浅草 グルメ食べ歩き調査!グルメマップ付仲見世通りを1,500円で満喫

あそびのジャンル
タグ

江戸時代から続く浅草の仲見世通り。昔ながらの銘菓だけでなく、新しいお店のグルメも楽しめるスポットです。今回は予算1,500円で食べ歩き!編集部イチ押しの最新浅草グルメをご紹介します。

浅草 仲見世通りってどんなところ?

 

仲見世は、日本で最も古い商店街の一つです。徳川家康が江戸幕府を開いたことで増加した浅草寺の参拝客に向け、境内や参道上での出店営業が始まりました。お菓子やみやげもの、おもちゃを売る通りは多くの人であふれたそうです。大正12年の関東大震災や昭和20年の戦災など、数々の危機に瀕しながらも、仲見世の人たちの努力と人情によって今日の姿にいたっています。現在は東側に54店、西側に35店、計89店の店舗をかまえており、長さ約250mの参道は連日多くの人で賑わう一大観光地となりました。

食べ歩き禁止ってほんと?

現在、浅草の仲見世通りでは「食べながら歩く」行為を禁止しています。多くのお店でイートインコーナーなど指定の場所があるので、マナーを守って楽しみましょう。イートインコーナーがないお店の場合は、他のお客さんの通行に差し支えない場所で立ち止まって食べるか、近所の公園などで座ってゆっくりいただきましょう。

予算1,500円で食べ歩きスタート!

雷門をくぐって、食べ歩きスタート!

浅草きびだんごあづま

入り口をはいってすぐに、なにやら人だかりが…。「浅草きびだんごあづま」さんです。お客さんのお目当てはどうやら作りたてのきびだんごのよう。和服に身を包んだ可愛いスタッフさんが目の前でせっせと作ってくれます。

きびだんごは5本で330円。冷やし抹茶110円と一緒に、さっそくイートインスペースでいただきます。素朴なきなこ味と、もちもちの食感。安心感のある、古きよきお団子です。冷やし抹茶は変な甘さがなく飲みやすく、喉を潤してくれました。

 

しばらく仲見世通りを進み、西にのびる伝法院通りへ。話題のグルメが集まる通りですので必見ですよ。

カレーパン 豊福

ここのカレーパンをお目当てに浅草に来る人も多いはず!TVや雑誌など各種メディアで話題沸騰の黒毛和牛カレーパンです。

お店にはズラリとメディア掲載情報が並び、受け取り口の上にはビートたけしさんときゃりーぱみゅぱみゅさんからの開店祝いが飾られていました。

8時間以上煮込んで作るというルーはこっくり濃厚で、衣はサックサク。手のひらにゴロリとのる俵型です。ふっくら揚げているので高さがあるのも特徴のひとつです。

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS