様や菊の模様などが彫刻されています。彫りが深いため、見る角度によって光り方が変わるのが美しい作品。作品はすべて職人の手作りで作成されるため、高級品として販売されています。

■江戸切子の歴史
江戸切子は19世紀江戸時代、江戸で発祥した技法です。海外から伝来したガラス製品に彫刻を入れたのが発端とされ、現代まで続いています。最初は透明なガラスに彫刻を入れていましたが、やがて青や赤などの色ガラスを合わせたものが使用されるようになります。
切子にはもう一種類あり、薩摩切子があります。こちらは薩摩藩で発祥した切子で、赤・青・紫・緑などの色が使用されているのが特徴。色も江戸切子よりも濃く、色ガラスと透明ガラスのコントラストが引き立つ作品です。薩摩切子は明治初頭に途絶えており、幻の切子と呼ばれています。

■江戸切子の模様の入れ方
江戸切子はグラインダーという機械で、縦に線を引きます。この線を組み合わせることで、星・花火・花などの模様が生まれるのです。他にも、麻の葉のような形をした模様や、竹籠の網目のような見た目をした「六角籠目」など、伝統的な文様もチャレンジできます。

■初心者でも江戸切子を作れる?
講師がレクチャーするので、初めての人でも江戸切子作品を作れます。体験で作れるものは、グラス・お皿などがあります。

■ガラスは割れない?
江戸切子ではガラスを削る作業がありますが、表面を薄く削るだけなので、ガラスが割れることはめったにありません。初心者でも安心して参加できます。