那須、四天王!子連れ家族におすすめは、りんどう湖?どうぶつ王国?ハイランド?サファリ?

あそびのジャンル
タグ

小旅行の目的地として不動の人気を誇る那須は、子供のいる家族が楽しめるレジャー施設が充実したエリアです。その中でも「那須のテーマパーク四天王」といわれている!?のが、「那須りんどう湖レイクビュー」、「那須どうぶつ王国」、「那須ハイランドパーク」、そして「那須サファリパーク」。今回は那須におでかけを考えているパパママのために、子供を「大きい」、「小さい」の2つに分けておすすめをまとめてみました。

 

全年代対応型の「那須りんどう湖レイクビュー」

ロイヤルリゾートらしく、ゆったり、優雅に。那須唯一の湖を眺めながら、のんびり過ごしましょう。
流行の「レインボーカラー」が、那須りんどう湖レイクビューにも。

 那須唯一の湖 「りんどう湖」を囲むテーマパーク「那須りんどう湖レイクビュー」は、牧場と体験施設と遊園地と広場がひとつになったような場所。

 かつては「りんどう湖ファミリー牧場」という名前で親しまれていましたが2014年に名称変更。2018年4月にはAirwheel(エアホイール)やVRなど新しいアトラクションが追加されるなど、今も進化を続けています。

 そんな「那須りんどう湖レイクビュー」は、「過ごす」という言葉がぴったりな雰囲気。アトラクションや乗り物で遊び尽くす!というよりは、家族との絆を深め、穏やかに過ごす時間を大切にしたくなる場所です

 

 

10歳以上の子におすすめ!「那須りんどう湖レイクビュー」のアトラクション

 のんびり過ごしたい那須りんどう湖レイクビューですが、せっかくだからやっておきたいアトラクションも。激しい系からほのぼの系まで幅広くそろっているので、どんな年代にも、どんな好みにも対応できるようになっています。

 

ジップライン-KAKKU-

湖上をワイヤーで滑空する「ジップライン~KAKKU~」。料金は1000円(とくとく乗り物券は利用可)。※体重25kg~90kgが対象

 片道220mもある、日本最長クラスのジップライン。湖上滑空は世界初で、ここだからこそのワクワクドキドキを体験できます。二人同時にスタートできるので、親子で一緒に滑空すればいい思い出になります。

 常に人気のアトラクションなので、連休や夏休みは長い行列ができるかも。入場したらしたらまっ先にココを目指しましょう。

 

VR Dream Match Baseball

ジップラインのそばにあるゲーム施設に加わった新しいアトラクションです。料金は1000円(とくとく乗り物券は利用不可)。

 日本球界最速165kmを体験してみませんか? 投げる人もすごければ、これを捕る人も、打つ人もすごい。まさにプロ野球選手のすごさを体感できるVRコンテンツです。

 ブースは2つあるので、親子で一緒にプレーすることも、別々に挑戦してお互いのプレーをチェックすることもできます。

 

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS