三重のグルメベスト10!「うまし国」三重で食べたいものを地元民が厳選!

あそびのジャンル
タグ

「松坂牛」に「伊勢えび」といった高級ブランド食材から、「四日市とんてき」、「津ぎょうざ」などのB級グルメまで、三重県には魅力溢れる美食が多数存在しています。なかでもハズせない鉄板グルメを、地元の方に教えていただきました。ぜひ訪れて味わいたい、おいしい情報満載です。

松阪牛

「日本三大和牛」のひとつにも数えられる「松坂牛」は、三重県松阪市とその近郊で肥育された黒毛和牛を指します。正式には「まつざかぎゅう」ではなく「まつさかうし」と呼ばれ、「肉の芸術品」とも称される霜降りの姿が特徴的です。

最高品質とされる丹波牛や、丹波系他地域産の黒毛和種子牛を買い入れて育てた、子どもを産んでいない雌牛が「松坂牛」とされ、ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉などで楽しまれているほか、最高級ギフトとしても喜ばれています。

明治初期に創業した老舗「和田金」と、並び称される「牛銀本店」、比較的リーズナブルに松坂牛を楽しめる「海津本店」や、「松坂 まるよし」など、松坂市内には松坂牛を味わえるグルメスポットが多数。ぜひ訪れてそのおいしさに舌鼓を打ってください。

■松阪牛が食べられるおすすめのお店
名称:和田金
住所:三重県松阪市中町1878
営業時間:11:30~20:00
定休日:第4火曜日 12月のみ第1火曜日(祭日に当たれば翌週) 1月1日 / 1月2日 / 8月16日
公式サイト: http://e-wadakin.co.jp/

名称:牛銀本店 
住所:三重県松阪市魚町1618
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日
公式サイト:http://www.gyugin-honten.co.jp/

名称:海津 本店
住所:三重県松阪市市場庄町1340
営業時間:11:30~22:00
定休日:水曜日

名称:松阪まるよし 鎌田店
住所:三重県松阪市鎌田町239-2
・営業時間:10:00~20:30
・定休日:水曜日
・公式サイトURL:http://www.matsusakaushi.co.jp/

伊賀牛

三重県で牛肉というと「松坂牛」がクローズアップされがちですが、伊賀地方のブランド牛肉「伊賀牛」も見逃せません。伊賀は年間平均気温が約14度と涼しく、盆地特有の寒暖差が大きい気候が牛の飼育に適しているとされ、肉質の良い牛肉が育つといわれています。

伊賀忍者の戦時食として、干し肉が用いられたとの記録も残る「伊賀牛」。古くは隠れ里の忍者たちの体力を培ってきた「伊賀牛」は、そのクオリティの高さで、全国の食通、肉通を唸らせています。

伊賀市で「伊賀牛」を味わうなら、網焼きステーキの「もりつぢ」、寿き焼きから馬刺しまで幅広く楽しめる「金谷 本店」、伊賀忍術の祖である百地三太夫の隠れ里の趣も楽しめる「炭火焼 三太夫」などがおすすめです。

■伊賀牛が食べられるおすすめのお店
名称:網焼きステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ もりつぢ
住所:三重県伊賀市上野車坂町821
営業時間:11:00~15:00(LO14:20)
17:00~21:30(LO21:00)
定休日:月曜日(祝日は営業)
公式サイト:http://www.iganiku-moritsuji.co.jp/original.html

名称:金谷 本店
住所:三重県伊賀市上野農人町434
営業時間: 11:00~21:00
定休日:月曜日(祝日は営業)
公式サイト:http://www.gansoiganiku-kanaya.co.jp/shop/honten.html

名称:炭火焼 三太夫
住所:三重県名張市安部田520
営業時間: 平日11:00 ~15:00(14:00L.O.)/17:00~ 21:00(20:30L.O.)
土日祝11:00〜21:00(20:30L.O.)
定休日:月曜日
公式サイト:http://moriwaki-net.co.jp/

伊勢えび

千葉県以南の太平洋岸を中心に広く生息する「伊勢えび」ですが、その本拠地はなんといっても三重県伊勢市の志摩半島です。漁獲量でも、売上高でも全国一位を誇る三重県の「伊勢えび」は、他県に比べても厳しい規制によって保たれた、高い品質で人気を集めています。

志摩半島の「伊勢えび」禁漁期にあたる6月第一土曜日には、例年「伊勢えび祭り」が行われ、「伊勢えび」をはじめとする海の幸への感謝と、豊漁への祈りが捧げられます。小えびが飛び跳ねる様子を表現した「じゃこっぺ踊り」のパレードやコンテストが開催されるほか、「海の長老」でもある「伊勢えび」でだしをとった味噌汁である「伊勢えび長寿汁」が振る舞われます。

伊勢で「伊勢えび」を味わうなら、「伊勢神宮」前の「おかげ横丁」にもほど近い伊勢志摩郷土料理の食事処「えびや」や、開きエビフライの定食やテイクアウトの開きエビフライドックが人気の「漣(さざなみ)」がおすすめです。

■伊勢えびを食べられるおすすめのお店
名称:えびや
住所:三重県伊勢市宇治今在家町13
営業時間:11:00~16:00
定休日:無休
公式サイト:http://www.ise-ebiya.com/access.html

名称:漣(さざなみ)伊勢店
住所:三重県伊勢市神久3-5-55 ホテルキャッスルイン伊勢1F
営業時間: 11:00〜18:00
定休日:無休
公式サイト:http://sazanami.com/

あわび

「あわび王国」とも呼ばれる伊勢志摩の岩礁は、あわびの餌となるコンブ科の海藻が豊富に育つ、国内有数の好漁場。三重県では2000年以上も前から海女漁が行われていたとされ、素潜りによりあわびなどの海産物を漁獲する「鳥羽・志摩の海女」は県の無形文化財としても指定されています。

古来から長寿をもたらす縁起物とされてきたあわび。のし紙のルーツとされる「熨斗鮑(のしあわび)」は、鳥羽市国崎町(くざきちょう)にて伝統的な製法で作られたものが、「伊勢神宮」にも奉納されています。

コリコリとした食感と溢れる旨みがたまらないあわびは、獲れたてを海女小屋でいただくのがまた格別。鳥羽駅から5分の有名店「海女小屋はまなみ」や、本物の海女さんに話を聞きながら海の幸をいただける「海女小屋体験施設 さとうみ庵」がおすすめです。

■あわびを食べられるおすすめのお店
名称:海女小屋はまなみ
住所:三重県鳥羽市鳥羽1丁目6-18
営業時間: 11:00〜20:00
定休日:無休
公式サイト:http://www.amafuku.com/menu01.html

名称:海女小屋体験施設 さとうみ庵
住所:三重県志摩市志摩町越賀2279
営業時間: 9:00〜17:00
定休日:完全予約制
公式サイト:http://satoumian.com/

てこね寿司

三重県の郷土料理「てこね寿司」は、農林水産省「農山漁村の郷土料理百選」にも選定されています。カツオやマグロなどの刺身をしょうゆなどのたれに漬け込み、酢飯にのせたうえに、しょうがや大葉、のりなどの薬味を効かせたものです。

漁で忙しい伊勢地方のカツオ漁師が、獲ったカツオをぶつ切りにして調味料とごはんに混ぜ合わせて食べた、まかない料理がその発祥とされる「てこね寿司」。女性も海女として忙しく働くことが多いこの地域で、簡単にできておいしい料理として定着しました。

「伊勢神宮 内宮」近くの「おかげ横丁」にある郷土料理店「すし久」や、もうひとつの伊勢名物「伊勢うどん」と「手こね寿司」のセット「名物合わせ」が人気の「手こね茶屋」などで味わえます。

■手こね寿司を食べられるおすすめのお店
名称:すし久
住所:三重県伊勢市宇治中之切町20 おかげ横丁内
営業時間: 10:00〜20:00
定休日:無休
公式サイト:http://www.ise-kanko.jp/base_data/base_data.php?info_cd=00250

名称:手こね茶屋 本店
住所:三重県伊勢市宇治浦田1-4-22
営業時間: 11:00〜20:00
定休日:無休
公式サイト:http://www.tekone.co.jp/

さんま寿司

さんまを使った押し寿司「さんま寿司」は、三重県志摩半島から和歌山県までの熊野灘沿岸一体の郷土料理。熊野灘で水揚げされた脂肪の落ちた秋冬さんまを開き、塩とゆずやダイダイ、みかんなどの柑橘酢でしめたものを、頭、尾をつけたまま酢飯にのせた押し寿司です。

腹開き、背開きの違いや酢の種類、味つけなど、地域によって少しずつ味わいが異なる「さんま寿司」ですが、その発祥は熊野の「産田神社」だといわれています。「産田神社」では、毎年1月10日の例祭を「さんま寿司の日」と定め、「さんま寿司保存会」が「さんま寿司」を奉納、振舞っています。

「さんま寿司」は熊野市の「やまか」や「磯甚総本店」などで購入することができます。味がなじむ製造翌日が食べごろとされるので、三重県訪問の際にはぜひ試してみてください。

■さんま寿司を食べられるおすすめのお店
名称:やまか本店
住所:三重県熊野市井戸町362-15
公式サイト:http://yamaka30.com/

名称:磯甚総本店
住所:三重県熊野市大泊町清滝前
営業時間: 11:00〜20:00
定休日:水曜日

めはり寿司

三重県と和歌山県にまたがる熊野地方や、奈良県吉野地方に広がる郷土料理が「めはり寿司」。高菜の漬物でごはんを包んだおにぎりで、農業、林業、漁業に従事する働く人たちの手軽な昼食として、古くから愛され続けてきました。

もとは大きな麦飯のおにぎりを高菜で包んだものでしたが、現在では白米が主流。酢飯を使う店もあるようです。口を大きく開けて、目を見張るようにしてかぶりついたことから「めはり寿司」の名がついたといわれます。他方で、目を見張るおいしさからという説や、ごはんを高菜で密閉(目張り)するように包むことからという説もあります。

熊野古道巡礼のお供に、観光散策のほっとひと息に欠かせない「めはり寿司」は、熊野市の「板前割烹やまぐち」などで楽しめます。

■めはり寿司を買うなら
名称:板前割烹やまぐち・花かんざし
住所:三重県熊野市井戸町436-60
営業時間: 11:30~13:00/17:00~21:00
定休日:不定休
公式サイト:http://www.kodoh.net/

四日市とんてき

三重県四日市市が誇るB級グルメ「四日市とんてき」は、その形状から「グローブ焼(グローブ)」とも呼ばれる豚肉のステーキです。「四日市とんてき協会」によるその定義は、「1.ソテーした厚切りの豚肉である」、「2. 黒っぽい色の味の濃いソースがからめられている」、「3. にんにくが添えられている」、「4. 千切りキャベツをメインとしたつけあわせが添えてある」という4つの条件を満たすもの。中華料理店やラーメン店、洋食店など、四日市市内とその周辺の多くの飲食店で提供されています。

基本的な条件さえ満たせば、その味つけや調理法は問われないため、各店から個性豊かな「四日市とんてき」が生み出されています。豚肉とにんにくで疲労回復、キャベツで老化防止の効果も期待できる「四日市とんてき」、各店の味を食べ比べてみるのも楽しそうです。

「四日市とんてき」を提供する店として人気なのは、超有名店の「まつもとの来来憲(來來憲)」や、古民家風の店内で上品なとんてきと圧巻のキャベツタワーを楽しめる「隆座(たかくら)」などのお店です。

■四日市とんてきの有名店
名称:まつもとの来来憲(來來憲)
住所:三重県四日市市松本2-7-24
営業時間:11:00~14:00(L.O.13:50)/17:00~20:00(L.O.19:50)
定休日:月曜、火曜(祝日は営業)
公式サイト:http://matumoto-rairaiken.com/

名称:隆座(たかくら)
住所:三重県四日市市赤堀2-6-8
営業時間: 11:30~13:30/17:30~21:00
定休日:木曜、第3水曜

津ぎょうざ

全国に数多あるご当地餃子のなかでも、小学校の給食をその発祥とする「津ぎょうざ」は個性的な存在の揚げ餃子。1985年頃に津市教育委員会の栄養士たちのアイディアで、子どもたちの栄養面、満足感を重視して生み出されました。初めて目にする人は誰もが驚くその大きさと、約6万人以上の津市民に愛されてきた親しみやすいおいしさで、ファンも急増しているB級グルメです。

「津ぎょうざ」を定義する条件は「1. 直径15センチの皮を使うこと」、「2. 油で揚げること」のたったふたつ。大きな皮で包むのは、給食調理員たちの手間を省くためだったといわれています。具や味つけには特別な規定がないため、各店が技を競っていますが、津市民には「給食の味が一番!」という人が多いとか。

「津ぎょうざ」だけでなく「チキンロール」など、津市でおなじみの学校給食メニューが楽しめる「自家製ラーメンいたろう」や、伝統のちゃんこ鍋が人気の「力士料理 金鍋」、県内に広く店舗を展開する居酒屋チェーン「こんな村」などで味わえます。

■津ぎょうざの有名店
名称:自家製ラーメンいたろう
住所:三重県津市丸之内4−20
営業時間: 11:30〜14:00/17:30〜21:00(売り切れ次第閉店あり)
定休日:日曜夜、月曜
公式サイト:http://itarou2.mie1.net/

名称:力士料理 金鍋 本店
住所:三重県津市南丸之内9-43
営業時間: 11:30~14:00(13:30L.O.)/17:00~22:00(21:30L.O.)
定休日:火曜(変更もあり)
公式サイト:http://www.ztv.ne.jp/maruchi/

名称:居酒屋 津こんな村
住所:津市神納町1-13
営業時間: 11:30~14:30(14:00L.O.)/17:00~24:00(23:30L.O.)
定休日:無休
公式サイト:http://www.konna.co.jp/index.html

伊勢うどん

三重県伊勢市を中心に食べられている「伊勢うどん(いせうどん)」は、柔らかくゆであげた極太麺に、たまり醤油にカツオ、いりこ、コンブなどのだしを加えた黒色のたれをからめて食べるうどんです。1時間弱もの長時間ゆでて徹底的にコシをなくした独特の食感は、一度食べると病みつきになるというファンも多くいます。

もとは江戸時代の農民が食べていた「たまりうどん」を改良したものとされ、浦田町橋本屋が「おかげ詣り」の参拝客向けに提供したのが「伊勢うどん」の始まりとされています。
「伊勢神宮 外宮」側の「伊勢うどん 中むら」や「内宮」の「おかげや」、芸能人にもファンの多い「ちとせ」、「まめや」などが有名です。

■伊勢うどんの有名店
名称:伊勢うどん 中むら
住所:三重県伊勢市本町12-14
営業時間:11:00~16:00
定休日:水曜日
公式サイト:http://iseudon-nakamura.jp/

名称:おかげや
住所:伊勢市宇治今在家町129

名称:ちとせ
住所:伊勢市岩渕1丁目15-11
営業時間:10:00~14:00/16:00~18:00
定休日:水曜

名称:まめや
住所:伊勢市宮後2丁目19-11
営業時間: 10:00〜19:30
定休日:火曜
公式サイト:http://www.mameya.info/

提供:三重県
画像提供:三重県観光連盟(https://www.kankomie.or.jp/

前の記事へ 次の記事へ