物流博物館を見学しよう! 緻密なジオラマにワクワクすること間違いなし!

あそびのジャンル
タグ

 

物流に関するありとあらゆる資料が揃う博物館!

1998年に、日本通運株式会社の本社内に設置された「通運史料室」がリニューアルオープンされて生まれた「物流博物館」。所蔵資料は、主に日本通運株式会社が所有している資料。文書史料が約6,000点、美術工芸資料は約200点です。そのほか、実物資料が約1,000点、写真資料約10数万点、映像資料は約200点が収蔵されています。そんな物流博物館は、江戸時代から昭和までの物流の歴史が分かる博物館です。

物流ターミナルのジオラマは必見!

1/150で再現されたジオラマ。トラックターミナル、鉄道貨物ターミナル、港、空港を見渡すことができます。トラックターミナルは、日本通運の中井自動車営業所がモデルになっています。鉄道貨物ターミナルは、東京貨物ターミナル駅が題材になっています。また、港は東京港大井ふ頭、空港は成田空港の貨物地区がモデルになっています。物流の「鍵」になる各地のスポットが一つに収まっています。

体感型の展示も魅力!

天秤棒、米俵を担ぐ体験など、人気なコーナーが盛りだくさん。さらに、現在のシステム化された物流の仕組みを、ゲームやクイズで楽しく学べるのも魅力です。

また、トラックドライバーや貨物列車を操縦する機関士の制服着用体験もあります。ぜひ、お子様と一緒に足を運んでみてください。

割引情報もご紹介!入館料は?

通常料金

 

前の記事へ 次の記事へ