【徹底解説】湯沢グランドホテルの魅力とは!おもてなしの最上級がここにある!

あそびのジャンル
タグ

観光旅館に求めるものといえば、四季折々の美味しい食事とゆったりとくつろげる温泉施設という方は、少なくないようです。都会の喧騒から離れ、自然あふれるレジャーを時間いっぱい楽しみ、クタクタになったところで、旅館からの最高のおもてなしを受けると、身も心も癒されるでしょう。今回は、そんな最上級のおもてなしを受けることができる温泉旅館「湯沢グランドホテル」の魅力と、お得に利用できる情報をまとめていますので必見です。

湯沢グランドホテルとは

新潟県南魚沼郡湯沢町にある湯沢グランドホテルは、越後湯沢駅西口正面の温泉街の中心にある政府登録国際観光旅館です。収容人数は435名で、客室は87室(全室バス・トイレ付)、貴賓室が3部屋、特別室が7部屋、温泉露天風呂付客室が2部屋あります。和風情緒漂う、離れのお風呂「季里の湯」は、湯沢グランドホテルの敷地内で越後湯沢温泉を堪能できるため、老若男女を問わず人気です。館内には、大小さまざまな和風の宴会場や洋風のダイニングルーム、300名の収容が可能な会議室が完備されています。また、車でわずか10分以内に複数のスキー場へアクセスすることができるロケーションで、癒しと遊びを兼ね備えた温泉旅館を楽しめるでしょう。

館内湯めぐりができる温泉

湯沢グランドホテルには、館内だけで湯めぐりを満喫できるくらいのさまざまな浴場を楽しむことができます。「季里の湯」は、お庭情緒あふれる離れの湯けむり座敷です。女性専用と男性専用で分かれており、女性専用には「季楽な湯」「庭咲の湯」「岩風呂」、男性専用「季間々な湯」「庭風の湯」「泡風呂」があります。また、男女両方ともについているのがサウナと水風呂です。まず、女性専用の季楽な湯は大浴場となっており、竹林を眺めながらお湯を楽しめます。庭咲の湯は、屋根付きの廊下でつながっている露天風呂です。お風呂のお湯にはきめ細やかな泡があり、身体を刺激して新陳代謝が高まります。四季の彩りを感じながらお湯につかれるのですが、特に冬季は積雪により雪見風呂を堪能できるでしょう。岩風呂は庭咲の湯に隣接しており、こちらも岩や木々がきれいに配置されたお庭を見られるタイプの露天風呂です。

次に男性専用の季間々な湯には、大きな窓で開放感のある大浴場があります。庭風の湯は岩で囲まれた露天風呂で、隣接しているのが気泡の弾ける泡風呂です。また、季里の湯から上がると湯上り処「季の里」があり、時間帯によっては1杯の湯上りドリンクの無料サービスを受けることができます。館内にある内風呂も完備されており「岩の湯」は女性専用の30名くらいが利用可能で「若草の湯」は男性専用の20名くらいが利用可能です。どちらも広々とした大理石風呂となっており、足を伸ばせるため開放感を味わえます。また、男女両方にそれぞれ隣接する露天風呂があり、大きな岩が並ぶ洞窟風呂のような風合いを楽しめるでしょう。

新潟が誇る旬の食材を使った料理

湯沢グランドホテルの食事は、旬の食材が活かされた最高のおもてなしと言えます。中でも魅力的なのは、米どころ新潟県が誇る「南魚沼・塩沢産コシヒカリ」です。炊き上がりはふっくらとしており、1粒1粒がしっかりとした弾力のある粘りが特徴的で、独特の甘さを感じることができます。味だけでなく、香り・つやも一級品の南魚沼・塩沢産コシヒカリは、大地の恵みの賜物です。特に夏の昼と夜の温度差が非常に大きい気候である南魚沼地区では、稲が効率よくデンプンを作り出すことができます。夏季でも冷たく水質の良い雪解け水と豊かな土壌により、美味しいお米へと成長していけるのです。湯沢グランドホテルでは、契約農家が1年間手塩にかけて育てた日本一のお米を味わえるでしょう。

宿泊プランのほとんどには、南魚沼・塩沢産コシヒカリも食べ放題のバイキングがついており、厳選した越後湯沢の旬の味覚を堪能できます。朝食のバイキングでは、目の前で握ってくれるおにぎりサービスがあり、具材は元笹川流れの天然塩など数種類から選べて、手作りの懐かしい味を楽しめるでしょう。また、南魚沼・塩沢産コシヒカリにあった手作りの生姜味噌・蕗(ふき)味噌や、田舎ぜんまい、五目ひじき、筑前煮などの惣菜が並ぶので、朝食からボリュームがあります。約50種類の豪華な夕食バイキングでは、ホタテ・サザエ・海老などの海鮮焼きや、鉄板焼きの牛ステーキなど、料理人がその場で調理するものが多くて魅力的です。

アクセス抜群のスキー場

ウインタースポーツは、越後湯沢の楽しみの一つです。湯沢グランドホテルには宿泊者専用のスキーレンタルルームがあり、スキー、スノーボード、スキーウェア、ソリなどのレンタルが可能です。ホテル周辺には、さまざまなスキー場があり「GALA湯沢スキー場」へのアクセスは、無料の巡回シャトルバスが運行しています。GALA湯沢スキー場は、最長滑走距離は2,500m、コース数は17コースもある大きなスキー場です。コースの難易度は、上級者、中級者、初中級者、初級者に分かれているため、小さな子どものいる家族からスキーのベテランの方まで、幅広く楽しめるスキー場です。

子ども用にキッズ専用コースを使用したスポンジ・ボブのスキー&スノーボードスクールがあったり、ソリ遊びが楽しめる「ゆきあそびパーク」があったりします。また、保育士資格を持った専門スタッフがいる託児所施設など、家族で来ても全員が満足できるでしょう。また、JRガーラ湯沢駅と直結しているスキーセンター「カワバンガ」も施設が充実していて便利です。温泉施設「SPAガーラの湯」や無料休憩スペース「IRORIラウンジ」があり、雪遊びの後にのんびりとくつろげます。

湯沢グランドホテルから一番近いスキー場は、ホテルから歩いて行くことが可能です。ファミリー向けの「一本杉スキー場」はホテルの裏手にあり、徒歩2分で行けます。滑走距離は400m、最大斜度は12度、コース数は1コースで、スノーボードの利用はできません。そのため、スキー初心者にちょうど良いコースとなっています。スキーだけでなく、雪遊びやソリ遊び専用のフェンスで囲われているフィールドがあり、安全面に配慮されています。

バラエティ豊かな客室

湯沢グランドホテルには温泉宿らしさあふれる客室が多く、その種類はさまざまです。8畳~17.5畳の和室1間、10畳とベッドが2つある和洋室、2つの部屋がある和室2間の3種類は、リーズナブルに宿泊できます。南館5階の4室限定のセミスイート「デザイナーズモダンルーム」は、カップルやご夫婦に人気です。間接照明によりムード漂う部屋には、和風ベッドが配置され、どんなタイミングでも気兼ねなくゆったりとくつろげるでしょう。

貴賓室は、3室限定の特別な客室で、それぞれに名前がついています。東館7階にある「嵯峨(さが)」は、12.5畳と8畳の2間タイプです。同じく東館7階の「瑞雅(ずいが)」には、12.5畳と12畳の2つの部屋に加えて、庭園がついた贅沢な造りとなっています。そして「王朝(おうちょう)」には、12.5畳の部屋とリビングルームとベッドルームが配置されており、VIPに対応した貴賓室です。また、同じ高さにある南館7階の特別室でも、部屋にいながら景色を堪能できるでしょう。

東館5階には、6室限定の窓辺にお風呂を設えた「半露天風呂付き客室」があります。この客室は、ゆっくりと入浴を楽しみながら越後湯沢の温泉街を一望できる部屋です。また、ホテルの裏手にあるスキー場を見ながら温まれる部屋もあり、どちらもいつもと違った入浴スタイルを味わえます。もう1種類の露天風呂が付いた客室は、東館3階の2室限定「源泉掛け流し露天風呂付客室」です。その名の通り、源泉掛け流しの露天風呂が部屋についています。そのため、誰にも邪魔されることなく安心して温泉につかれるので、高い人気があります。

館内施設とさまざまなサービス

人気が高く予約がなかなか取れない半露天風呂付き客室や源泉掛け流し露天風呂付客室だけが、貸し切り露天風呂ではありません。ホテルの内風呂である「若草の湯」は、12:00~19:00では男性専用の温泉として利用されています。しかし、20:00以降では1日4組限定の貸切風呂として利用可能となるのです。1組45分間の利用料金は通常4,000円ですが、公式Webサイトで申し込むと2,000円支払えば、若草の湯を貸し切りにできます。

温泉旅館ならではのリラクゼーションやカラオケルームも、湯沢グランドホテルの魅力です。指圧マッサージによる全身マッサージは、指の力で身体の表面に圧力をかけて、筋肉の凝りや緊張をほぐされるのでリラックスできるでしょう。また、足つぼマッサージは、数十種類ある全身のつぼが集結した足の裏やふくらはぎ、もも裏を希望のコースによって刺激します。これら2種類のマッサージは、1階リラクゼーションルームだけでなく、宿泊しているお部屋でも受けることが可能です。

ホテルの内風呂である「若草の湯」「岩の湯」のそれぞれには、韓国式あかすりを体験できます。スペシャルコースには、古い角質を取り除き、血行をよくする効果があるとされる「全身あかすり」に加えて、リンパマッサージや顔パックのついた特別なコースです。リラックスした後には、大型スクリーンを完備した50名収容可能なカラオケルーム「スターダスト」で盛り上がれます。立ち寄りで歌うことができる「カラオケスナックシャンゼ」など、お酒を飲んで気分が良くなったときには、歌ってストレス発散するのも一興です。

湯沢グランドホテルの宿泊料金

通常価格

  • 大人1泊2食付き9,648円~

ファミリープラン

  • 大人:1泊2食付き8,518円~
  • 小学生:大人料金の70%
  • 3歳から未就学児(食事布団あり):大人料金の50%
  • 3歳から未就学児(食事布団なし):1,500円

カップル・ご夫婦プラン

  • お一人様1泊2食付き12,375円~

ビジネスプラン

  • お一人様素泊まり6,000円~

湯沢グランドホテルのお得な宿泊プラン

1,000円分の館内利用券

公式サイトからの予約によって、館内で利用可能な1,000円分の利用券が進呈されます。電話での予約の場合は、進呈されないため注意が必要です。

  • 館内の商品1,000円分→0円

早期得割50

50日前の宿泊申し込みで通常料金からお一人様、2,000円引きとなる割引プラン

  • 大人1泊2食付き通常9,648円~→7,648円~

GALA湯沢リフト1日券付プラン

スキー・スノボープランの利用で、GALA湯沢スキー場で利用できるリフト券がプレゼントされます。GALA湯沢リフト1日券の通常料金は4,600円で、通常の1泊2食付きの宿泊料金をプラスすると14,248円~です。

  • 通常料金14,248円~→9,875円~(1泊2食付き+リフト券付き)

女性半額プラン

セミスイートのデザイナーズモダンルームの通常価格は1人17,820円ですが、女性の分が半額になるお得なプランです。

  • 通常は17,820円×2人=35,640円→女性8,910円、男性17,820円となるので2人合わせて26,730円

湯沢グランドホテルの営業時間

  • フロント:7:30~22:00
  • 夜食コーナー:21:00~24:00
  • 売店:7:30~20:30
  • 通常チェックイン15:00、チェックアウト10:00
    ※チェックインが遅れそうな場合、事前連絡で24時まで受付可能。
    ※年に1~2回、全館休業日があり。

湯沢グランドホテルへのアクセス

電車を利用する場合

  • 上越新幹線「越後湯沢」駅から徒歩約2分、無料送迎バスあり。
  • 東京駅から上越新幹線で約1時間20分
  • 新潟駅から上越新幹線で約50分
  • 名古屋駅から東海道新幹線で東京駅を経由し、上越新幹線で約3時間15分
  • 新大阪駅から東海道新幹線で東京駅を経由し、上越新幹線で約4時間10分

車を利用する場合

  • ・湯沢ICからホテルまで車で約3分
  • ・東京から関越自動車道「練馬IC~湯沢IC」が約1時間50分
  • ・新潟から北陸自動車道「新潟IC~長岡JCT」が約30分、関越自動車道「長岡JCT~湯沢IC」が約1時間、合計約1時間30分
  • ・名古屋から中央自動車道「小牧JCT~岡谷JCT」が約2時間、長野自動車道「岡谷JCT~更埴JCT」が約1時間、上信越自動車道「更埴JCT~藤岡JCT」が約1時間30分、関越自動車道「藤岡JCT~湯沢IC」が約1時間、合計約5時間30分
  • ・大阪から名神自動車道「吹田IC~米原JCT」が約1時間10分、北陸自動車道「米原JCT~長岡JCT」が約4時間40分、関越自動車道「長岡JCT~湯沢IC」が約1時間、大阪方面から湯沢ICまでは約7時間10分

湯沢グランドホテルの駐車場
湯沢グランドホテル利用者専用の駐車場で、事前予約不要の無料パーキングです。ホテル正面玄関前は、全て駐車場となっており、大型バスの駐車場もあります。駐車台数は100台で、大型バスは最大12台、中型・小型バスは20台駐車可能です。

町営滝沢駐車場 
温泉通りの観光に最適な駐車場で湯沢グランドホテルの北西にあります。冬の時期の8:30~17:00に利用すると有料となりますが、それ以外の時間帯は無料です。
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢500-8
駐車料金(1日料金)
普通車(軽自動車):500円
中型車(マイクロバス):1,000円
大型車:1,500円

  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS