【徹底取材】宮島水族館の魅力とは!人気のスナメリから料金やお土産、アクセス情報まで!

あそびのジャンル
水族館 その他
タグ

世界遺産・厳島神社から徒歩5分の場所に位置する「宮島水族館」。「いやし」と「ふれあい」をコンセプトに、瀬戸内海の生き物が飼育されています。今回は宮島水族館の魅了を徹底取材してきました。

宮島水族館とは

宮島水族館は、世界遺産・厳島神社のすぐそばにある中国地方有数の水族館です。2011年8月にリニューアルオープンし、瀬戸内海の生き物を中心に約350種類、13,000点以上の生き物を展示しています。なかでも「瀬戸内のクジラ」と呼ばれるスナメリは癒されると大人気。またカワウソやペンギンなど可愛い生き物たちと身近にふれあえるのも嬉しいポイントです。

笑顔がキュートな瀬戸内のクジラ

宮島水族館のアイドル「スナメリ」です。絶滅が危惧されており、日本の水族館には20頭しかいないスナメリ。宮島水族館では4匹のスナメリを飼育しています。スナメリは好奇心旺盛なことでも知られ、手を振ると近寄ってくることもあります。笑っているかのような口元が特徴のスナメリに会いにきてみませんか?

宮島の空飛ぶペンギン

空を飛ぶようにスイスイと泳ぐペンギンたち。とっても気持ちよさそうですね。宮島水族館にいるペンギンは、フンボルトペンギンという種類で主に南米のチリやペルーに生息しています。暖かい地域の出身なので、熱い夏でもよちよちと元気にお散歩する様子が見れますよ。ペンギンのお食事タイムも毎日開催。愛嬌たっぷりなペンギンたちの動きに引き込まれます。15時から始まるえさやり体験にもぜひ参加してみてくださいね。

メインイベント・アシカタイム

水族館といえば、イルカショーのイメージが強いですが、宮島水族館では「アシカライブ」が人気を博します。逆立ちしたり、輪投げをキャッチしたり、客席から近い場所でパフォーマンスしてくれるのが嬉しいポイント。ジャンプする姿もとってもカッコイイですよ。
 

宮島水族館の営業時間と休館日


営業時間

  • 9:00~17:00(※最終入館時間は16:00)

休館日

施設整備・点検のため臨時休館日あり

※事前に公式HPで休館日をご確認ください。             

宮島水族館の料金

入館料

一般 小・中学生 幼児 4歳未満
1,400円 700円 400円 無料

※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は半額、同伴者1名まで無料。      

宮島水族館の前売りとセット券情報

 残念ながら、現在のところ宮島水族館の割引券は販売されていません。しかし、コンビニでの前売り券、宇品からアクセスする場合にお得なセット券または年パスが用意されているので、ぜひ利用してみてください。

コンビニ前売り券情報

宮島水族館の前売り券は、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクスで購入可能。

【購入方法】

・セブンイレブン端末
「チケット」→「JTBレジャー」をタッチ→「商品番号入力での直接購入」を選択→「023 2677」の番号を入力

・ローソンLoppi
「各種番号をお持ちの方」→「023 2677」の番号を入力

・ファミリーマート Famiポート
「チケット」→「JTBトラベル・レジャー」→「商品番号入力」をタッチ→「023 2677」の番号を入力

宇品からの高速船と宮島水族館のセット券

宇品周辺から宮島に訪れる際は、高速船と水族館の入場券がセットになった「みやじマリンパック」がオススメ。当日購入でき、片道または往復プランのどちらかを選べます。往復プランだと、通常より800円もお得ですよ。

【パック料金】

往復プラン

一般 中学生 小学生 幼児
3,900円 3,200円 2,000円 400円


片道プラン

一般 中学生 小学生 幼児
3,000円 2,300円 1,500円 400円

詳細はこちら

宮島ツウなら年パスがお得!

宮島水族館では、年間パスポートも販売されています。料金は3,500円で、3回以上利用するなら圧倒的にお得です。年パス会員限定のイベントも毎月開催されているので、宮島によく行く方は利用してみてくださいね。

一般 小・中学生 幼児
3,500円 1,700円 1,000円

宮島水族館のアクセス!

宮島水族館は、宮島口桟橋から徒歩、バス、またはタクシーでアクセスできます。宮島島内にはコインパーキングがないので、対岸のフェリー乗り場周辺に駐車することをオススメします。

【徒歩】
宮島桟橋より厳島神社方面へ徒歩25分。先に厳島神社を巡り、出口から5分程歩くとスムーズにたどり着けますよ。

【バス】
小さな子供連れやお年寄りの方は、宮島桟橋から乗合バス・宮島メイプルライナーの利用が便利です。10分程で到着します。

料金
・大人 300円
・小人(6才~12才) 150円

時刻表はこちら

【タクシー】
時間を有効に使いたい!という方は、宮島桟橋からタクシーを利用することもできます。宮島水族館までの運賃は、700円~800円程度です。

宮島水族館の所要時間と混雑状況


所要時間

所要時間はだいたい1時間半~2時間ほどです。宮島観光のすきま時間に訪れるのにもちょうど良いですね。手にスタンプを押してもらうと当日は何度でも再入場できますよ。

混雑状況
年末年始・お盆・GW・シルバーウィークの時期は、大変込み合います。また紅葉の時期も観光客が多いので、平日または通常の土日に訪れるのがオススメです。

旅の始まりは、宮島口駅。

広島駅から電車で約30分の宮島口駅は、世界遺産の厳島神社に訪れる多くの観光客で賑わいます。

フェリーに乗って宮島へ

宮島口を出た後は、地下通路を使い宮島口フェリー乗り場に向かいましょう。フェリーにて宮島口から約10分で宮島桟橋に到着します。運賃は片道180円、フェリーは15分間隔で運行します。

このフェリーに乗り込みます。オススメの座席は、3階のテラス席。日本三景と言われる宮島の美しい景観を横目に船の旅を楽しんでください。

標識に従って宮島水族館へ

宮島に到着後は、徒歩にて宮島水族館に向かいましょう。フェリー乗り場を降りたら右手の海沿いの道を歩きます。

厳島神社を横目に歩く


この道は、厳島神社に続く道。宮島水族館には厳島神社とセットで訪れるのがオススメです!宮島水族館は、厳島神社から徒歩5分の距離にあります。

宮島水族館に到着!

宮島水族館に到着しました。茶色を基調にしたシックなデザインの宮島水族館。宮島水族館では、スナメリやペンギン、カワウソなど約350種類の生き物が飼育されています。今回は、広島・瀬戸内らしいエリアや注目のイベントを中心にご紹介していきます。瀬戸内海の魅力に出会う旅に出発しましょう。

エントランスのロッカールーム

水族館を回るとき重い荷物を持ち歩きたくないですよね?宮島水族館のエントランスにはロッカーが完備されており、荷物を預けてストレスフリーに館内を楽しめます。

安心の車椅子レンタル


足の不自由な方に向けて、車椅子も完備。スローパーとエレベーターで移動できるので、車椅子やベビーカーの方も安心して展示を楽しめます。また、授乳室も完備されており子供連れでも安心して利用できます。

入館券を購入

券売機で入館券を買って入館しましょう。
入館料

  • 一般(高校生を含む) 1,400円
  • 中学生 / 小学生 700円
  • 幼児(4歳以上就学前まで) 400円
  • 4歳未満 無料

瀬戸内海の仲間たちに会いに行こう!

宮島水族館では、スナメリやペンギン、カワウソなど約350種類の生き物が飼育されています。今回は、広島・瀬戸内らしいエリアや注目のイベントを中心にご紹介していきます。

ワクワク感たっぷりのエントランス

まず入館して最初に見えてくるのは、朱色の柱が印象的なエントランス。宮島らしく、厳島神社の廻廊がイメージされているんです。

日本で唯一のカキいかだ水槽

広島といえば、やっぱり牡蠣ですよね。食べたことはあっても、海の中で生きている牡蠣を実際に見たことのある人は少ないのではないでしょうか。宮島水族館では、地元民でもなかなか目にすることのない「カキいかだ」の展示を間近で観察することができるんです。


2階に用意された箱めがねで水中を覗くと、牡蠣の周りを泳ぐカタクチイワシやアオリイカなどの魚たちを間近に感じられますよ。

癒し満載!宮島水族館最大の「ゆったり水槽」

宮島水族館最大の「ゆったり水槽」。水族館ではお馴染みのエイやサメをはじめ、普段見かけない珍しい魚まで多種多様な魚たちが暮らしています。

この水槽では、アオウミガメが泳いでいます。ゆったり泳ぐ姿に癒されること間違いなし。土・日・祝日限定で12時から「魚たちのお食事タイム」も開催されているので、訪れた際はお見逃しなく。

笑顔がキュートな瀬戸内のクジラ

つづいてお出迎えしてくれるのは、宮島水族館のアイドル「スナメリ」です。イルカとは異なり、背びれがありません。もっとも体が小さいクジラの仲間です。

口元がとってもキュートで、笑った顔もとっても愛くるしいですね。手を振ると「一緒に遊ぼうよ~!」と近づいてきてくれることがあるそうですよ。スナメリ水槽のバックヤードも公開されているので、エサやりの様子などをガラス越しに覗いてみてくださいね。

幻想的なクラゲのアート

毎年お盆を過ぎると大量に出現するミズクラゲ。ついつい邪魔者だと思われてしまいますが、水族館では、幻想的な空間を演出する人気者です。

赤、青、緑の光に照らされるクラゲ。神秘的な光景を目にして思わず足を止めてしまうお客さんが多いとのこと。大人でも楽しめるような展示が多いのも宮島水族館の魅力の一つです。


この水槽は、ブルージェリーフィッシュを展示。フィリピンに生息し、青・白・紺など1匹1匹体の色が違うという特徴があります。

絶対に見逃せない2種類の魚たち

 

暗い海の中で銀色に光る神秘的な魚・タチウオ。キラキラと輝きながら立ち泳ぎをする姿に目を奪われます。タチウオは繊細で飼育が難しく、水族館での展示は極めて稀だそうですよ。

日本ではきっとここだけ!テッポウウオのシューティングパフォーマンスが見られます。口から勢いよく水を飛ばし、枝や葉にとまっている昆虫を撃ち落とす、驚くべき技をぜひご覧あれ。

イベントスケジュール
平日:11:00 / 13:30
土・日・祝日:9:30 / 13:30 

想像以上の大きさにびっくり!
でっかいトドに会いに行こう

よいしょよいしょと一生懸命歩く巨大なトドも必見です。500キロを超えるトドがお腹からザブーンと勢いよく飛び込むシーンは迫力満点ですよ。

お食事タイムでは印象が一変。なんとも言えないまったりとした表情で餌を食べたり、ゆっくり頷いたり、かわいい一面も見せてくれます。

イベントスケジュール
平日:16:30
土・日・祝日:13:30 / 16:00

宮島の空飛ぶペンギン

空を飛ぶようにスイスイと泳ぐペンギンたち。とっても気持ちよさそうですね。宮島水族館にいるペンギンは、フンボルトペンギンという種類で主に南米のチリやペルーに生息しています。暖かい地域の出身なので、暑い夏でもよちよちと元気にお散歩する様子が見れますよ。


ペンギンのお食事タイムも毎日開催。愛嬌たっぷりなペンギンたちの動きに引き込まれますよ。15時から始まるえさやり体験にもぜひ参加してみてくださいね。

イベントスケジュール
平日:10:00 / 15:00
土・日・祝日:15:00

シークレットイベント!ペンギン散歩。


水槽の中で生活するペンギンは運動不足になってしまいます。そんなペンギンたちが廊下に出て散歩するシークレットイベントを1日1回開催。飼育さんに連れられてよちよち歩くペンギンをついつい応援したくなります。

運が良ければペンギンがお散歩しているシーンを間近で見られます。ペンギンには1頭ずつ名前がつけられていて、全てのペンギンの名前を覚えないと飼育員になれないそうです。

見た人みんなを惹きつけるカワウソ

 

得意な泳ぎで私たちを魅了してくれるのは、愛嬌たっぷりのカワウソです。


こんなにかわいい顔で見つめられたら、離れられなくなっちゃいそう。テクテク歩いたり、じゃれ合ったり、何をしても癒されます。平日の16時からは、両手を使って一生懸命ご飯を食べる姿を見ることができますよ。

メインイベント・アシカライブ

水族館といえば、イルカショーのイメージが強いですが、宮島水族館では「アシカライブ」が人気を博します。逆立ちしたり、輪投げをキャッチしたり、客席から近い場所でパフォーマンスしてくれるのが嬉しいポイント。ジャンプする姿もとってもカッコイイですよ。土・日・祝日のライブ終了後には、アシカとの記念撮影を楽しんでみてくださいね。

タイムスケジュール
平日:10:30 / 13:00 / 15:30
土・日・祝日:10:00 / 11:30 / 13:00 / 15:30

ふれあい広場・研究所

 

ふれあい広場では、アザラシ・ペンギン・カワウソと仲良くなれるイベントを実施中。実際に触ってみると、思ったよりも硬かったり、柔らかかったり、新たな発見がたくさんありますよ。

特にカワウソとのハイタッチは必見。うるうるした目で、ギュッと手を握られたら、心が奪われちゃいそうです。カワウソふれあいタイムは、土日限定で20名までしか参加できないので、早めに並んで予約カードをゲットしましょう。

イベントスケジュール

【アザラシふれあいタイム】
平日:11:10
土・日・祝日:13:50

※2019年1月24日から当面中止。再開の情報については、公式ホームページをご確認ください。

【ペンギンふれあいタイム】
平日:11:30 / 14:00
土・日・祝日:10:45 / 14:15

【カワウソふれあいタイム】
土・日・祝日:16:30

 

生き物の生態やナゾについて楽しく学べる「せとうち研究所」も毎日開催されています。親子で一緒に参加して、豆知識を増やしてみてはいかがでしょうか?

一風変わった期間限定イベント!

宮島水族館は、ユニークなイベントも盛りだくさん。公式HPのイベント案内ページをチェックして楽しいイベントを見つけてみてくださいね。

生きものと触れ合えるTouch Touch Touch

取材時には、「Touch Touch Touch」が開催されていました。カブトムシの幼虫に触れたりドクターフィッシュに手の角質を食べてもらえます。生き物の魅力を五感で感じられるイベントをお見逃しなく。

ドクターフィッシュ

ドクターフィッシュとして知られるガラ・ルファの水槽。手を入れれば、皮膚の老廃物を食べにガラ・ルファが寄ってきます。なんともくすぐったいですが、肌の古い角質が除去されお肌がツルツルになるんです!

カブトムシの幼虫


土の中にいるカブトムシの幼虫にTouch! この幼虫がカブトムシになるなんて。生きものの不思議を知れる展示です。

インスタ映えを狙うなら#ノゾクダケ

「ノゾクダケ」のコーナでは、普段上からじっくり見れない生きものを上から観察できます。アクリルを通さずに生きものを見ることで新たな一面を発見できるかも!SNS映えを意識した展示なので写真撮影をお忘れなく。

青い光に照らされるサンゴ礁。ハートを象った水槽をSNSにアップすればいいねの嵐間違いなし!

ゆらゆらとクラゲたちが漂っている水槽。ほんのりと緑の光に照らされた幻想的な光景が広がります。ついつい足を止めて見入ってしまうような展示が盛りだくさんの#ノゾクダケ。

たわしと一緒にすやすやと眠るハリネズミ。愛らしい姿に癒されます。
 

いやしの足湯

水族館で歩き回った後に最適な「いやしの足湯」。実は、ただの足湯ではなく水中でドクターフィッシュが泳いでいるんです。この魚が肌の古い角質をお掃除してくれるので、美肌効果が期待できますよ。体験する際は、タオルの持参を忘れないようにしてくださいね。

【期間】2019年4月7日(日)まで
【場所】1Fふれあいの磯

瀬戸内海を望む みやじマリンキッチン

瀬戸内海を眺めながら、食事ができる「みやじマリンキッチン」。広島の名物をふんだんに使った丼ものやラーメン、カレー、ハンバーガー、スイーツなどが販売されています。


宮島水族館の人気者「スナメリ」と「コツメカワウソ」のドーナツ(400円)はSNSで大人気。それぞれホワイトチョコレートとミルクチョコレートでコーティングされ、見た目がとってもキュートです。ぜひ2種類合わせて、写真を撮ってみてくださいね。

人気グッズをゲットしよう!

お土産ショップでもやっぱり人気は「スナメリ」グッズ。おなかを押すと可愛らしく鳴くそうですよ。

スナメリぬいぐるみ
LLサイズ(約78cm)6,000円
Mサイズ(約42cm)1,890円
Sサイズ(25cm)1,150円

カープTシャツ

コツメカワウソが広島東洋カープとコラボしたTシャツ(2500円)もオススメです。カワウソが持っているのは、バットではなくタチウオ!広島土産にぴったりです。

友達へのお土産に最適!


宮島水族館オリジナル「カワウソのもぐもぐクッキー(540円)」は、14枚入りなので学校や会社へのお土産にぴったりです。カワウソの絵がプリントされた可愛いクッキーを食べるのをためらってしまうかも。

かわいさと癒しで満たされる水族館

いかがでしたか?スナメリをはじめ、トドやカワウソ、ペンギン、アシカなどカワイイ生き物を見たり、触れたり、身近に感じられる工夫が凝らされてますよね。開催されるイベントの内容が頻繁に変わるので、何度行っても楽しめそうです。
観光で宮島を訪れる方はもちろん、広島の方もぜひ瀬戸内の生き物たちに会いに行ってみてくださいね。

※掲載情報は取材時点(2019年3月)の情報です。

  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS